« ゴールデンウィーク後半 | トップページ | 子どものこと、関心ないんでしょうか? »

2007年5月 9日 (水)

バラの季節になりました。

Photo_106 何だか、「ガーデニング」などというカテゴリーを設けて、「バラが咲き始めました」なんてタイトルつけるのもおこがましいくらい、庭仕事に関してはほとんど手入れをしてない私です。

土用の期間ほったらかしにしていた庭は、見事に草ぼうぼうです。昨日、今日と空いた時間に草取りをしました。

写真はアンジェラです。いつもは早咲きのスパニッシュビューティーなどが連休ごろに咲きはじめ、ほかは母の日を過ぎた頃だったような気がしますが、今年は4月末からぽつぽつと咲いて、連休明けからいっせいに咲き始めました。Photo_107

グラハム・トーマス。とてもよく伸びるので、せっせと切っていたのですが、今年はついサボってそのままにしていたら、我が家で一番大きな木になってしまいました。とても病気に強い品種です。

うちは面倒なのと、やってくるいろいろな鳥や昆虫と共生したいので、(よその猫も)ここ3年ほどはほとんど薬剤を散布していません。花が終わって夏になると、ほかの品種は黒点病やチュウレンジバチの幼虫などで、ほとんど葉っぱがなくなっちゃったりするのですが、これだけは全然大丈夫。そのせいか、どんどん切らないと巨大化するばかり。Photo_108

コレッタ。こちらは反対に虫が付く!縦に伸びずに横にばかり広がる!なので、気が付いたら切っている(邪魔になるから)品種。ごらんのように花は小さめだけど豪華で、色もいいのだけれど、残念ながら香りがない!毎年いっそ引っこ抜こうかなんて思われている、かわいそうな木です。こんなにきれいなのだけれど、結構散るのが早い。虫がたくさん集まるし、とげだらけ。品種によって性質がこんなに違うんです。Photo_109

こちらはスヴニール・ド・ラ・マルメゾン。ずっと鉢植えだったのですが、ぱっとしないので、去年地植えにしたものです。そうしたら、今年はとても早くからたくさんつぼみをつけたので楽しみにしていたのです。ところが、雨にぬれるとまるでちり紙の花(?)がぐちゃぐちゃになっちゃう感じで、つぼみのまま開かないでだめになってしまいました。残念!花びらがティッシュのようにとても薄く、デリケートなのです。それでも引っこ抜こうなんて絶対思わないのは、何と言っても香りがすばらしいから。やっぱりバラは香りがあるのが一番好きです。Photo_110

ルドゥーテ、ルデューテ?どっちでしょうか。イングリッシュローズの名前の日本語読みは、取扱業者によって違っていて、統一されていません。フランスの画家の名前ならル・ドゥーテか?ほかにもパーディタ、ペルディータ?(Perditaだからどっちでも読めるけど)そんな名前のもあります。101匹わんちゃんのお母さんの名前がたしかパーディタだったような?関係ないけど。

このRedouteも、とても香りがすてきです。この季節は朝、外に出ると、ふわっと風が香るのです。まだ、次々咲くので、これからしばらく楽しみです。

バラって、手入れがとても難しいといわれていて、確かにそうだけど、でも逆に何も手入れをしなくて、夏には虫に食われたり、黒点病になったりして(残っているのは棒だけとか)悲惨な状態になったとしても、次の年の春には元気に新芽を延ばし、ちゃんとこの季節にはきれいな花を見せてくれます。植えておきさえすれば、少なくともこの季節だけはちゃんと楽しませてくれる、すばらしい植物だと思うのですが。

ただ、きちんと手入れをしないと気がすまない人は、うちの庭を見るとむかむかするんでしょうね。前に、たまたまうちに来た宅配便のおじさんとの会話。
「これね、いいかげん剪定してやらないとかわいそうだよ」
「そうですか~」
「ここをね、切るの。あと、根が詰まってるから、冬には植え替えて、それから肥料も。」
「はいはい」
「やりかた、わかってる?」
「あ、まあ」
言いたいことは山ほどあったんでしょうが。なにしろずぼらな私が相手ですから。そう、かわいがってやればやるほど美しい花を咲かせて応えてくれる。でも、それなりでもちゃんとお約束だったように花が咲いて、とってもけなげ。バラ万歳、です。

| |

« ゴールデンウィーク後半 | トップページ | 子どものこと、関心ないんでしょうか? »

コメント

庭にバラの花が沢山あると香りが良いでしょう。
手入れが大変だろうな〜と感心しています。
(謙遜されていますが、バラだけでなく沢山の花があるのだから)
昨日鎌倉の文学館へ行ってきました。
写真アップはまだまだ先の予定ですが・・・。
この文学館のバラは狭い場所に沢山の種類のバラがあって
イマイチという印象を持ちました。
気になったのは花が汚いこと。
比較的綺麗なバラを撮ってきたのですが、
それでも完全に綺麗なバラを捜す方が大変。
これって病気なのでしょうかね?
それとも雨が少ないとか影響しているとか?

私が行った事のあるバラ園は、旧古河庭園、横浜港の見える丘公園、
大船フラワーセンター、生田緑地バラ苑、鎌倉文学館くらいですかね。
その中で規模は生田、花の質の高さでは大船かな。
行く時期にもよるでしょうけれど、バラでお薦めの場所とかありますか?

投稿: exif | 2007年5月14日 (月) 07時01分

exifさん
鎌倉文学館、私も気になっている場所ですが、イマイチですか?
旧古河庭園同様、バラと洋館の組み合わせが素敵かも?と思っていました。
今年は気候が不順だったので、つぼみのうちに虫に食べられているのが多かったり、早くから黒点病が出たりしています。
でも、こういうところでは薬をまいているのでしょうから‥‥‥。
写真、楽しみにしていますね!

ちょっと遠いけど、千葉県の谷津バラ園と京成バラ園がお勧めです。それから、同じ千葉県内に「ローズガーデンアルバ」というのがあったのですが、去年移転したらしく、来週ぐらいに時間があったら調べて行ってこようと思っているところです。
オールドローズ、イングリッシュローズに関しては、千葉県と岐阜県がバラ先進国?ですよ。

投稿: 友香梨 | 2007年5月14日 (月) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラの季節になりました。:

« ゴールデンウィーク後半 | トップページ | 子どものこと、関心ないんでしょうか? »