« 久しぶりに歌舞伎座。 | トップページ | フレッシュな「先代萩」 »

2008年11月14日 (金)

庭の侵入者

Simgp6546 先月植え替えた玄関先の草花も、3週間たつと立派に根付いて隙間の土が見えなくなりつつあります。こんなふうにポットの苗も大きくなるわけだから、「ガーデニング教室」のときにつくった寄せ植えみたいにぎゅうぎゅうに植えるのは好きじゃないんですよね。

そろそろ外にいるのも寒くなってきそうだから、やることがあったら早目にやりたいのですが、バラのお手入れ、本当にどうしましょうね~。ひどいんですよ、今年は特に。バラを始めたばかりの頃、最初のうちは教科書通りに殺虫剤と殺菌剤を混ぜたものを、規定より全然少ない回数ですが、撒いていました。それも最近は全くやらなくなり、春はアブラムシ、夏はチュウレンジバチの幼虫や黒点病などにやられていましたが、今まではそれでも何となく、春が来れば新芽が伸びてちゃんと花が咲くということを繰り返してきました。でも、今年は様子が違うのです。Simgp6548

鉢植えはほとんど回復不能の強烈な黒点病になり、夏の終わりから葉っぱが全部落ちてしまっています。四季咲き種は秋にもいくつか花が咲いたりしていたのですが、今年は全然だめでした。枯れてしまいそうなものもあります。それから地植えにして大きくなった株も、根元をかなり虫にやられてしまい、太い枝が枯れてしまっているものがたくさんあります。特に今年の気候のせいなのか、虫もいつもよりたくさん発生しているように思います。Simgp6553

他のお宅はどうなんでしょうか?うちだけでなく実家もそんなに薬は撒かずにきたのですが、今年はやっぱりひどくて何度か散布したそうです。でも、何本かだめになって、母などは「もうバラは大変だからやめる」と言っています。

そろそろ園芸店などで大苗が出始め、バラの植えつけの時期になります。ことしはダメになったものがあるので、その分何を買おうかな~しばらく置き場所がなくて新しいバラを買っていなかったから、イングリッシュローズにしようか、それともオールドローズ?などとカタログを見たりしていましたが、今、1本も元気なバラがないことを考えると、ほんとにバラをまた植えるかどうか考えてしまいます。

先月植え替えをした翌日から、先週ぐらいまで秋の土用でした。もう気学から離れて1年になり、土用なんてそんなに気にしてなかったのですが、やっぱりこの時期何かがある??というのは、買ってきた苗で余ってしまったものがあり、それがポットのままではダメになりそうだったので土用と知りつつ植えていたら、蜂か何かに左目の上を刺されてしまいました。その時はチクンとしただけでしたが、あとでひりひりしてきて、次の日の朝起きたら形相が変わるほど赤くなって腫れていました!

お岩さんみたいだわ~ これじゃ外を歩けない(ちょうどその日ハロウィーンだったので、お岩さんになれた??)と思い、普段ほとんど行かない皮膚科に行きました。皮膚科では、例年虫刺されで腫れたといって来院する人は夏限定だったけれど、なぜかことしは秋になっても多いのだそうです。先生曰く、異常気象の影響もあるのか、田舎か山間部にしかいないようなアブとかブヨとか、何だかわからないけれどそういう刺す虫が市街地でもかなり発生しているらしいです。(ハチ、アブなどは五黄。気学でいう土用もあながち迷信ではなかった!)すみません‥調べたらハチは三碧、五黄の象意を持つのは「蚊、ゴキブリ、ハエ、毒のあるもの」ということでした。Simgp6549

今までテントウムシとか珍しい蝶とか、かわいい系の虫も来るので、薬剤を散布して全部いっぺんにやっつけてしまうことに抵抗がありました。だけど、今年は本当に虫が多い!娘が朝、庭側の木戸から出ていくのですが、庭を通るとクモの巣が必ず頭に引っ掛かるので、最近では箒を持って払ってから通っています 何かうちの小さな庭にも相当の異変があるようです。

虫の他にもいろいろ侵入者がいます。一番大きいのは人間。さすがに住居侵入になるので大人は玄関より先は入ってきませんが、たまに学校帰りの小学生。ちょうどうちは2本の道の間にあり、裏に住んでいる子には庭を抜けるとかなりの近道になります。まあ、子供は害がないからいいけど、ひどいのは犬!散歩させながらリードを離しちゃった(わざと?)犬が庭に入ってきて糞をしていきます。飼い主も他人の庭に入って始末もできないので知らん顔。ひどい人もいるものです。だから犬は好きになれません。

一番かわいいのは早春に来るメジロだけれど、最近はシジュウカラがよく来ます。バラについた虫を食べに来るのかな?それからそのシジュウカラを狙っている猫!猫は不思議なもので、うちに猫がいた時はほとんどよその猫は入ってきませんでした。放し飼いにしていたわけではないから、猫を外に出すのは私が庭にいるときだけ。短時間だし、そんなに毎日でもなかったのに、ちゃんと窓から睨みをきかせていたのでしょうか?それが、うちに猫がいなくなったとたん、庭にいろんな猫が出入りするようになりました。

朝起きると芝生の上に糞!(猫の糞はすぐカラカラに乾くのでまだいい!犬のは量がこんもりで本当に腹が立つ!)そんなことがよくありましたが、最近は1匹の猫の限定縄張りになったのか、ほかの猫は見かけなくなりました。そのかわりそいつが自分の庭のようにわがもの顔で、バラの木に来る鳥を狙っているのです。それでも猫が鳥なんか捕まえられるわけがないと思っていたら‥‥きのう事件があったんです

私が庭に出たら例の猫がいて、いつもはぱっと逃げるのですが、こちらを見ながら何かをうかがう様子。でも、そのうちに行ってしまいました。しばらく枯れたバラの枝などを切っていて、ふと気がつくと、何とその猫が去りがたそうにしていた場所にスズメの死骸が落ちているじゃないですか!もう、とんだ置きみやげ!気持ち悪くて処理する気にもなれず、そのうちまた取りに来るだろうと放っておいたら‥‥今朝、ありましたよ、まだ!それも、そのあとまた来て食べていったのか、食べ残しの羽とくちばしと‥‥よくわからないけどぺしゃんこになった残骸が捨ててありましたこれ、どうするんだよ~!しばらく放置して、干からびてから片付けるよりほかありませんよね。まったく、とんでもない奴だわ。

その猫、そんなに大きくなく、野良猫風でもありません。むしろこぎれいで、若そうだし、飼い猫なんじゃないでしょうか。顔もすごくかわいらしい顔をしているんですよね。白黒トラのブチで、初めサバトラだと思っていたら、よく見ると黒とグレーのくも型の模様のアメショー風。アメショーが混じっているんだったら、あのすっきりした顔立ちはメスかなあ。。。アメショーのオスは少し大きくなるとすごいふてぶてしい顔になりますからね。

何といっても彼女(彼?)が来るようになってから他の猫が糞をしていくことがなくなって多少感謝してるんですが、うちで狩りをしてもいいから、食事場所にはしないでほしいです 残骸は自分で片付けてよ~!それにしても、きれいだから野良猫ではないと思うのにスズメを捕って食べちゃうなんて何というたくましさ!

うちのモヤちゃんやルルちゃんは敏捷だったから、もしかして捕まえることはやればできたかもしれないけれど、それをバリバリ食べちゃうなんてこと、絶対にしなかっただろうと思います大体、キャットフードだって好みが厳しくて、嫌いなエサは全く手もつけなかったくらいなので。。もしノラちゃんになったら生きていけなかったと思います。そんな感じで、代々室内飼いをされてきた猫と、飼い猫だとは思うけど放し飼いの猫との違いを見せつけられました。野性ってすごい。

子供のころ、埼玉の山奥の母の実家にものすごく大きな猫がいて(山猫?)、よく裏山でヘビやモグラを捕まえてきましたが、2~3年で家出してしまいました。その数年後、叔父が山一つ越えた反対側の集落にある家に行ったら、その家にそっくりの猫がいたそうです。「こいつ、うちの猫だったかもしれない‥‥」って、叔父もびっくりしたでしょうね~。そんなふうに立派に生きていけるような猫が今でもいるんですね

カワイイものも、招かれざる者も、庭にはいろんな侵入者がいて、そのために薬を撒くのを躊躇してきたのですが、今年のかつてないバラのダメージ。これは本当に私の母じゃないけれど、これからまだバラを育て続けるのか、その選択にまで迫られるほどのひどさになってきているのです。

新しいバラのカタログが届き、かわいいバラの写真がいっぱいそれを植えたガーデンの素晴らしい写真も載っていて、こんなに咲いたらいいだろうな~と夢は膨らむけれど、そのためにうちの侵入者たちをすべてシャットアウトして、鬼のように毎週毎週薬を散布し続けなければならないとしたら、バラはもう諦めたほうがいいのかなあ‥‥‥。なんて、少し弱気になっています。

| |

« 久しぶりに歌舞伎座。 | トップページ | フレッシュな「先代萩」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりに歌舞伎座。 | トップページ | フレッシュな「先代萩」 »