« また少しだけ栗さま情報 | トップページ | 6月、7月、猿之助襲名披露公演を見て »

2012年7月22日 (日)

アーティーチョーク

Rimg0942
ギョッ‥‥何これ??って感じですが、アーティーチョークの花が咲きかけたところです。朝外に出てこれを見たときは「もろこしヘッド?」って思いました。Rimg0959

2日ぐらいたつとこんな感じに。もろこしヘッドからタワシに変身(笑)巨大アザミですね。
今まで何度か庭に植えましたが、花が咲くまで大きくなったのはこれが初めてです。高さ1メートル20、横幅もそれぐらいあります。いつもは雑草や他の植物の陰に隠れて成長しないままどこかへ行ってしまったりしたのですが、昨年秋にポット苗を植えた後は周りに何も茂らないよう注意していたので、無事に冬を越してここまで大きくなりました。

Rimg08326月にはこんな感じにつぼみがいっぱいつきました。最初に大きくなったのを試しに1個食べてみましが、それほどおいしくもなく(笑)1個食べれば十分という感じで、あとは花を咲かせて楽しもうと思っていました。
ところが、6月の台風で倒れて以来、つぼみが重くて全体が傾いてきたので、軽くするために思いきって収穫してしまいました。Rimg0844

それがこれ。おいしいものならご近所におすそわけするのですが、見たことないと気味悪いだろうし、さほど食べるところもないですからね(笑)瓶詰めの酢漬けでも結構な値段がする高級食材らしいですが。

 かなり昔、ちょうどバブルのころだったか、デパートでイタリア展だかスペイン展だかをやっていたときに、このアーティーチョークが空輸されて店頭に並んでいたのに出あいました。初めて見る食材、しかもつぼみだというので興味を持ち、結構高かったけれど1個買ってみたのです。 

専用のディップも何種類か売られていたと思いました。生のアーティーチョークと一緒に買ったのは確かマヨネーズとチーズとパセリが混ざったようなものだったと思うけど。おいしかったかどうかなんて覚えてなくて、ただ変わった、お洒落な雰囲気を楽しんだだけでした。Rimg0846

 それが20数年後に自分の庭で収穫するなんてね。最近ではときどき園芸店のハーブコーナーでこの苗を見かけるようになりましたが、日本の高温多湿な気候がだめらしく、食用としては日本では栽培されていないようですね。(需要もないだろうし) 

あと、園芸店で売っているのは花を見るための品種かもしれず、このつぼみも前に買ったものとは少し違うような‥‥もっと食べるところがあったような気がするのですけど、気のせいかな(笑)
これをゆでて、外側の「がく」をはずしながら(「がく」そのものはかたくて食べられないのですが)根元の柔らかいところを歯でしごくようにして食べます。今回は塩とオリーブオイルで食べてみました。全部がくを取ってしまうと、最後に花びら?に当たる柔らかい毛のようなものが出てきます。これをはずして(食べようと思えば下のほうは食べられて、タケノコのような味でした)その下の台を食べます。味はそらまめか、ブロッコリーの茎か‥‥‥何ともいえない妙なものですね。でも、ほのかな苦みと香りが大人の味かも(笑)Rimg0963
この収穫のあと、小さいつぼみが2個残りましたが、これはもう収穫しないで花を咲かせようと思っていたら、その2個もみるみる大きくなって、そしてこんな花が咲きました。写真で見るよりももっとずっと鮮やかな青紫で、きれいですよ。
庭先にこれがあると、つぼみだったときも花が咲いてからも、家に来る人は「何これ??」と思うらしく、来る人みんなに聞かれました。食べたというとさらに驚く人も。でも、私だってその昔食べたという経験がなかったら決して食べなかったと思います。経験って貴重ですね。

| |

« また少しだけ栗さま情報 | トップページ | 6月、7月、猿之助襲名披露公演を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« また少しだけ栗さま情報 | トップページ | 6月、7月、猿之助襲名披露公演を見て »