« チケットきた! | トップページ | 3度目!スーパー歌舞伎 »

2008年3月21日 (金)

2度目!スーパー歌舞伎

何だかすっかりはまってしまったみたいです  また新橋演舞場に行ってしまいました~。しかもまた段治郎がヤマトタケルのほうです。もうホント、意外なカッコよさだったので!仕事が忙しいから、といって見たいと思っていたバレエを見逃したのに、スーパー歌舞伎は見たなんて。。。どう言ったらいいんでしょうね~。20083_021

2階ロビーで舞台写真を売っていました。思わず、ラストシーンの天女様のように美しい笑也さんと、火の中の戦いシーンの超・凛々しい段治郎さんの写真を買ってしまいました

「ヤマトタケル」やっぱり面白いです。2度目に見てもそう思いました。そして笑也さんもやっぱりとてもきれいでした。前回書いた兄橘がヤマトタケルを仇として追っていくシーン、やっぱりあそこが好き。殺せずに、反対にどんどん惹かれていってしまうところにもう胸キュンです内面からの艶やかさ、気品、気丈さ、素敵だよね~。一方みやず姫のほうではただ、かわいい~!

2回目だと、前回見落としたことを幾つも発見しました。その中の最大のポカ。1幕の最初の見せ場であるはずの、双子の兄弟、大碓命と小碓命の格闘シーン。ここが何と一人で早替わりを演じていたんですね!こんな見せ場に気がつかなかった私って本当にアホ!いや、あそこのシーン、後ろの御簾から出たり入ったり、柱の周りを回りながらの格闘なんて、変だなと思っていたのですが、そういえば猿之助さんも蚊帳に出たり入ったりして早替わりをしてたっけと、気がついたのは家に帰ってからでした。鈍すぎ~。

それで、今回はじっくり見ました。まず大碓命が弟橘姫に迫っていて、そこが何ともワルカッコいいの。色悪っぽくてそれが御簾に引っ込んだら、すぐに小碓命となって登場する。ワルカッコいい兄と、心優しく純な弟。衣装だけじゃなくて演技も、声も、それが瞬時に入れ替わるのが見事!御簾のうちからの影台詞は録音ですね。弟が引っ込むと今度は兄が出てくる。すごい、どうなってるの!?そして格闘シーンはもう一人、背格好が非常によく似た人を使っています。それが交互に出てくるし、両方とも顔を見せないで戦っている場面もあったから、多分同じ身長の人を二人使っていることになるんですよね。前回も書いたけど、段治郎さんは際立った長身なんですよ。その長身の人を二人もそろえるのは大変でしょうね。それにしても瞬時に入れ替わるのはすごかったです。

これが猿之助さんや右近さんだったらすぐにわかったと思うのですが、気がつかなかったのはそれだけ段治郎さんの認識度が低かったんだと‥‥‥。多分、今まで何回か見ているはずなのですが、千本桜の義経役ぐらいしか思い出せない当世流小栗判官とか、南総里見八犬伝とか、少ないけど、私の見た演目にも絶対出ていたと思うのに、全然眼中にありませんでした。ゴメン!

段治郎さんのオフィシャルHPを見つけたのですが、そこに出ているレパートリー写真は、ほとんど白塗りの役。隈取描く役は一つだけしかありませんでした。バレエで言えば王子様タイプの人なんでしょうね。完璧なダンスール・ノーブルといったところだったかもしれませんが、歌舞伎ではこういう役ばっかりだと印象薄という感じかな~。でも、このヤマトタケルという役はとても合っていますね。本当にカッコいいんですよ~。

前回いい加減なことを書いちゃったかもしれませんが、ハーレムパンツみたいな衣装って、あれは膝から下を絞った袴でしたね。それにプリーツスカート?みたいなのを重ねていたりとか、昔のタケノコ族みたいな長いガウンを着てたりとか、そんな凝った奇抜な衣装が長身の段治郎さんにすごく映えるのです。衣装は毛利臣男さんのデザイン‥あのパリ・オペラ座のブルメイステル版「白鳥の湖」の衣装を担当した人ですよね。(あの悪名高き?キンキラ衣装‥‥!)

衣装といえばものすごいお召し替えの回数!裏方は本当に大変なことになっているでしょうね。それが、ヤマトタケルでいえば、あとになるほどどんどん衣装が豪華に、きらびやかになっていくのです。ちょうど主人公の心持ちが、謙虚さから自信、自信から慢心へと移り変わっていくように。それがまたどうしようもない人間の性(さが)を感じさせ、何ともいえず哀しく美しい。

そう、単なる勧善懲悪の話ではないのです。主人公が征伐をした熊襲も蝦夷も、それぞれの地を誇りを持って治め、大地を駆け巡り、幸せに暮らし、栄えていた。そこへ大和政権拡大のために?父帝に追われるようにして遠征していく主人公。圧倒的な武勇と知恵で戦いに勝っていくのだけれど、それが何ともつらい勝利のように思えるのです。熊襲や蝦夷の兄弟たちは、みな争わずに調和と共に暮らしていたのに。一方それを討ったヒーローは兄を殺し、父帝にも疎まれ、流浪する身。弟橘姫の入水のあと、「私は何のために戦っているのだろう。一番大切なものを失ってまで」というような台詞があるのですが、そんなせつなさ、やるせなさがこの物語の根底にひとつ、流れていると思うのです。

英雄であるが故の孤独。そして届かぬ父帝への思慕。それをいつも背負っている心弱さ。それから、名声を得たあとの慢心などの人間臭いところ。完璧なヒーローとはちょっと違うのですよ。弟橘を失ったばかりなのに、都に兄橘という后もいるのに、あっさりとみやず姫を后にしてしまうところなんか、ちょっと女性の視点からは眉をひそめちゃうところもあるんだけど、美しいものは美しいと言い、いとしいものはいとしいと言う。それは何だか忘れていた古代人の精神のような気もするし、そんなおおらかなところも、聖人君子でない素直な一人の人間としての、魅力的な主人公像になっているのだと思います。そしてそれを違和感なく爽やかに演じる段治郎さんがやっぱり素敵!

すごい場面というと、1幕の熊襲の館は圧巻でした!もう、舞台上に一体何人の人がいるのでしょう?豪勢な饗宴シーンにたった一人で女装して踊り女として乗り込む主人公。この踊りのシーンがまるでアメノウズメのストリップショーみたいに、次々と衣を脱いでいくのですが、一体何枚着ているの?盛り上がった頃にいきなり明かりが消えて「だんまり」の格闘シーンになり、それがやがて京劇隊のアクロバットを交えたすごい戦闘シーンに発展するのです。そして豪快な屋台崩し。でも、たった一人で乗り込んで行って首領を暗殺したからって、「勝った、私は勝ったのだ~!」なんて言うのはおいおい、って、ちょっと突っ込みたくなりましたね

2幕での圧巻はやっぱり火の海のところでしょうね。敵の火と味方の火が戦う珍しい?戦いシーン。ホント、ここでもアクロバット隊の活躍がすごかったです。一方、海が荒れて、海の神を沈めるために弟橘姫が入水するところはちょっと長くて、たぶん泣かせどころなのかもしれませんが、私は唯一、眠りかけてしまったところです。ここの弟橘の気丈に見せかけた哀しい長台詞はやっぱりくどい気がします。ストレートに、あなたのために飛び込みます、で十分なのに。自分はこのままおそばにいても大后にはなれないから、海の神の大后になるんだなんて、そんな強がり言わなくってもいいのにさぁ‥‥。それまでの展開が息をもつかせぬものだっただけに、ここで観客は(私だけ?)一休みしてしまったようでした。

でも、次から次へと、大掛かりな舞台装置を駆使しての物語の展開はスピーディーで、まさに「スーパー」ですね。それに現代語の台詞も、最初は違和感がありましたが(だって~白塗りの人たちがいきなり宝塚調でしゃべりだすんですよ~)慣れるとわかりやすくてなかなかいいものです。予備知識もなく、いきなり見に行っても、プログラムの解説を読まなくても、全部せりふの中で説明してくれるので、すごく楽チン。え?何で?っていうことも、現代語台詞が丁寧に理由を教えてくれますから。すぐにあ~そうかと納得できます。

バレエだったら、ある程度解説とかを読んでいないと、初めて見る演目はわけがわからないことがあります。言葉の説明はないから、それこそ見る人によって受け取り方も違うし、見るほうも何かを感じ取ろうと、けっこうな集中力をもってダンサーの指先、つま先まで注視していたりします。だけどここまで親切に解説してくれちゃうと、ほんとに映画でも見るように、ポカーンと口をあけていたって楽しめる。でも、大半の人はポカーンとはしていませんよ。けっこう息を詰めて、手に汗握って見入っちゃっていますから。ホント、猿之助さんは面白いものをつくってくれましたよね。

あと、楽しいのは、声をかけるのが「○○屋!」じゃなくて、ここでは「右近!」とか「段治郎!」なの。だって、みんな澤瀉屋(おもだかや・漢字変換できなくて、手書き入力しちゃった!)だものね~。ここに出ている人たちはほとんど、歌舞伎の家柄の人ではありません。国立劇場の養成コース出身だったり、直接弟子に入ったりしている人たちなのです。こういう逸材を猿之助さんが見出して、時間をかけて育てていったことは本当にすごいことだと思います。

ラストの宙乗りもブラボー!そして、またフィナーレで泣けましたよ。ほんとにこの甘美で哀切で、豪華絢爛な世界にすっかりはまってしまいました。今度は右近さんのヤマトタケルで、最後にもう一度見るつもりです。

| |

« チケットきた! | トップページ | 3度目!スーパー歌舞伎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チケットきた! | トップページ | 3度目!スーパー歌舞伎 »