« 世界一ゴージャスな‥‥「海賊」 | トップページ | 「バレエまつり」in立川~続き »

2008年7月22日 (火)

「親子で楽しむ夏休みバレエまつり」in立川

解説のおねえさんが「皆さんこんにちは~!」というと、元気に「こんにちは~!」って、何それ?「おかあさんといっしょ」ですか~?いえ、「夏休みバレエまつり」という公演のことです。Img

私は去年この公演に一人で行きました。会場は幼稚園児~小学校低学年の子供連れでいっぱい。大人一人では気恥ずかしいような雰囲気でしたそれでことしは娘を連れて行ったのですが、中学生の子では同じようなものでしたね。

去年まではレニングラード国立バレエが、「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト」というのと、この「バレエまつり」と二手に分かれて公演をしていました。ところが、今年から方針が変わったのか、今年はサンクトペテルブルク・アカデミー・バレエというバレエ団?の人たちが中心となっています。何だか聞いたことがないので、ちょっと不安(不満)でしたが、ペレンちゃんが見られるし、立川に来るし、チケットも安いので行くことにしたのです。

ところが、ペレン&シェミウノフはロンドン公演中で出演できず、かわりにステパノワ&プハチョフになりました。私は実はステパノワ、好きなんです。ダイナミックな踊り、姉御肌の雰囲気。レニ国にはほかにいないタイプですよね。ペレンちゃんと違ってお子様受けするだろうか?という不安はありましたが、そんなことは全然心配無用でした。

最初に私のドジ話。解説のお姉さんが「アルチョム・プハチョフさんです」と紹介するのに、言いにくそうにしていたので、何あれ~?と笑っていたのですが、あとで娘がプログラムを見て重大発見!私は今まで娘にプパちゃん、プパちゃんと言っていたけれど、「な~んだ、プパチョフじゃなくてプハチョフじゃない!スペルだってPykhachovだもの。」と言われてしまった。スペルを持ち出すなんて、何て冷静な娘!う~、ずっとプパチョフだと思っていました(私にとってはどうでもいいことだったのかもしれませんが‥‥)プハちゃん、ごめんなさい!ほんとにいい加減な母です‥‥以前の記事にもずっと「プパチョフ」と書いていました本当に昨日初めて知ったのでお許しを!

それともう一つ新しい発見。何とルダちゃん(こっちは合っていますよね)がひょっこりと出演していたのです。ルダちゃんとはドミトリー・ルダチェンコ。今年の冬、レニ国の「白鳥」のパ・ド・トロワや「眠り」の王子などで見ていましたが、その後公式HPの写真が消えているので、どうしちゃったの?と思っていました。プログラムによると今年、タッチキン・バレエに移籍したとのことです。(やっぱりリストラされちゃった?のね‥)

タッチキン・バレエというのは全然知りませんが、来日公演が決まっていたのに、看板プリマの妊娠で公演自体がキャンセルになったところですよね?一人しかプリマがいないの?と思ったけれど、民間のバレエ団では仕方がないのかもしれません。タッチキンからレニ国に来た人もいるし、反対にタッチキンに行った人もいたのですね。ルダちゃんもこれからは頻繁に見られなくなると思うけど、新天地でぜひ頑張ってほしいです。

一旦終わりにして、詳細はまた明日。

| |

« 世界一ゴージャスな‥‥「海賊」 | トップページ | 「バレエまつり」in立川~続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界一ゴージャスな‥‥「海賊」 | トップページ | 「バレエまつり」in立川~続き »