昭和記念公園

2013年6月 9日 (日)

ことしのお花めぐり1(昭和記念公園)

Rimg1703 毎年春になると梅や桜から始まって、八重桜、チューリップなどを見に行くのですが、ことしは何だか忙しくてどこへも「お花見」に行けませんでした。桜がすごく早く咲いて3月中に満開を過ぎてしまい、気候も不安定だったのでタイミングを逃してしまったのです。

「あ、そういえば今年はどこにも行ってない!」と気づいたのが連休に入ってから。せめて近所の昭和記念公園にでも行こうと思って出かけました。Rimg1705

とても近いのになぜかここ1年半?以上行っていませんでした。最近では休日はすごい人出のようなので避けていたのかもしれません。それが、連休の谷間だったせいか、この日は嘘みたいに人が少なかったのです。「みんなの原っぱ」という広い草地の両端にある菜の花畑も、ポピーも、いつもは写真を撮ると人がたくさん写るのに、ほとんど人がいない感じでしょう?まあ、お花も多少時期を過ぎてしまっていたようでまばらでした。いつもはもっとすごいはずです。Rimg1683

こちらは「こもれびの里」です。久々に行ってみたらまたグレードアップして、すっかり多摩の里山の風情になっていました。昭和30年代の武蔵野の農村風景を再現しているそうですが、公園の中とは思えないような、どこか懐かしい風景。

写真奥に見えているのは、ことしの4月に移築が完了してオープンしたばかりの「旧石井家住宅」です。もとは狛江市にあった築250年の旧家だそうで、堂々たる長屋門、土間のある母屋、蔵などが庭の広いスペースもそのままに再現されています。これから屋敷林などまだまだ整備され、ここでいろんなイベントも行われることでしょう。 Rimg1692

こちらは「こもれびの里」から、コスモスの季節になると一面のコスモスが楽しめる「花の丘」といのを越えたところにある「日本庭園」です。ことし開園30周年になる昭和記念公園の中でも、この日本庭園は後にできたほうですが、それでもかれこれ20年ほどになるのではないでしょうか。20年のうちに植えられた木々も、組まれた石組みももうすっかりこの地になじんできました。最初はいかにも人工的で「つくられたもの」という感じだったのですが、今は四季折々にしっとりした自然が感じられる素晴らしい場所になりました。 Rimg1687

5月初めは牡丹がきれいでした。牡丹ってバラ科でバラと同じように香りがあるんですよね。このあとほかの「ぼたん園」にも行きましたが、ただ株を品種別に並べて植えてあるような「ぼたん園」よりも、植栽の中に溶け込んでいるここの牡丹が美しかったです。

こちらももう少し時期を過ぎてしまっていました。ことしは桜をはじめいろんな花が急いで咲いてしまった気がします。

Rimg1701

日本庭園の横にある「盆栽園」も好きな場所なので、そこを一通り見てから次は‥‥今回の第一目的、教えてもらったものを探しに行きました。でも、一体どこにあるのでしょう?

それは、閉園間際になってやっと見つかりました。Rimg1726_2

ネモフィラです。この青い花が大好きで、うちの玄関先にも毎年植えていますが、これが絨毯のように敷き詰められた常陸海浜公園の写真にあこがれて一度は行ってみたいと思っていたのです。でもいかんせん遠い!連休初め、美容院に行ったときに、お花好きの美容師さんが「今度の休みに常陸海浜公園に行くのよ」と言っていたので「いいなあ~」と言ったら、昭和記念公園にもそんな場所があると教えてくれました。行ってみたら、こちらはずいぶん小さな丘でした(笑)でも、こうやって群植してあるとすごくかわいい。いつか、青い海をバックに広大に広がる常陸海浜公園のネモフィラを見に行くぞ~!と思ったことでした。

| | コメント (0)

2010年4月12日 (月)

ことしの桜 part2

Imgp8587 きのうはとても暖かでしたが、きょうは一転して寒い雨!ことしは気温の低い日が続いたので、こんな時期まで桜がもちましたが、この雨でいよいよおしまいでしょうね。Imgp8583

写真は福生市の睦橋付近の多摩川の土手です。娘の送り迎えのついでに行ってみました。もう夕方で提灯に灯がともっているような時間ですが、寒かったせいか、桜の天蓋の下には例年のような宴会客はいなくて、ごみも落ちてなくて静かでよかったです。Imgp8573

多摩川越しに沈む夕日。なかなか風情があります。このあたりは一昨年?の台風で公園が水没し、湖のようになってしまい、公園内の道やグラウンドに被害を受けたところです。今はかなり整備されていますが、すっかり元通りではないようです。(6日夕方)Imgp8686

こちらは一昨日(10日)の昭和記念公園です。この週末はとても暖かかったし、桜も残っていたし、よいお花見日和だったでしょうね。私は例によって、ちょっと歩きに行っただけですが、ここは他のところと違って人が多くて‥‥。桜よりも人を見る感じでした。Imgp8684

昭和記念公園では桜と一緒にいろいろな花があります。こちらは「みんなの原っぱ」の端に毎年植えられている菜の花。

下は、昨年も載せたムラサキハナナ(花ダイコン)の群植。ことしもとてもきれいでした。Imgp8675

そして、最後の写真は私にとっては懐かしい場所。子供が小さい時に育児仲間と一緒にベビーカーを連ねて、よく遊びに来た場所です。昭和記念公園でも北西の端の「こどもの森」の中。そのベビーカーに乗せてた子がもう高校生だったり大学生だったりするのは、何だか信じられないような気分ですね。

メルヘンチックな雰囲気の写真でしょう?Imgp8689

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

携帯写真

S2009_0411_145304ts3i0033 昨日の雨で、ことしの桜ももうすっかり終わってしまいましたね。写真は先週の土曜日に昭和記念公園に行った時のものです。

ほとんどが散っていたけれど、わずかに残った一枝。菜の花もきれい。S2009_0411_145539ts3i0035

大方の桜はこんな感じです。急に暖かくなって一気に散ったので、草の上はピンクのじゅうたんのようです。まあ、お酒飲んで浮かれている人たちは頭上の枝なんか見ないだろうから、花びらが散り敷いたところに座って、いいお花見ができたのではないでしょうか。S2009_0411_141038ts3i0013

実はこれ、今回の写真は全部カメラ付き携帯で撮った写真です。実は、この日は他の用事で出かけて、こちらには行くつもりはなかったのです。それでカメラを持っていなかった。でも、今持っている携帯は確か300万画素。私がこのブログを始めた時に使っていた最初のデジカメは200万画素。十分使えるのでは?と思い、試しに撮ってみました。

おおむねうまく取れているみたいですが、携帯はしょせん携帯?デジカメは自動といっても、遠景を写す「風景」とか、クローズアップ写真を撮る時の「花」など、いくつかのモードがあります。S2009_0411_142847ts3i0023

それから、ズームもあるし、ピント合わせのシャッター半押しというのもできます。でも、携帯ではデジカメモードと壁紙モードを選んで、ただそのまま写すだけ

比較的よく取れたものだけ載せていますが、絞り機能が弱いらしく、昨年撮ってここにも載せた「みんなの原っぱ」のポピー畑から、遠くの「さくらの園」を臨む風景などは、強い光で写真全体が白くすっ飛んでしまっていました。S2009_0411_142946ts3i0025

チューリップがもう咲いているんですね。こんなに早かったっけ?これも鮮明に写っている方ですが、どこか白っぽい感じがします。

今は携帯電話もカメラ機能を重視したものが出ていて、開いた液晶画面をくるっとひっくり返して折りたたむと、そのまんまデジカメになっちゃうような機種もありますよね。(画素数も600以上で、私のデジカメよりいい)私のは普通のケータイですからOKボタンを押して撮影するのでちょっと使いづらいです。S2009_0411_143110ts3i0027

それと、以前持っていた携帯は壁紙サイズしか撮れませんでしたが、レンズが液晶画面側にあったので、握ったまま向けてパチリとできました。今持っているものはキーのあるほうの裏側にレンズがあるので、同じようなスタイルで撮ろうとすると、ちょうど手の位置がレンズにかぶってしまって慣れるまで大変でした。でもまあ、一応場所によってはきれいに写ります。S2009_0411_145820ts3i0040

何だか幻想的でしょう?去年は気づかなかったけれど(ことしは場所を拡張したのかも)ムラサキハナナの群植です。

桜の園の北東側、桜の木の下に一面、ムラサキハナナが植えてありました。これもホントはもう少し濃い色ですが、携帯写真だとこんなふうに光が白っぽく写って、かえって幻想的な感じがします。S2009_0411_145709ts3i0037

私がここに載せている写真はほとんど色補正などはしていないのですが、ちょっと補正して実際の色に近くしてみるとこんな感じかな。これでもまだ、もう少しブルーが濃いかも。

木漏れ陽が素敵ですよね。S2009_0411_150048ts3i0045

でも、こんな逆光で遠景がすっ飛んだ写真もまた好き。実際の色とは全然違って写っているけれど、これはこれで煙ったようで面白いです。

ことしは何か急に暖かくなって、いろんな花がいっぺんに咲いてしまった気がします。S2009_0411_150153ts3i0047

| | コメント (0)

2008年11月 1日 (土)

黄色いコスモス

S2008_1030_142434imgp6489 今日から11月。早いですね。バレエシーズンももうすぐ始まります。

最近、ネタが切れると昭和記念公園に行ってるみたいですね‥‥別にネタ切れというわけではなくて、一般社会に目を向けると書きたいこと(というか怒りたいこと)はいっぱいあるのですが、私などがここで怒っても仕方のないことだし、きれいな写真を見ていただいたほうがいいと思うのです。S2008_1030_135443imgp6461

一昨日また、あまりに天気がよかったので、運動不足解消に昭和記念公園を歩いてきました。近くに大きな公園があるというのはいいものです。

この間の新聞(多摩版)に出ていましたが、25周年のこの公園。2005年に「みどりの文化ゾーン」「昭和天皇記念館」ができてから、ますます来場者が増えているそうです。休日などはキャパを超える(あの広い公園のキャパを超えるってどんなんでしょう?)人出があり、駐車場には入れないわ、園内循環バスには乗れないわ、売店やトイレは長蛇の列になるわで大変なのだそうです。S2008_1030_142608imgp6491

また、人が多いため、園内の芝生や木の根元が踏まれて、植物が傷む被害も出ているそうで、そういえば最近は「養生中」ということで立ち入り禁止にして傷みから回復させようとしている場所も増えてきていました。

名物の?黄色いコスモス、前回訪れたときは咲いていなかったけれど、これが見頃になっていました。かわいいでしょう?私はこのはかなげな淡い色が大好きです。ここには最初に開発されたイエローガーデンという品種と、次の、もう少し黄色が鮮明なイエローキャンパスという2種類があるそうですが、ちょっと見には全然わかりません。S2008_1030_142138imgp6482

もともとコスモスには黄色はありません。これは東京都町田市にある玉川大学の農学部で30年以上にわたって研究された末にできたものなのだそうです。品種登録後、まずこの公園に植えられて以来、毎年ここの目玉になっています。

でも、出生の地は町田市なので、町田市ではことし、この花を市内各地に植えて「市の花」としてアピールしているということも、また別の記事にありました。S2008_1030_142000imgp6479

風にゆれているコスモスの可憐な雰囲気が好きですが、この淡い黄色は特にかわいくて好きです。

ことしは「コスモスの丘」や、「みんなの原っぱ」の反対側の花畑とは時期をずらしたのか、こちらは植え付けがとても遅かったようです。直播きではなく、多分夏以降に植え付けたものだと思います。ここは春には一面、ポピーを咲かせているので、1年中大活躍の花畑ですね~。S2008_1030_141811imgp6476

こちらは普通のコスモスより色が濃い品種。クリムソンキャンパスというのと、ディープレッドキャンパスという2種類があったけれど、こちらはクリムソン‥のほう。ちょっと渋い色でしたよ。ディープレッド‥のほうは花びらにビロードのような厚みと光沢がありました。この西側の花畑は黄色いコスモスが主ですが、アクセントにこういう変わった色のものを植えています。S2008_1030_135030imgp6458

一応「見頃」ということですが、まだまだつぼみもたくさんありました。でも、ここのところ朝晩は急に冷え込んできたので、花びらの端が茶色く縮れてしまっているものもありました。11月初旬まで楽しめそうですが、霜が降りたりするとダメになってしまうでしょうね。

ここで1眼レフで写真を撮っていた方が、「もうコスモスの丘はすっかり終わっていたよ」と言っていました。その方は花の裏側から逆光に透ける構図ばかりを狙っていました。私も真似して撮ってみました。私のはコンパクトカメラですけどね。S2008_1030_142239imgp6486

逆光の写真も好きです。何か逆行だと時間が逆に流れていくような、懐かしい感じが思い起こされるというか、そんな心理作用があるように思います。順光で明るく鮮明に写った写真はきれいだけれど、この後ろを振り返ったような効果が何ともいえず好きになりました。ほら、何か遠い昔のお花畑のようじゃありませんか?S2008_1030_135323imgp6460_2

| | コメント (0)

2008年10月11日 (土)

コスモス畑 1週間後

S2008_1009_153214imgp6319 毎日とても運動不足で困っています。スポーツクラブへ通うほどの余分な時間もお金もないし、家でやる仕事のため通勤などで歩いたりしないし、このままではいけないと思いつつそのまま‥‥‥。

この間見に行ったコスモスがまだそんなに咲いてなかったので、一昨日は午後から天気も良くなったので運動がてらそれを見に、また出かけて行きました。S2008_1009_153317imgp6322

1週間前よりはだいぶ咲き進んだ感じですが、まだ5分咲きだそうです。午後になると光線の加減が丘を背に逆光気味になるので、それもまた柔らかい雰囲気が出てきれいでした。

この日は少し自転車で走って、この公園では一番新しい「砂川口」から入ってみました。S2008_1009_153646imgp6328

この入口は15年以上前だと思いますが「多摩ライフ」というイベントの会場になって、仮設のジェットコースターがあったあたりです。あの頃はまだ上の子も小さくて、ベビーカーに乗せて歩いていたころでした。ここからだとサイクリングコースですぐコスモスの丘の裏側に行けるので、コスモス見るにはちょっと便利。S2008_1009_155437imgp6337

それでも中を歩き回るのは徒歩ですから、けっこういい運動になります。暑い時期は私もほとんど外に出なかったけれど、これからは時々出かけてみようかな。せっかくこんなに素敵な「裏庭」があるんですものね~S2008_1009_162539imgp6359

こちらは「みんなの原っぱ」の向かい側、春にポピーが咲いていたところです。黄色いコスモスのはずですが、まだ全然だめでした。見頃情報「準備中~見頃予定10月中旬~下旬」とありましたが、これじゃ下旬でも無理だろう‥‥!

毎年普通のコスモスと同じ時期に咲いていたと思うので、特に遅咲きというわけではないと思いますが、今年は何だか栽培に失敗して、もしかして植えなおした?というくらい生育が遅れていました。S2008_1009_162719imgp6363

それでも一つぐらい咲いてないかな?と思って探したらありました。本当にこれ1輪だけだったと思います。貴重な1輪。

黄色いコスモスは、確か開発されたばかりの時に、まずこの公園に植えられたので、それ以来この公園の名物(?と私は思っているけれど)になっているものです。多分新しい品種として出てから10年以上たっていると思いますが、まだまだその辺には植えられていない珍しいものですよね。今は種も売っていて、私もまいたことがありますが、とても繊細で倒れやすく、雑草に負けてしまいました。こうやって群植する栽培も難しいのかもしれません。

でも、たくさん咲いて細い茎や淡い色の花が風に揺れているのはとてもきれい。まだまだこんな状態ですからそれが見られるのは先のようですが、また運動不足解消のため、がんばって歩きに来たいと思います。

| | コメント (0)

2008年10月 3日 (金)

コスモスの季節

2008_1002_143619imgp6272_2  9月に入ってもけっこうな残暑だったのに、先週末から雨が降ったりして急に11月上旬の寒さ!全くどうなっているのでしょう?それがきのうはすっきりとした秋晴れになり、日中は半袖で過ごせるくらいでした。

毎年9月後半に日高市の「巾着田」に彼岸花を見に行っていて、ことしも同じメンバーで予定していたのだけれど、あいにくの天気だったので取りやめることになりました。正直、彼岸花は毒々しくてそんなに好きじゃないのです。一面に咲いているのはそれなりにきれいだし、珍しいのでみんな行きたがるけど、私としては毎年見に行くほどではなかったので、半分ぐらいほっとしていたりして!?でも、「巾着田」は彼岸花が終わってもコスモス畑があるということで、また来週くらいに行くかもしれません。2008_1002_140110imgp6248

その前に、久々に天気がいいので一人で昭和記念公園に行ってきました。入口まで自転車で5分。もともと裏庭のような近さなのですが、400円払って入る裏庭というのもね~。なので、大体4月の桜とチューリップとポピー、7月の花火大会、10月のコスモス、12月のライトアップと決まったときぐらいしか行かないのですが、それでもたまに行くには広々としていて気持ちのいい「裏庭」です。2008_1002_135232imgp6236

肝心のコスモスはご覧のとおりで、まだまだ早かったです。最盛期はこの丘を遠くから見ると、うっすらとピンク色に見えるのですが、きのうはまだ緑色でしたね。でも、近づいてみると上の写真のように開花が進んでいる株もありました。

去年は忙しくて見に行けなかったのですが、どうだったんだろう?何かちょっと「コスモスの丘」の雰囲気が違っていたんです。前は歩く人が隠れるくらいに背の高いコスモスが植えてあったと思ったのに、なぜか今年は草丈1メートルぐらいのドワーフ種というのか、全部丈の低い品種になっていました。2008_1002_142258imgp6251

確かに丈の高い普通のコスモスは、雨や風で倒れやすくて管理が難しいかもしれません。それにこうやって全体を見渡せるのも丈が低いからですよね。

でもね~。コスモスの良さって、その背の高さにあったのではないかしら。どこまでも青くさわやかな秋空をバックに、すっくと立つコスモス。折れやすく繊細で、優しげでありながら、風に揺れて凛としている姿。この丈の低い品種は花も大きくて花つきもいいようだけれど、そんなコスモスらしい可憐な雰囲気がないのです。2008_1002_133504imgp6222

「みんなの原っぱ」のほうは、さらに丈が低い高さ50センチほどの品種。しかも一面の白花でした。こちらはさらに大輪で、ちょっと見にはコスモスとは思えない。こういった変わった趣向も面白いけれど、やっぱり本来のコスモスの王道をどこか1か所でも残してほしかったような気がします。

花壇の間の道に入ると見る人が隠れてしまうようなコスモスは、もうありませんでした。2008_1002_134558imgp6231

「コスモスの丘」の向かい側には「こもれびの里」というのができていました。春に来たときはまだ整備中だったと思います。この白い花はソバの花。バックにある民家風の休憩所はちょっと立派すぎるけど、ここは多摩の里山の雰囲気を再現したエリアになっていました。ほかにサツマイモの畑もあり、柿や栗の木も植えてありました。水車小屋もあって何だか桃源郷みたいな、とても懐かしい風景がつくられていました。2008_1002_134616imgp6233

稲もたわわに実っていました。といってもこちらは陸稲(おかぼ)。多摩地区(武蔵野台地)では水が豊富でなかったため、水稲よりも陸稲が主だったようです。田んぼは多摩川沿いの低地(河岸段丘の下の段)か、玉川上水によって灌漑された地域だけで、こういう、丘の上の畑に陸稲が実る風景というのがもともとの多摩の風景だったのでしょう。今後整備が進んで、植えた木も大きくなってくると、公園の中でもとてもいいエリアになるような気がします。

この大きな広い公園は、開園後20数年たってもまだ進化を続けているのです。というより、最初は何もなさ過ぎでしたけどね。まだまだ整備されていない場所がたくさん残っているので、これからも順次いろんな場所ができてくると思います。2008_1002_145307imgp6277

「日本庭園」ではお茶をいただきました。お菓子は柿をかたどったもの。こういうものは季節を先取りしていくのでしょうが、きのうの日中の暑さからすると、ちょっと早いのかな?お茶の休憩所のあるところは、渓流を模した庭の中にあり、まだまだ木の葉も緑で、夏の木陰のような感じもありました。

ここも最初は何かとってつけたような感じで(大体もと飛行場、軍事基地に日本庭園をつくるんですから!)植えた苔なども乾燥してめくれあがって、この空っ風吹く関東平野に純日本風の庭園もね~無謀だなと思っていたけれど、10年以上たってみると植栽も定着し、風景もだいぶなじんできました。休憩所や東屋などの建物の、建材や壁土のいかにも日本家屋という匂いが懐かしい。今はこんな匂いのする日本家屋ってなくなってきたよね~。2008_1002_153355imgp6287

最後は銀杏。ことしは豊作のようで、大粒なのがたわわに実っています。あと1週間ぐらいで落ちてくるのではないでしょうか。その時期には朝からビニール袋を持参した人たちがやってきて拾っています。あの匂いは強烈だけど、年に一度のこの時期だけ。あの匂いを嗅ぐと、ああ秋だなあって思うのです。

| | コメント (2)

2008年5月 1日 (木)

ことしもチューリップ

027 「昭和の日」に昭和記念公園に行ってきました。チューリップはもうかなり終わりに近づいていましたが、滑り込みセーフ!という感じでした。067

毎年チューリップの季節に行って写真を撮っていましたが、ことしはもうあまりいい写真が撮れないので、左側の「アルバム」の欄は更新できそうにありません。昨年は違う色同士を混植したり、チューリップの中にヒヤシンスを入れたりと、ちょっと変わった試みをしていたようですが、ことしはそういうのはあまり見られませんでした。というより、私が見に行くのが遅くて、時期をはずしてしまったのかな?021

ここまでの写真で、何か気が付きませんか?そう、チューリップの色が一色じゃないんですよ。斑入りというか、筋入りというか、そういうのが今年は多いような気がしました。

さて、「昭和の日」ですが、もとは昭和天皇の誕生日で、崩御後「みどりの日」となっていたのですよね。それが「昭和の日」に変わっていたなんて、私はつい先日まで全然知りませんでした。025

この日も3週間前に来たときとは全然違う新緑の濃さに驚き、自転車に乗りながら木漏れ日のシャワーを浴びて、「あ~『みどりの日』なんてよくぞ名づけたものだわね~!まさにそのとおり!」なんて独り言を言ったりしていたのです。

ところが‥!何と「みどりの日」は5月4日になっているじゃありませんか!連休の谷間にあった4日を「国民の休日」なんて変な日にしたのもまだ新しいような気がしていたのにね~。008

変わったのは昨年からだったんですね。全然気にとめていませんでした。世情に疎いのか、はたまたボケているのか。だけど、やっぱりこういうのはあまりコロコロ変えないでほしいです。

だって、「みどりの日」に生まれたみどりちゃんがもしいたなら、「みどりの日」が違う日になってしまって泣いていると思いますよ。そうでなくても成人の日や体育の日など、もう1月15日、10月10日とインプットされている日を可動休日(?)にされてしまい、いまだに混乱しているのだから。014

この日は年に数回ある無料開放の日でした。天気がいいこともあり、すごい人出。でも、ここの場所は人が写っていませんよね。実は立ち入り禁止区域になっていました。うちの子どもたちが小さかったときは、よくここで水遊びをしたのですが、チューリップの期間だけなのか、それともずっとなのか、公園には子どもがたくさん遊びに来ているのに、水遊びもできないのはちょっと淋しいです。

051

また定点観測のような写真。

前回の遠景の桜満開の風景と見比べると、季節の変化がわかりますね。緑が色濃くなっています。まばらだったポピーもこのとおり。自然のパワーを感じます。010

こちらは多摩地区特有?の「まいまいず井戸」を再現した場所(地底の井戸)です。大きなこいのぼりが泳いでいました。すり鉢状に深く掘り下げたところに水がたまる原始的な井戸。この日は珍しくたくさん水がありました。いつもは直径2メートルほどのところにちょこっと水がたまっている程度。3週間前はほとんど枯れている状態でした。雨が降るとじわじわと沸いてくるのでしょうか。

ここの螺旋状に降りていく閉鎖された空間が好きで、よく草の上に寝転んだりしていたのですが、鯉のぼり展示中はまん中の部分には入れないようですね。

風はとても爽やかですが、日差しは強くて、日一日と夏に向かっているようでした。

| | コメント (4)

2008年4月 7日 (月)

桜三連発

Imgp4919 昨日はとてもよい天気でしたね。きょうから全国的に天気は下り坂ということで、もう桜も見納めかなと思って、昨日、また昭和記念公園に出かけました。Imgp4909

先週行ったとき、まだ咲いていなかった日本庭園の枝垂桜が見事に満開です。もうこのピンク色がかわいい!よく見るとピンク色にも濃淡があって、とてもきれいです。こういう枝垂桜の風情は、やっぱりこのくらいの広い場所でなければ味わえませんね。日本庭園には大小あわせて5本の枝垂桜があり、みな見事に花をつけていました。Imgp4903

この前訪れた場所はどうなっているかというと、このとおり!もう最後のお花見を楽しむ人でいっぱいでした。散りかけた花びらで地面もうっすらピンク色です。奥の菜の花畑も、一層黄色の色が増した感じがしますし、手前の緑の葉の桜も満開になりました。Imgp4907

前々回、桜の幹だけが黒々と並んだ写真を載せましたが、それと同じ場所です。古木のせいか開花が遅かったようですが、すっかり満開になっていました。木の下もまたブルーのシートが満開ですね~。Imgp4937

こちらは「みんなの原っぱ」の反対側から見た「桜の園」です。こうやってみると本当にすごい人出ですね。手前のポピーも大分咲いてきました。この1週間、とても暖かい日が続いたので、お花もどんどん咲き進んできたのでしょう。Imgp4936

でも、近くで見るとまだまだ地面が見えています。これが5月の連休ごろには、隙間が見えないほど生い茂ってくるのです。あと1ヵ月、ポピーは成長しながら咲き続けるんですね。これも前々回の写真と同じ場所から撮っているので、見比べてみてください。Imgp4941

チューリップも大分咲きました。まだまだ1部ですけど、咲いているところはこのとおり、カメラマンの人だかり。一体何事かと思って近づいて見ると、何てことはない、ただ写真を撮っているだけなのですが。何か面白そうだからついでに同じ写真を撮っておこうっと!と同じ写真を撮る人がいるから、こんな人だかりになるのでしょうが、それを撮っている私もけっこうな野次馬根性です。日中は初夏のような暖かい一日でした。

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

昭和記念公園も春です

Photo ことしは冬が寒かったのに、桜は早くて、先週末にもう東京都内では満開を迎えたというニュースがありました。うちの近所の小学校なども、春休みの誰もいない校庭に桜が爛漫と咲いています。誰も見る人がいなくてとてももったいないですね。この分だと入学式にはもう散ってしまっています。Sakura4

私もうかうかしてたら桜を見そびれるかも‥‥!土日に、ちょっと忙しくて行けなかったので、月曜日(31日)に見に行こうと思ったら、何と朝から雨!それでも午後になって急に晴れたので、大急ぎで昭和記念公園に出かけました。ところが、街中の桜は満開でも、昭和記念公園の中は老木が多いためか、まだ七分咲きといったところでした。Photo_2

「桜の木の下には死体が埋まっている」と書いたのは梶井基次郎でしたっけ。確かそのあとは「なぜって、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか」と続いていました。そんなことを思い出すくらい、立派な老木ほど幹は黒々として不気味です。それが春になると一斉に、驚くほどのエネルギーで枝の先まで満開の花を咲かせてしまう。本当に不思議です。114

雨上がりで風も冷たく、花見をしている人はほとんどいませんでした。多分この前の土日には、ここはブルーシートでいっぱいだったでしょうね。よく思うのですが、あの工事現場みたいなシートは全くいただけません。写真を撮っているとブルーシートばかり写るときがあって、悲しくなります。先日の朝日の一面にも、新宿御苑の上空からの写真がありましたが、もう一面のブルーシート!せめて新宿御苑やここのように入園料を取るようなところでは、ゴザか毛氈といわないまでも、ナチュラルな色のシートを使ってほしいです。084

「みんなの原っぱ」から見た「桜の園」です。まだまだ満開でないというのがよくわかりますよね。手前のポピーがちらほら咲き始めています。確かこれが満開になるのは5月の連休ごろのはずだから、今年は桜以外の花もけっこう早いようです。Sakura3

と思ったら、チューリップももう早いものは咲いています。ブルーのムスカリはもう満開。毎年チューリップのときに行くと、ムスカリはすでに終わりかけているので、もともとチューリップよりは早く咲く花だと思うのですが。078

菜の花も真っ盛り。桜に菜の花という取り合わせは、何だかほのぼのとした雰囲気になりますね。ここだけ里山という感じ。Sakura2

もう一つ、今真っ盛りなのは最初にも出した水仙です。なぜか水仙が咲いているのをじっくり見るのは久しぶりかな~。水仙はさわやかな早春の香りがします。甘い香りでなく、ツンとしたさわやかな香りがする花は、なぜか春になっていち早く咲く花ばかりです。梅、沈丁花、水仙、そしてムスカリ。

昨日、4月1日は、天気はよかったけれど、すごい風でしたね。何と富士山が真冬の頃のようにくっきりと見えました。本当は裾野が広く広がっているのでしょうが、私の住んでいるあたりから見えるのは富士山のほんの頭の部分だけ。それが全部、下まで真っ白でした。周りに見える丹沢山系も、奥多摩の山々も、うっすら雪をかぶっていて、本当に真冬のよう。これってエイプリルフールかしら‥‥??でも、昨日の強風にもまだ桜は散らずに頑張って咲いているようですよ~。昭和記念公園はこれからチューリップ、ポピーと次々に咲いて、忙しい季節になっていきます。074

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

冬の昭和記念公園

Syouwakinenkouen1 ♪~冬の坂道の 落ち葉の丘に~♪

近くにある大きな公園、昭和記念公園ですが、近所でもそんなに頻繁に行くわけではありません。特にことしは夏~秋が忙しかったので、花火大会以降行ってなくて、毎年写真を撮っている「コスモスまつり」も見逃してしまいました。(さすがに子どもが大きくなったので、夏のプールはここ何年もご無沙汰です。)

この時期に、ここを撮りたい、というのがあるのですが、このトンネルから黄色に色づいた銀杏並木を見るのは、もう遅かったですね。031

まだ紅葉が残っていた~!と思って近づいたら、紅葉ではなく木の実でした。青い空にとても映えます。

久しぶりにちょっと時間ができたので、寒いけれど運動がてら自転車で行ってみました。今はちょうど今週いっぱい、夜間のライトアップをしている時期です。毎年行っていたのに、去年子どもを連れて行ったら「寒い、寒い!」と不評だったので、ことしはもう行かないかもしれません。036

入り口から入って一番奥の、日本庭園です。すっかり葉が落ちて、冬の庭になりました。天気がよくてとてもきれいでしたが、寒いのでほとんど人はいませんでした。冬の光は斜めにさしてくるので、とてもまぶしく感じます。042

金沢の兼六園などで見られるような「雪つり」というのかな?この時期いつもやっているのかしら。冬に来ることは少ないので、私は初めて見ました。ぴんと張らないように、少したるませてあるようです。033

秋にコスモスを咲かせていた場所です。今は多分春に咲くポピーの種をまいてあるのだと思います。ビニールのマルチングがしてあります。咲いているところしか見たことがなかったけれど、こんな時期にちゃんと春の準備をしているのですね。035

こちらは「桜の園」です。春になると低く枝をたれた古木が見事満開になります。桜の時期はたくさんの人がこの下にシートを敷いて、お花見をする場所です。冬は訪れる人もまばらで、じっと春を待っているよう。050

いつの間にか秋を通り越して、すっかり冬になってしまいました。今年も残すところあとわずか、1年が過ぎるのは早いですね~。

ぽっかり空いた冬の休日、せっかく訪れたのに寒いので足早に通り過ぎてしまいました。

| | コメント (2)