« 思い出は楽しいままに。 | トップページ | 2009年 庭のバラ »

2009年6月11日 (木)

2009年春の庭

ちょっと古い写真ですが、庭の写真を。S2009_0422_150039imgp7353

これはことしの4月。昨年の秋に植えたポット苗と、その間から出てきたチューリップがきれいに咲きました。S2009_0505_120725imgp7383

ずっ~とガーデニングはご無沙汰していました。朝、ちょっと外に出た短い時間で、ちょこちょこ手入れはしているのですが、手間や労力、時間のかかる、まとまった作業は全然できていません。なので、今現在、庭は草が茂り放題です。

だけど、いい加減でも、やはりその時期が来ると花はちゃんと咲いてくれる。(手入れをすればもっときれいに咲くんだろうけど)それがうれしいです。S2009_0415_102707imgp7315

チューリップも、ずっと植えっぱなしできましたが、毎年しっかり咲くものと、だんだん色や形が変わってきちゃうものとがあります。品種改良が繰り返されて出来上がったものが、球根の交代で、だんだんと原種返りしていくのでしょうか。でも、この百合咲きチューリップなどはもう7~8年たちますが全然変わりません。

一番上の写真のピンクの八重咲きは最初、杓薬のような素晴らしい花が咲きましたが、だんだん花が小さく色も薄くなってきています。S2009_0419_131832imgp7335_2

バラの名前はよく覚えるのに、草花やチューリップの名前はなかなか覚えられません。たしか「アンジェリケ」という名前でしたっけ。最初はもっと大きくてピンクが濃かったのです。

何か、ポット苗を買った時はあまり配色などイメージできてなかったのですが、ことしは偶然、淡い色ばっかりでしたね。でも、秋に買った苗はみな3倍~4倍の大きさに育ち、つい先頃(5月半ば)までずっと庭先を賑わせてくれていました。S2009_0427_112555imgp7366

そろそろ鉢物の植え替えなどの大掛かりな手入れをしなくてはいけません。宿根草は大きくなるので鉢から下におろしたりすると、すごいことになります。こちらはもう5年目ぐらいの何とかデイジーというやつですね。もう大木になってしまっています。

何か前にちらっと見た園芸愛好家の掲示板で、「庭に植えてはいけない植物」というのがありました。見ると、そこにピックアップされていたものはほとんどうちにありました!うちは「植えてはいけない」植物の宝庫だったのです‥。S2009_0429_155001imgp7380

この「エロリゲン」(スパニッシュ・デイジーとも)もその一つ。ピンクの花も時々混じって、とてもかわいいのですが、何せそこらじゅうこぼれ種で増える、増える!私は数年前に2ポット買ってきて、そのうちの一つが余ったので地植えにしたのです。そうしたら1年たたないうちに芝生の中まで進出してきてしまいました。

「植えてはいけない」理由に、増えすぎて他の植物をダメにする。これもそうですが、でも茎や葉は柔らかく、根も細いので抜こうと思えば簡単に抜くことができます。

うちでホントにはびこって困っっているのは、なぜかその掲示板には出ていなかった「ルリマツリ」です。よく寄せ植えなどに白い斑入りの葉が涼しげに入っていたりしますが、これが曲者。鉢植えから伸びて地面に茎が付くと、そこで発根してどんどん広がります。

かわいい青い花が咲くのですが、ほんの一時期だけ。これがはびこってくると茎が硬いので簡単にはちぎれません。根も張るので抜くのも大変!定期的に「退治」していますが、完全に抜けない根からまた芽が出てきて、すごいことになっていますよ。要注意です!写真がないか探しましたが、ちょっと出てきませんでした。花も、観葉植物みたいな葉っぱもそれなりにかわいいのですが、はびこってどうしようもない植物は、私ったら、写真も撮ってないんですね

「植えてはいけない植物」の2は、虫がきてどうしようもないもの。そう、クチナシの季節ですが、どこからも香りがしてきません。葉っぱが出るとすぐに食べられて、枝だけしか残ってないちっとも大きくならないけれど、枯れもしない‥‥あと、ツバキやサザンカは毛が飛んできただけで皮膚に刺さり?アレルギー症状を起こす猛毒のチャドクガがうじゃうじゃ付きます。これも要注意。

3番目の「植えてはいけない」は大きくなりすぎるもの。これはうちではゴールドクレストです。ミモザもピックアップされていましたが、ミモザは大きくなったけれど、意外に弱くて、塀際に植えていたのですが、塀の外の道路を下水道工事か何かで掘り返したときに根を切られたらしく、あっさりと枯れてしまいました。花が咲くとそれはそれは見事だったのに残念です。

ゴールドクレストは寄せ植えの中に入っていて、それを地植えにしたらあれよあれよという間に大きくなってしまいました。今では庭のかなりのスペースを占領しています。雨が降ると森林浴のようないい香がするので、好きなのですが、あまりにも大きくて。伐採するにはもう素人では無理。業者に頼むとかなりお金がかかるのではないでしょうか

もう一つ、私が思う「植えてはいけない」ものは、ヒイラギ!あれはホントに鬼も近寄らない!クリスマスの寄せ植えにあったのを地植えにしたら、どんどん大きくなって‥‥これは通る時に葉っぱが当たって痛いので切ったのですが、もう、幹にまでとげがすごくて本当に大変でした。S2009_0419_131907imgp7337

かなり横道にそれてしまいましたが、かくしてうちの庭は「ナチュラル・ガーデン」が進行中です

植物が茂ってきているので、狭い庭がますます狭く、周りの家や道路に接していても、植物で囲まれているので、そこだけぽっかり隔離された感じです。そんな中にいて夢中で草を取っていたりすると、ふと「ここはどこ?」みたいな感覚になってくることがあります。自分の家の庭なのに‥‥そんなところがいいのかな?大きくなりすぎた木を処分したら、すっきり明るくはなるけれど、落ち着かなくなってしまうかもしれませんね。

| |

« 思い出は楽しいままに。 | トップページ | 2009年 庭のバラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思い出は楽しいままに。 | トップページ | 2009年 庭のバラ »