« 「薬師寺展」すべりこみセーフ! | トップページ | ルドゥーテの薔薇 »

2008年6月12日 (木)

もうすぐシーズン‥‥‥。

舞台を見ていないので、バレエの話題も特にないのですが、いよいよあと3週間で「ルジマトフのすべて2008」です~相変わらず何も情報がないのだけれど、そんなことはもういいや。(絶対やってくれるよね~?)それからはいよいよバレエの公演ラッシュになります。

ことしは娘が発表会に出るので、前もって予定がわからず、チケットを買っていませんでした。それでもどうしても見たいアメリカン・バレエ・シアターの「海賊」、ニーナ・アナニアシヴィリの日だけは何があっても行こうとあとから入手。その後発表会のリハーサルの予定が出ると、忙しいのはわかっていてまたABTの「白鳥の湖」を買ってしまい‥。(だって生協で安くなっていたんだもの・・)それから、ロイヤル・バレエの「眠れる森の美女」もつい。ああ、しまった!と思ったけど。。7月になると急に、発表会と公演で忙しくなりそうです。

去年もそうでしたが、どうしてこんなに同じ時期に来日公演が集中してしまうのでしょうね。先週あたりからABTもロイヤルも、割引や特典(DVD)つきのチケットが売り出され、あれ?もしかしてチケット売れてない?のでしょうか?それにしてもロイヤル・バレエのS席22,000円は高いよね~!「眠れる森の美女」はまだしも、「シルヴィア」なんてマイナーな演目を5回もやるのに22,000円はちょっとだよね~。数が少ない安い席から完売になっているそうですが、安い席で遠くから見るなら、ダーシー・バッセル主演のDVD(相手はボッレ様ですし)を見たほうがいいかも?と思ってしまいます。(実は買ったきりまだ見ていなかった)それでも、この時期でなければ珍しいので見てみたかったです。

楽しみですが、やっぱりキャストで選んでいるので、このとおりやってくれるかな~、という心配はあります。外国ではコロコロ変わったり、玉突きだったりすることがあるようですが、日本では、今まで私が見た中では、急な怪我でもない限り予定通りでした。ダンサーの方は1年以上先までどこで何を踊るというのが決まっていて本当に大変ですね。私の行く日、「眠り」はやっぱりコジョカルです。まあミーハーですから。あとABTの「白鳥」はベロセルコフスキー王子が見た~いと思っていたのだけれど、なぜかジュリー・ケントの日にしてしまいました。彼女も今見ておかないとという気がして‥‥。

それと「親子バレエまつり」のチケットも買っていたのでした。これは「親子」で。だけどこの日やっぱり発表会のリハーサルになってしまったので、娘ではなく、誰かほかの人と行くことになるかもしれません。それより、何と同じ時期にミハイロフスキーのロンドン公演が入っていて、それにペレンとシェミウノフがキャスティングされているではありませんか。ほんとにペレン「バレエまつり」に出るの?看板プリマがいなくても、親子向けのバレエの紹介公演だからいいかもしれない?けど、そんなことってあるかしら?

それから、まだ先ですが12月のボリショイ公演。セルゲイ・フィーリンはすでに退団して、本人も踊らないと言っていると思うのに、いまだに3演目に出演予定のままです。早くからキャストが発表されるのはいいけど、変更もその都度やってほしいと思います。

一方、(ここから急にかわります。すみません)娘の出る発表会のほうは先月末、ゲストの方が全部そろった最初のリハーサルがありました。李波さんも、酒井はなさんもいらっしゃいましたよはなさんは舞台での押しの強いイメージと違い、意外に小柄で華奢なのに驚きました。顔小さ~い!そして雰囲気はほわ~っとしていて(柔らかくて)すごくチャーミングな方でした。新国で10年プリマをやっているような人なのにえらぶったところなど全然なく、こんな未熟な生徒たちの中で踊るのにも、きちんと要求に応えようという姿勢が見えて、ああ、プロってこういうことなんだな~と感じ入りました。

何でも6月と7月は、はなさんが忙しくて直前までリハーサルに来れないので、とにかくこの日に全部一通り通せるようにとコールドその他、今までかなり早い時期から練習をしてきたのです。ところがミルタ役の、いつも発表会で主役を踊っていたお姉さんが、オーディションか何かに通ったのか?急に海外へ行くことになり、ミルタ役はすぐには見つからないので、東京シティバレエ団の方がゲストで来られることになりました。それからぺザントはNBAバレエ団のサボチェンコさんと、何だかすごいことになり、ミーハーな母としてはとても喜んでいます。

教室によっては、出演者以外立ち入り禁止のところもあるそうですが、そこはうれしいことに保護者のリハーサル見学OKなのです。6月末からは毎週のようにリハーサルがあり、いろいろ親も巻き込まれて大変ですが、その分しっかり楽しもうと思っています。舞台がつくられていく過程の一部始終を見るって、けっこう楽しいものですよ。

そういえば、昨年あった相模湖の野外フェスティバルですが、最近またぽつぽつ検索で私のところへ来ていただいているようなので、わかる範囲でお知らせしておきます。フェスティバルそのものは(昼間のライブとか)不明ですが、相模湖の野外バレエは今年はやらないそうです。来年は、演目はまだわかりませんが(白鳥?)また同じ夜の湖畔で公演をするということでした。去年は白鳥のボートも浮かんでいる?の湖のほとりで、雰囲気たっぷりの素敵な公演でした。残念ながら雨で途中までしかできなかったけれど、またぜひ見たいと思っていました。うちの娘は来年高校生になるので、それまでバレエ続けていればオーディション?で、もしかしたらコールド出演できるかも~。という話もありますが、来年の話をすると鬼が笑いますよね。その前に受験をしなくてはいけません!そう考えても、1年以上先の演目やキャスティングが決まっていたりするプロのダンサーはすごい!ってことでしょうか。

あと3週間で、ことし飾っているダンスマガジンのカレンダーも、「ルジ様」になるし、忙しいけどとても楽しみです。

| |

« 「薬師寺展」すべりこみセーフ! | トップページ | ルドゥーテの薔薇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「薬師寺展」すべりこみセーフ! | トップページ | ルドゥーテの薔薇 »