« 「ルジすべ」もうすぐ!~発表会 | トップページ | ラベンダーの季節 »

2008年6月23日 (月)

余計なバレエ話~続き。

最近、あまりネット上の徘徊はしていないので、昨日の記事のあとにいろいろ回ってみたら、何とNBSのページに、「急告:英国ロイヤル・バレエ団、コジョカル、マックレー、怪我のため来日公演不参加」とあるではないですか!きゃ~、ショック!(20日付けで発表されていたのを今さら知った‥)

アリーナ・コジョカルも、スティーヴン・マックレーも、昨年の東京バレエ団の「真夏の夜の夢」で見て、ビジュアル的にとてもよかったので、どうせならとその二人が出る日を選んだのですが‥‥まだかわりに誰が踊るかは決まっていないようです。残念だけど、ロイヤルの「眠り」を見るのは初めてだし、豪華な衣装や舞台装置に興味があったので、まあいいかな~。

それから光藍社のサイトに、レニングラード国立バレエの2009年の冬ツアーの詳細が発表されていました。また来年も来てくれるのね。それだけでまずは一安心。だけど、何で「ルジすべ」の出演者のことがレニ国のHPに載っていて、レニ国の予定がレニ国のHPではなく、光藍社のほうに掲載されるのかな~。この二つのHPは一心同体みたいなものでしょうけどね。

それによると毎年暮れにやっていた「くるみ割り人形」がなくなって、年が明けてからすぐに「新春特別バレエ」からスタートするようですね。そしてびっくりしたのはもうキャストが発表されていること!それによると、まあわかってはいたけれど、ルジ様が踊らないというのが私には一番淋しいところです。せめて未発表の「ミハイロフスキー劇場ガラ」というのに1曲でいいから出てほしい‥‥というのが切なる願い

予想していたとおり、と言っては何ですが、やっぱりポスト・ルジマトフはコールプさんになったんですね。うれしい(?)というか、何というか‥‥‥。コールプはすばらしいダンサーだし、好きですよ。でも~ファンの中ではルジ様のかわりになる人は絶対いないだろうなぁ。コールプは何と夏の「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト」公演にも、草刈民代さんのパートナーとして御出演だそうです。これからいろいろとこき使われる?のかな?ごくろうさまです。見る機会がふえるのはもちろん大歓迎ですけどね。

この中で絶対見たいのはシェスタコワ&コールプの「ジゼル」です。今年の冬シーズンに、シェスタコワとコールプの二人が、「バヤデルカ」と「白鳥の湖」ですばらしい世界をつくりだしていたことを、いろんな人に伺っていました。私はというと、それをことごとく外してたのです。だから絶対見てみたい。そして「新演出」というところもルジ芸監の腕の見せどころかもしれませんし。それから新入団のボルチェンコ兄妹の「白鳥の湖」。あのカーチャが踊るのを早く見たい!

兄妹で恋人同士を演じるというか、騙す騙されるもそうだけど、一緒に踊ること自体え~っ?と思う人もいるかもしれませんが、私はけっこう地元で吉本兄妹(シャンブル・ウエスト)とかのペアを見ていたので、別に違和感はないです。うちの長男も、小学生までバレエをやっていて、発表会ではほとんど妹と踊らされていました。こんな仲の悪いきょうだいを一緒に躍らせるなんて、先生もひどいな~と思ってましたけどね。

あ、脱線ついでに、吉本真由美さんは先週の土曜日のゆうぽうとの「白鳥の湖」が最後のオデット&オディールだったそうです。彼女のクラスに通っている友人に、そういうことだから見に行かない?と誘われたのですが、もう先にmakoさんの発表会に行く予定が入っていたので、残念ですが行けませんでした。その友人の情報では、清里フィールドバレエにはまだ出るけれど、ホールでの公演は実質引退ということでした。まだ30代前半なのに残念ですが、今までも怪我とかがけっこう多かったらしいです。バレリーナの世界は怪我をしている暇もないほど厳しいものということですね。キラキラした金平糖の精や、かわいらしいスワニルダが印象的でした。キトリも見たし、多分シンデレラも見ていると思う。(昔だから記憶が‥)今はスタジオを開いているので、後進の育成に力を注がれるのでしょうか。(あそこの大人クラスは、私はもうハードでだめです‥!)

またさらに脱線!3月に「カルメン」を見たとき、新国立劇場のダンサーは誰も知らないなんて書いちゃったけれど、あとで見たら吉本泰久さんや遠藤睦子さんも出演していたのですね。前もって意識してないから全然わからなかった。お二方とも多摩地域出身のダンサーさんです。(なんて、そんなローカルなくくりはないか)遠藤さんは娘の先生と同じスタジオ出身だし、そこの発表会のゲストとして主役を踊るのを何回か見ていました。

話はレニ国に戻って、来日メンバーに元気娘エフセーエワの名前がないのがやっぱり淋しいです。それとあれっと思ったのが、ルダチェンコの名前がないんですよ。団員紹介のページからも姿を消している!!え~!?昨年夏に羽村で出待ちをして、すごくフレンドリーに写真を撮ったりサインをしてくれたルダちゃん。娘に言うと「ああ、あのよれよれの海賊踊った人でしょ」と‥‥中学生にそんなふうに言われるなんてお気の毒だけれど、そのあと見た「眠り」の王子はなかなか見栄えがよかった(微妙‥)のですが。たぶんああいうゆる~い感じの方は、芸監さんの好むところではないと思うので、もしかしたら‥ 私はほっこり癒し系で、いいキャラだと思ったのですけどね。

いっぱいくだらないことを書いてしまったけれど、来年のレニ国の冬ツアー、ほかにはコールプの「海賊」(首領のコンラッドより大きな顔をした、大悪人のようなアリ?それとも、まずないだろうけど地で行ける怖いランケデム?)もあるし「ライモンダ」も初めてなので見てみたい(ルジ様のアブデラフマンはないだろうな~)‥‥とにかく、ルジマトフは出演しなくなったけれど、結局これからもずーっとチケット貧乏は続くのか~という感じです。

| |

« 「ルジすべ」もうすぐ!~発表会 | トップページ | ラベンダーの季節 »

コメント

こんにちは。
話題にしていただき、こそばゆい感じです。

吉本真由美さん。そうだったのですね。すみません。私なぞの発表会に来て頂いて・・・。私もみたかったな~。

吉本泰久さんは、カルメンで、最後無音で踊っていらっしゃいました。あれって、子供が闘牛士に憧れて真似するシーンだったらしいのですが、子供にはちょっと見えず、結構意味がわからなかったという声がありました。でも、吉本さんの踊り自体は、私的には好きだったのですが・・・

コジョカルまた怪我なのですね~。友達が直前まで安心できないと言っていたのですが・・・

心おきなく、しばらくバレエ鑑賞します~!お財布と相談ですけど。

投稿: MAKO | 2008年6月23日 (月) 21時23分

makoさん、この間はお疲れさまでした。
本当に楽しかったですよ!
どうもありがとうございました。

真由美さんの「白鳥」ですが、私の友達が誘ってきたのが2週間前だったんですよ。
清里の御案内が来ていて、それには名前が載っているので、うそでしょ、と言ったらそういうことでした。
川口先生はまだ踊ってらっしゃるのにねぇ。

やっちゃん先生(というそうです)は、白い衣装で、無音で、イスに座ったところから始まるソロですよね?
あとで、ああ、あれだった!と思ったけど遅かった!
どっちにしても子どもには見えませんでしたね

コジョカルは残念ですけど、よく考えたらほかにロイヤルの人をよく知らないので、見るいいチャンスかもしれません。
もうすぐはなさんの「白鳥」ですね!
私は「ルジすべ」です。
楽しみましょうね。

投稿: 友香梨 | 2008年6月24日 (火) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ルジすべ」もうすぐ!~発表会 | トップページ | ラベンダーの季節 »