« ボリショイ「白鳥の湖」 1 | トップページ | ボリショイの「明るい小川」 »

2008年12月12日 (金)

ボリショイ「白鳥の湖」 2

一昨日、「明るい小川」も見てきました。ソヴィエト時代のコルホーズが舞台と聞いてかなりひいていたのだけれど、これも楽しかった~。ワシーリエフくんがやっぱりかわいかったし、既に退団し、今回ゲストとしてこの演目だけに出演したセルゲイ・フィーリンも最高!フィーリンのコミカルなバレリーナ姿、しかと脳裏に刻みました。まだまだ踊りもいけるのに、引退?なんて本当に残念です。芸術監督に就任したダンチェンコでも踊ってくれるといいんだけれど。

そして、テレビで練習風景を紹介していた岩田さんの「アコーデオン奏者」。ただすごい身体能力にまかせて華やかに飛ぶ、回るというだけではなくて、とても緻密な表現力。ばねだけではない、芯のとおった柔軟性ととぎれのない粘着性(?)のある踊り。ショスタコーヴィチの賑やかで忙しい曲にぴたっと合った音楽性の素晴らしさにも驚かされました。そんな見る者を惹きつける岩田さんの踊りは、まさにボリショイのスタイルそのもののような気がします。

今まで私はあまり見る機会がなかったボリショイバレエですが、どの演目も最高に楽しめました。なぜか全部セカンドキャストで見ましたが(だからザハロワやアレクサンドロワは見れなかった。。)それもまた私的にはよい選択だったように思います。これでボリショイ鑑賞は終わり。その「明るい小川」の感想(何か、楽しくてあっという間で、忘れるのも早そうなのですが‥)の前に、まずは前回の続きのグリゴローヴィチ版「白鳥の湖」の内容の覚書です。

≪1幕2場≫
1場から2場へのつなぎはとてもスムーズで、そのまま続いていきます。大広間での王子の成人の祝宴の後半から、王子はなぜか浮かない表情になります。そして上から不気味な垂れ幕が下りてきて‥‥この暗雲のような垂れ幕は何度か登場するのですが、王子の心の中の世界と現実の世界を分けているような使われ方をしています。

いつの間にか背後から影のようにロットバルトが現れ、不安な面持ちの王子の後ろにぴったりと寄り添うように踊ります。歌舞伎の「連理引き」みたいに、王子に魔法をかけて操るような動作で、いつしか王子は見知らぬ湖のほとりに誘い出されていたのでした。中央の垂れ幕は紗幕になり、その向こうには白鳥たちを従えた美しい姫が‥‥‥。

エカテリーナ・クリサノワのオデットは、ちょっと幼顔で淋しげな感じのオデット。踊りはいいのだけれど華がないような。終始悲しい表情で、王子との愛が感じられない。王子のドミトリー・グダーノフはかなりの演技派のように思えるけれど、熱い思いは伝わらないみたい。もしかしたらロットバルトが見せた幻影だったのかもしれないと思うぐらい、ずっと伏し目がちで、きれいだけれど、表現に物足りなさを感じてしまいました。

≪2幕1場≫
1幕と同じ城の大広間。やっぱり同じような冒険ファンタジーもののコスプレみたいな衣装の宮廷人たち。王妃が登場し、各国の姫君たちが民族舞踊団を従えて入ってきます。そして道化も踊る~。岩田さんの道化は相変わらずキレキレで小気味よくて最高!だけど、王子が不在のまま民族舞踊が始まってしまいます。

民族舞踊は花嫁候補が一緒に踊ります。これはある意味、ここで唐突に宴会の余興のように踊られるよりは現実味があるかもしれません。だけど、花嫁候補の姫が真ん中で踊るので、どれもみな女性はポワントでした。そのために民族舞踊特有の味はちょっと薄れてしまっています。衣装も、真ん中の花嫁候補は白いドレスに1幕の女性たちと同じような金・銀の模様が入っていますが、これも民族舞踊らしさがあまりない感じ。チャルダッシュ、ルースカヤ、スペイン、ナポリ、マズルカと続きますが、やっぱりブーツやヒールの靴でそれっぽく踊るほうが楽しいかな~。

王子が登場すると花嫁選びが始まります。でも、どの姫も王子の目には入りません。そこへロットバルトがオディールを連れて現れます。このあとまた(もう既に記憶が怪しいのだけれど)急に例の怪しげな垂れ幕が、覆いかぶさる暗雲のように下りてきて時間が止まり、一人になった王子をロットバルトがまた操るように踊ります。この場面はブルメイステル版の4幕に使われている悲愴な音楽で、黒鳥たちが王子のまわりを不気味に飛び回ります。何だか王子の運命を暗示しているような異様な盛り上がり方を見せ、これで王子は黒も白もわからないような状態になってしまったようです。

垂れ幕が上がり、何事もなかったように元の城の広間では王妃や廷臣たちの前で、華やかにオディールと王子のグラン・パ・ド・ドゥが繰り広げられます。アダージョとコーダはマリインスキーなどのオーソドックスなものと同じだけれど、それぞれのヴァリエーションはブルメイステル版で使われている曲が踊られます。

先に書いたように、グダーノフの王子は天下一品どちらかというと上品でおとなしめだけれど、端正で、高貴で、申し分のない王子様ぶりです。足音がしないのはもちろん、指の先、足の先まで完璧にノーブル

一方クリサノワのオディールは‥何か弱いんだよね。オデットの時と違って笑顔だけれど、ずっと同じ表情。それで王子を誘惑する気あるの?媚のある動きもコケティッシュな表情もなく、かなりのあっさりめ。というか何もしてないでしょっ!必殺仕事人オディールではなく、これもロットバルトによって映し出された幻影?なのかしら。

ロットバルトはずっと座ったまま。もうあれだけ強く魔法をかけておいたから安心して見てられるって?すでにこってり魔法のフルコースで前後不覚状態の王子は、もう騙されてオデットと間違えているのでも、オディールの魅力に負けたのでもなく、最初からもうこうなる運命と定まっているような感じでした。

普通は翻弄される王子の心の動きや、オディールのねちっこい手練手管が見所だったりするのだけれど、そういうやりとりは感じられずに淡々と進んでいってしまいました。せっかくの山場がちょっともったいない気もしますが、ロットバルトが王子を影のように操っているという設定にしてしまうと、こうなってしまうのでしょう。

クリサノワはバランス系が得意なようで、アダージョのとき何度か、王子がすっと手を放してもバランスを保っていました。最後も、王子が腰にまわした手を放してから何秒も静止していました。技術的には十分だけれど、やっぱり表現がオデットもオディールもあっさり。もっと派手な演技をする人もいて、そういうのが特に好きというわけでもないけれど、あまりにも何にもなさ過ぎだったような気がします。コーダのグランフェッテはオディールの魔力を示すように、4泊目?で脚を真横に伸ばし、手は上にアロンジェしてすごく華やか。ダブルも入ってたよね。

踊りが終わり、有頂天になった王子は、この人こそ花嫁にしたい人ですと王妃に告げる。ところが、誓いのポーズをしたとたんにロットバルトとオディールは正体を現します。とんでもないことをしてしまったと嘆く王子。ここで王子はジュテしたり回ったりするんだけれど、こんなところで踊らなくてもよくない?普通はここで幕ですが、この版は真ん中の垂れ幕をうまく使って、途切れなく次の場面に続いていきます。

≪2幕2場≫
この場面転換の早さが特徴の一つ。4幕仕立てのブルメイステル版などは休憩が3回もあって疲れてしまいますから、スピーディーな展開もいいものです。またいろんな踊りに見入っているとあっという間。

マリインスキーなどでは白鳥たちの中に黒いのが混じっていて、その意味がよくわからないのだけれど、ここでは黒い鳥はロットバルトの手下のようです。失意のオデットが戻ってきて、ロットバルトも登場して執拗に攻め立てるのは同じですが、王子が登場しても何だか情けないの。ロットバルトとの戦いに力尽きた王子は、降りてきた中央の垂れ幕によってオデットと引き裂かれてしまいます。紗幕の向こうに映し出されたロットバルトとオデット。オデットはロットバルトの足元にうずくまり、ついに動かなくなってしまいます。紗幕に遮られた王子はどうすることもできずに泣き崩れる‥‥だったよね?

確かヌレエフ版では王子も死んだ?と思われ、ロットバルトは本懐を遂げ?まだ少し納得(できないけど!)することもできるけど、王子が生き残るラストってどう解釈したらいいんだろう?ロットバルトは温室の中でまっすぐ育ってきた王子に、世の中そんなに甘くないということを教えたのか??これから王として国を治めていくために、苦しい試練を課したのか?

マリインスキーのように、王子が正義の味方のように現れて、ロットバルトと戦ってあっという間に翼をもぎとり、悪は滅びてめでたしめでたしではいかにもできすぎだけれど、これは何か後味が悪いなあ‥‥と思っていました。でも、その後王子は一時の感情に溺れずに冷静な判断で、立派に国を治めていきました‥‥‥。そうでも考えないと王子かわいそすぎ そう、ここでの主役ははっきり王子で、王子の成長物語だったんですね。オデットとオディールはロットバルトが見せた幻影だったのかもしれません。意外なラストに考えさせられましたが、後から思い出すとグリゴローヴィチ版もなかなか面白いなと思いました。

まとめ。
1、王子が踊る場面が多い。1幕のパ・ド・トロワも王子が踊る。ロットバルトとも踊る。素敵な王子をたくさん見たい人にはうれしい

2、ロットバルトは影のように王子につきまとい、魔法をかけて王子を操る存在。だからそのためにオデットと出会ったときの心の通い合いや、王子がオディールの魅力に陥ちていくところなどの必然性がなくて、ちょっと普通とは見どころが違う。(クリサノワがあっさりしすぎていたせい?)

3、花嫁候補は民族舞踊をひきつれた各国の姫君で(花嫁候補がみんなお揃いの衣装のところが多いけど、あれはどう考えても変だよね~)それぞれの民族舞踊の真ん中で踊る。出席者の中に姫君の両親がいて、王子に選ばれなかった姫たちはそれぞれの両親のところに行って泣くというのが芸が細かい。(でも親たちの衣装は同じ。ここまでは手が回らなかったのか?)

などというのが気付いたところです。またぜひ見てみたいと思いました。

| |

« ボリショイ「白鳥の湖」 1 | トップページ | ボリショイの「明るい小川」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボリショイ「白鳥の湖」 1 | トップページ | ボリショイの「明るい小川」 »