« ラベンダーの季節 | トップページ | 「ルジすべ」2日目~「カルメン」 »

2008年7月 3日 (木)

「ルジすべ」1日目

Img_0001 我ながら何という題名だ‥‥‥
とてもとても楽しみにしていた「ルジマトフのすべて2008」の初日を見てきました。あ~1年ぶりに舞台に立ったルジマトフ。やっぱりよいわ~

今回は事前に何も聞こえてこなかったし、芸監業もお忙しそうで、自分のレッスンはできているのか、手術をしたという膝の具合はどうなのか、少々心配な面もありました。でも、昨日見た限りではそんな心配は全然いりませんでした。調子よさそうでまずは一安心です。

昨年初演の「阿修羅」はますます研ぎ澄まされ、フラメンコの動きも板に付き、一つ一つのコマ送りのカットがどれもカッコよくびしっと決まる心地よさ‥‥‥でも「カルメン」に関して言えば、何だか物語としてはさほどの感動もなかったのが、彼の舞台ということを思うとちょっと淋しい。Img_0002

きょうごらんになる方もいらっしゃるので、新作「カルメン」の詳細はまた後ほど。だけどさ~、最初は急場の寄せ集めの学芸会?と思って焦ってしまいました。 あの昨年のフラメンコ軍団と、マハリナ、嫁、そしてトレウバエフとガリムーリンとくれば、ずいぶんお手軽なところでメンバー調達したのね??みたいな。でもまさか学芸会なんて、彼の舞台でそんなことがあるはずがありません。もちろん最後はちゃんと濃厚に、めっちゃカッコよくしめてくれましたのでご安心を。

もしかして踊りの言語というものがあって、私はクラシック・バレエや、それを基にしたモダン作品の言語は理解しているけれど、フラメンコのそれは理解できていないのかもしれません。だからといっては何ですが、もう少し内面を語る部分がわかりやすく前面に出てもよかったのかと。ちょっとそれが伝わらず、作品としては消化不良でした。

でも、カッコいいにはもう、ものすごくカッコいい人ですよね。素の姿よりもシルエットを見せるライティングのせいもあって、スタイルのよさと型の美しさが際立ちます。決めのポーズもいちいちキザで伊達でそういう意味では堪能しました。何より、カーテンコールでは終始笑顔で、ルジマトフ自身が1年ぶりに舞台で踊って、それをとても楽しんでいたのがわかって、ファンとしてはうれしかったです。この調子で、これからもまだまだ踊って欲しい!

きょうはさらっと気がついたことだけ。
公演パンフレットには最初にドムラチョワとイシュクの「ドン・キ」が入っていたけれど、ドムラチョワは膝の怪我とかで出演できなくなり、変更プログラムがはさんでありました。パートナーがいなくなったイシュクはソロの「ゴパック」を踊り、余った時間にフラメンコ軍団の「メディア」という演目が入っています。

確か去年も「メディア」という演目があったような気がしますが、それよりはもっと大掛かりな感じでした。フラメンコって、手先の動きが独特で、まるで手だけが別の生き物のよう。バリ舞踊なども手先をかなり使うけれど、もっとくねくねで、すご~い。フラメンコは「押し出し」が強くなきゃやってられない踊りなのか、皆さん本当に怖いくらい。こういう人たちが街を歩いてたら思わずよけますね。ロサリオは胸は相変わらずすごいけど、去年よりかなりスリムになって超カッコいい姉御ぶりでした。(和服姿で機関銃でも持たせてみたい??)

「ゴパック」もよかったです。ヴィクトル・イシュクは金髪サラサラのアイドル系。とっても爽やかでした。いかんせん、短いのよ‥!これだけなんて淋しい!もっと彼を見たかったです。「ドン・キ」もよかっただろうなと思うと少し残念でした。

でも、何と言っても「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」のエヴゲーニャ・オブラスツォーワが昨日の「一番」でした!彼女は容姿もとてもかわいらしいけれど、テクニックも抜群。何より彼女の踊りで、初めてバランシンの「音楽を視覚化する」というのがわかった気がします。もう、風のように軽やかで柔らかな動きは音楽そのもの。音楽にぴったりと合った動きはもちろんですが、まるで身体で音楽を奏でているような踊りに見入ってしまいました。すばらしかったです。

コールプがね~。何とあの怪しさも毒気もどこかへ吹っ飛ばして、何も色の付いていないまっさらな白王子に化けていたのですよ!もうびっくり。この人一体何者?まるでカメレオンですね。(そういえば顔は爬虫類っぽい‥ゴメン!)正面でなく斜めでろくろ回し(?)やったり、お互いに走りながらダイブをキャッチしたり、難しいサポートを涼しい顔してやっておりました。顔は相変わらずの老け顔ですが(ゴメン!)何だろう、踊りは全く癖がなく伸び伸びとノーブル。去年のギラギラの「海賊」や、怪しさ満開の「バラの精」と同じ人かと思うくらい。こちらが彼の「個性」と思っているものは、実は「怪人コールプ」の一つの顔で、こういう演目を踊るときはす~っとその濃い色をワイパーで拭き取るみたいに消しちゃうことができるんですね!オドロキでしたよ。

「阿修羅」は去年の衣装とは違って、赤いぴちぴちのジャージ?みたいなパンツでした。何で??去年はまるで武術家のような気合いと力強さを感じましたが、身体がより絞られたのか、逆に繊細に内に向かって研ぎ澄まされた感じがしました。繊細さが加わったのと同時に(赤パンツのせい?)あの興福寺の阿修羅像のような両性具有の雰囲気も加わって、より複雑なものに深化していて見ごたえがありました。

「カルメン」は、ロサリオが素敵だった!去年はバレエダンサーにはない豊満さで、ルジマトフより年上に見えちゃうくらいだったけれど、ことしはスリムになって、ワイルドな若々しさも加わり、獲物を狙う女豹のようでした。この人のオーラはすごい。フラメンコの人が並んでいても、この人に目が釘付けです。途中、フラメンコシーンが長くて飽きたところもあったけれど、彼女が登場するとふっとまた見入ってしまいます。

ルジマトフは、大分フラメンコらしくなってきましたね。(?)去年まではフラメンコ軍団に混じると異質な(重心の位置とか)感じがしましたが、独特なリズムが身体に染み込んだ感じです。やはり努力の人ですね。ただ、ほんのちょっとだけクラシック・バレエの振りがはいっている部分があって、そこの一瞬の動きの優美なこと!ほんのちょっとの部分なのに目を奪われてしまいました。何だ~!まだまだクラシックも全然いけるじゃない!膝の手術って、あれ何だったのよ!?フラメンコを踊っているのに、あの一瞬見せたクラシックの振りが美しくて、やっぱりクラシックがいいな~なんて思った不埒なファンです。

まあ、そんな感じで楽しんでまいりました。またきょうもあります詳細はまたこの次に。

| |

« ラベンダーの季節 | トップページ | 「ルジすべ」2日目~「カルメン」 »

コメント

こんにちは
相変らず、読ませていただいているだけですいません。
素敵なお花の写真もありがとうございます。
きれいなお花、癒されます。

ルジマトフのすべて、昨日いらしたのですね。
早速の感想ありがとうございました。
私も遅まきながら先月チケットを取りました。
これから出かけます。

1日目という事は2日目もあるのですよね。
どこかですれ違うかもしれませんね。
また今日の感想もお聞かせくださいね。
楽しみにしています。

投稿: アナスタシア | 2008年7月 3日 (木) 15時49分

アナスタシアさん

コメントありがとうございます。
昨日行かれたんですね。
とてもよかったでしょう?
2日目を見て大正解だったと思いますよ。

何だか1日目は一体何だったの?というくらいよかったんです。
観客もみんな乗っていたし、ご本人もノリノリで、最後に緞帳の前まで出てきましたよね。
1日目は出てきませんでした。
もちろんスタンディングもありませんでした。

「カルメン」の内容も、少しわかりやすくなっていました。
カッコよかったですよね~
もう、しばらく余韻でぼーっとしていそうです。

投稿: 友香梨 | 2008年7月 4日 (金) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラベンダーの季節 | トップページ | 「ルジすべ」2日目~「カルメン」 »