バレエ大好き2010後半

2010年12月24日 (金)

レニングラード国立バレエ「ロミオとジュリエット」(12月9日)

いよいよまたバレエの季節‥‥冬がやってきました。昨年はマリインスキー、一昨年はボリショイがやってきて楽しませてもらいましたが、ことしはどちらもきません。でも、レニングラード国立バレエはいつも通りやってきました。もう冬の風物詩のようになっていますが、何と今回で来日30周年なのだとか。すごいですね。

ことしは芸術監督も変わったし、中身のダンサーもまたさらに変わったようで、今までの「マールイ」が好きだった方はだんだん変わっていくバレエ団がちょっと心配のような‥‥もしかしたら来年から来てくれないかも‥‥なんてことも考えちゃいますが、ともあれこの冬も見れてよかったです。また、今回の来日公演はルジマトフが3演目も踊るので、ファンとしては本当にうれしいです。

う2週間もたってしまいましたが、最初の東京公演、新版の「ロミオとジュリエット」を見てきました。以前も「ロミジュリ」を持ってきたことがあったけれど、あの時は情けないことにほとんど覚えてないのです。ジュリエットはハビブリナだったけれど、ロミオが誰だったか記憶にないくらい。面白くなかったんでしょうか?今回もヴィノグラードフ振り付けということで、少し覚悟していたんですよね。だって、映像に残っているキーロフの悪趣味な「コッペリア」‥‥あれはヴィノグラードフ振付なので、押して知るべしみたいな気がして

前もってチケットを買っていたのは大好きなヤパーロワの出演日のほうで、初日のペレン&コリパエフも見たかったのだけれど、やはり忙しくてだめでした。でも、見てみたらなかなか面白くて、2日間とも見ればよかったとちょっと後悔してしまいました。

バレエの「ロミオとジュリエット」というと、まず浮かぶのはロイヤル・バレエがやっているマクミラン版や、パリ・オペラ座のDVDが出ているヌレエフ版。ほかに見たことがあるのはクランコ版、ノイマイヤー版など。 原作はシェイクスピアだし、舞台はイタリアだし、どうしてもヨーロッパのものという印象がありますが、実はこのお話をバレエ化したのはもともとロシアが最初だったんですよね。

3月に、ニーナが踊ったラブロフスキー改訂版というのを見たけれど、あれがバレエになった最初の「ロミジュリ」に近いものでしょうか? 見慣れた西側の、お芝居の要素が強いものと比べるとやたらと舞踊的な表現が多くて、最初はちょっと戸惑いました。そういう意味ではこのレニ国の新版「ロミオとジュリエット」はそれ以上に、お芝居というよりは舞踊。逆に無駄なお芝居などは一切なく、街の人々の騒ぎや喧嘩沙汰までもうすべてが舞踊で表現されていて、多分演劇的な要素の多い「ロミジュリ」をバレエの「ロミジュリ」だと思っている人には、ラブロフスキー版以上にものすごい違和感だったと思います。

≪第1幕≫
最初、何とギターのソロで「アルハンブラの思い出」が聞こえてきたときは「え、何?」と思ってしまいましたが、そのまま幕が開いたときの驚き!前面に柱の並んだ回廊があり、そこに静止したままのたくさんの人々。まるで絵画のような、その色彩の重厚さに思わず息をのみました。静止した人々の中でジュリエットが動き出し、そして離れたところでロミオも動き出す。二人は動かない大人たちの間をいたずらっぽく縫うように行ったり来たりますが、まだお互いを見ることもなく、気付きもせずに‥‥まるでそこだけに光と風が当たっているような不思議な光景が、ギターの奏でる郷愁たっぷりのメロディとあいまって、どこかはかなげでせつない感情を呼び起こすような。そのあと、いきなりプロコフィエフの、最初にあのヴェローナ大公が登場するときの不協和音が響き、そこから人々が動き始める。そんな強烈なインパクトのある幕開けでした。

まず目につくのは舞台セット。前面の回廊が上に引かれ、舞台は3段になった回廊に囲まれています。赤褐色の回廊は古く重厚な感じで、これが街の広場になったり屋敷の中になったり、はたまたジュリエットの家の中庭になったりするのです。最初の広場の場面はバックに大きなつくりかけの騎馬の像。そして同じセットながらロレンス神父の教会の場面では、バックに丸いステンドグラス。最後の墓地の場面では何とクレーターまで描かれた大きな満月。墓地は地下じゃなかったっけ?なんて突っ込みもあるけれど、それぞれとても印象的でした。

次にびっくりなのは衣装。う~ん、全くイタリアには見えないな。というか、主役二人以外はみんな重そうな、まるで鎧みたいな、中世?ドイツ?いや、全く国籍不明なんですよ。むしろSFチックというか、戦隊もののアニメかゲームみたいな、見ようによっては笑っちゃうくらい劇画調のすごい衣装&かぶりものの数々でした。

最初は街の広場でのシーン。そのガチガチの衣装で皆さん踊る踊る!男性群舞の迫力とスピードには驚きました。剣を使った戦いシーンも全部舞踊になっていて、息をもつかせぬ勢いで踊りまくります。無駄なお芝居などはないので、ただただ対立する両家の状況を踊りで表しているのですが、最後は巨大な剣を持った両家の当主?まで現れて、鬼の金棒のように振り回す始末。

それが終るともうすぐにロミオとその友人たちが思い思いの仮面をつけて、楽しそうにキャピュレット家の舞踏会へ‥‥(ロザラインが出てこないので)一体何のために敵方に行く気になったのでしょう?

舞踏会の場面も、やはり男も女も鎧のような重たそうな衣装で、しゃちこばったような踊りを踊っています。その中で、白い薄物の衣装で軽やかに動き回るジュリエットの存在はまるで異質という感じすらしました。そうなんです!ジュリエット役のヤパーロワのかわいかったことハート達(複数ハート) 先シーズン、彼女の愛らしさに魅せられて断然ファンになりました。ジュリエットはぴったりな役と思っていたけれど、期待にたがわずよかったです。演技力もあるし、踊りもしなやか。またかわいいだけじゃなくて、知的でちょっとシャープな雰囲気も持っているんですよね。今、私がレニ国で一番好きなバレリーナです。

ロミオはモロゾフ。ここ数年随分オジサン入ってきちゃったなあ~(はえぎわも)と思っていたのですが、なかなかいい味出していました。ロミオも何かすごくピュアで、この堅苦しい世界にあっては唯一ジュリエットと同じ、自由な魂を持っている。だから、二人が出会うなり恋におちるというのがとても納得がいく感じがしました。そう、豪華なゴテゴテの衣装や重苦しい舞台美術の中で、軽く柔らかな衣装の二人が無垢な魂のままのように戯れるのが、最初から美しく哀しかった。そういう意味では、この過剰に装飾的な世界づくりは成功しているように思われました。

さて、一番の感動シーンであるバルコニーの場面ですが、舞踏会の場面から一旦前面に最初の回廊が降りてきて、そこは屋敷の外という設定。客人が帰ったあとそのセットが上がると、今度は奥にまた同じ3段になった回廊があり、キャピュレット邸の中庭というスピーディーな場面転換になっていました。しかし、この回廊、バルコニーにしては高すぎるし、階段もないんだけれど‥‥と少々心配になりました。

やがて、ジュリエットがバルコニーに出てきて、バックの星を眺めているところにロミオが。そのあとロミオに気付いたジュリエットは中庭に降りていくのだけれど、階段がないので一旦引っ込みます。その間ロミオが一人で踊っているのだけれど、これが少々長くて、ちょっと~!早くしないと曲が半分終っちゃうじゃない!と心配したほど。案の定、肝心の二人の踊りは2分の1カットという感じで‥‥。

私などはここが一番泣けるシーンなのに、なぜかあまり心に響くものがなかったのはどうしてでしょう?やはりリフトの多い振付になっていましたが、少々ぎこちない気がしないでもない感じでした。最後はジュリエットがバルコニーに戻り、ロミオは舞台前方に出てきてジュリエットとの思いが通じた歓びをかみしめて幕。

≪第2幕≫
余計なお芝居がなくスピーディーな展開ではありますが、幕が開いたらいきなりロレンス神父のもとでの秘密の結婚式の場面でした。その前の、ジュリエットの乳母がロミオに手紙を届けるドタバタなシーンが全部カットというのは、とても大胆ですっきりしています。(すっきりしすぎ?)ロレンス神父は往年のプリンシパルのミャスニコフ‥‥私は映像でしか知りませんが、かなり昔の映像(エスメラルダ)でも生え際がヤバい感じでしたが、もはやそのまんまで「ロレンス神父」でしたね その存在感はさすがでした。

バルコニーの場面で二人が踊るシーンが少なかった分、ここで思いきり幸せな二人の踊りが入っていました。ちょっと子供っぽい感じもしましたが、無邪気で有頂天なところが出ていてよかったです。その直後にどん底に落とされるというのが何とも悲しい。二人がやたら走り回るのも、若さと疾走感にあふれていて素敵でした。

そのあと街に出ると、街の人々の間にいつか二人はまぎれてしまいます。そして間髪を入れずティボルトとマキューシオの戦いがあり、マキューシオの死、そしてティボルト殺害と続いていきます。

マキューシオ役のアルジャエフという人は知らなかったけれど、ロミオよりかわいいじゃん ただ、見せ場の死ぬところで、なぜか道化の仮面をかぶるのです。あれじゃ表情が見えなくて芝居の面白さ半減ではなかったかな?

それと、この版には「生」と「死」という二つの役があって、配役表にも書いてあるのですが、これが全く印象にない。両方とも女性でしたが、特に「生」のほうは今となってはどんなだったか??「死」のほうは、まるでショッカーの手下(初期の仮面ライダーの)みたいな、黒の全身タイツに骸骨が書かれている恥ずかしいいでたち。それが剣を持って、それをティボルトやマキューシオに渡していたような‥‥。

ティボルト役のオマールがすごくかっこよくてびっくりでした。「バヤデルカ」でインドの踊りを踊っていたのは知っていたけれど、あの激しい踊りを踊る人らしく、とてもシャープで切れのいい踊りでした。ヴィジュアルも完璧で、アニメか何かのダークヒーローそのもの。私はちょっと変な人で、ロミオよりティボルト萌えすることが多くて‥‥例えばパリ・オペラ座の映像のジュド様とかハート達(複数ハート)‥‥だからティボルトが全くの悪人顔だったりするとがっかりなのですが、そういう意味ではティボルトが素敵なので楽しませてもらいました。バレエの「ドラゴン・クエスト」の「黒の勇者」みたいに、やっぱり「悪」もかっこよくなくちゃいけませんよね。

ティボルトが死んだあと、キャピュレット夫人がオーバーに嘆くというお約束は同じでした。そのあと、一旦幕は閉まるものの休憩はなしでスピーディに場面はジュリエットの寝室へ。この場面、他の版ではいきなり二人のベッドシーンから始まって面食らうことが多いのですが、ここはそうではなく、ジュリエットが一人で悩んでいます。結婚したばかりなのに、当のロミオが殺人犯となってしまったのですから。ロミオは追放‥これからどうなるのだろうという不安。

ロミオが現れても、いとこを殺してしまった彼を素直に受け入れられません。それは当然のことですよね。その辺がほかの版と違って納得できました。ジュリエットの「家」にとっては仇となってしまったロミオ。でもロミオが好き。悲しみのうちのつかの間の二人の時間。そして別れ。

そしてまた、展開がスピーディですから、そのあとすぐに両親がパリスを連れてやってきます。後継ぎであるティボルトが殺されてしまったので、ジュリエットの婿取りをいそがなくてはならなくなったのです。パリスは長身のシェミウノフ。小柄なヤパーロワと並ぶとまるで巨人!それが、笑っちゃうくらいエレガントで心優しいパリスで、ジュリエットが全く彼にそっけないのがお気の毒なほど。なぜか周りと全然そぐわない衣装で(確か青!)一人浮きまくっているのですが、彼もまたかわいそうな人でしたね。ただ、墓場でロミオに殺されないから、それはよかったかな

とにかくヤパーロワちゃんのかわいいこと。一瞬一瞬がもう大好きハート達(複数ハート) なのに踏んだり蹴ったりな大悲劇!彼女は何も悪いことはしていない。敵対する家の息子と知らずにロミオを好きになっちゃった、ただそれだけです。それなのにそのロミオはいとこを殺しちゃうし、二人は別れ別れになっちゃうしで本当にかわいそう。パリスと無理やり結婚させようとするキャピュレットはまるで鬼!抵抗するジュリエットにすごい剣幕で家庭内暴力級のひどい仕打ち!「やめて~」と言いたいくらいかわいそうでした(泣けるところが違うだろう?)

彼女は運命にもいじめられ続けます。信頼するロレンス神父に泣きつくと、騙されて変な薬を盛られるし(爆)ロミオとの連絡もいい加減で結局はすれ違い。(もしかしてロレンスが一番悪いんじゃないだろうか?)ロレンスは1幕最初の両家の争いの場面でも確か出てきたのです。端のほうで様子を見ていて、この街の状況を何とかしなければと深く考えていた様子でした。それが、ち~とも思慮深くなくて、結局ジュリエットは実験台にされちゃったのよ これでもかというくらいいじめられ続けるジュリエット。(「おしん」か~という突っ込み)

ジュリエットは意を決して薬を飲み、すぐに墓場の場面へ。そこへ駆けつけるロミオもまた全力疾走で、ジュリエットの死を嘆く間もなく、あっという間に自殺してしまいます。そして目覚めるジュリエットの生命の息づきが、わかっていても哀しい。

とにかく2部構成で、かなり時間的にも短くて、無駄なところがなく(潔く大幅カット)サクサク進んで、内容的にはかなりあっさりなんだけれど、あの圧倒的迫力の重厚なセットとゴテゴテ、ガチガチの衣装、そして群舞のパワフルな踊りでもう十分という感じです。そして、そんな中にやはり白一色の薄物の衣装をまとった二人のピュアで柔らかな存在が際立ちました。それが最後までこの暗く硬く重い世界に溶け込むことができず、生きる場所すら見つけられなかったという、その対比がまたせつない。そういう意味では、このマンガチックなまでに大仰な舞台づくりも素晴らしかったと言えるのではないでしょうか。

最後、二人が死んだあとに両家の人々が現れて、「和解」とまではいかないけれどお互いにこの悲劇を嘆き合うと、再び前面の回廊が降りてきて、最初のシーンに戻ったかのように絵画の中に納まって幕、というところがよくできていました。最初のシーンと何も変わることがないように見えるけれど、その中に若い二人はもういない。でも、人々の心の中は多分何かが変わっているだろう‥‥そう思わせるような終わり方でした。

突込みどころはあったし、マクミラン版などを見慣れている人にはかなりの違和感だったと思うけれど、私はよかったと思います。これだけ大掛かりな舞台セットを持ってきて2回しか上演しないのはもったいないと思いました。そうそう、私はあまり音楽のことはわからないのですが、オケもとてもよかったです。プロコフィエフの複雑に絡み合うような音楽も楽しむことができました。毎年専属のオーケストラを連れての公演はやはり贅沢な気がしますね。金管と打楽器が特に迫力がありました。

さて、来週はもうルジマトフ・オン・ステージが開幕ですね~!最初が「ジゼル」というのがドキドキです。楽しみ~これから来月半ばまで、しばらくルジさまの世界に酔いしれたいと思います。そのためにも、これから忙しい年末の主婦のお仕事、頑張らなくっちゃ!

| | コメント (2)

2010年11月21日 (日)

Kバレエ「白鳥の湖」(10月31日マチネ)

せっかく見たのだから、時間がたってしまっても一言感想を書こうと思っていたのですが、公演のプログラムは買っていなかったし(だって高いんだもの)チラシとか、当日渡された配役表などもどこかにまぎれてしまってう~ん、どうしよう!またまた覚えていることだけの「覚書」になりそうです。

Kバレエの「白鳥の湖」を見るのは今回が初めてでしたが、随所にいろんなこだわりが見えて面白かったです。オデットとオディールを違う人が踊ると聞いていましたが、何年か前から一人の人が踊るようになったみたいです。この日のオデット、オディールは英ロイヤル・バレエのロベルタ・マルケス。前に怪我降板のコジョカルの代役で「眠り」を見たことがあったけれど、コジョカルと同じくらい小柄でかわいかったんですよね。その時の印象は、脚が太い‥‥筋肉ムキムキ?といった感じだったけれど、今回はほとんど気になりませんでした。

王子は初めて見た浅田良和さんという人でした。入団2年目で、王子は初役だったとか。有望な若手を思いきって抜擢するところが、ほかの日本のバレエ団と違っていいところだと思います。スタイルはいいし、そこそこイケメンだし、身体能力もかなりなレベルのようだし、踊りもすごくシャープで美しかったです。ただ「王子の友人」の橋本さんや、あとでカーテンコールに出てきた芸監よりも背が低かった‥‥バレリーナの平均身長がどんどん上がっている現在では、それだけはちょっとマイナス要素でしょう。ロベルタ・マルケスがいつも来てくれるならいいですが。

覚えている限りの内容です。まずブルメイステル版のようなプロローグが付いていました。オデットが背後から近づいてきた悪魔に取り込まれ、白鳥に変えられてしまうところが序曲とともに演じられます。

1幕では、道化は出てこないで、かわりに「王子の友人」ベンノというのが出てきて、派手に踊りまくります。これが橋本直樹さん。やはり見るのは初めてだったと思うけれどひょうきんな雰囲気で、踊りもよかったです。家庭教師も踊る、踊る!マリインスキーとかで道化がぐるぐる回る曲のところは、この家庭教師がちょっと民舞の入ったようなおどけた(でも結構激しい)踊りを踊り、最後に投げてもらった本を見事にキャッチしてポーズ!で決まりました。

王子の友人たちはなぜかカッパのお皿のような帽子?をかぶっていてそれがちょっと不思議だったかな。王子は最初は機嫌よく笑ったり踊ったりしているのだけれど、王妃が来て結婚云々と言った途端、急に憂鬱な表情になっちゃう変化が唐突で、一体何があったんだ?という感じでした(笑)

1幕2場の湖畔のシーンでは、確かロイヤル・バレエがそうだったと思うけれど、先に狩に出ていた王子の友達が大勢でやってきて、白鳥を見つけて弓で射ようとするのを王子が制止するシーンが入っていました。それがあまりに至近距離でコワイよね~あれじゃ

その前にオデットとの出会いのシーンがありましたね。王子を見つけたオデットの怖がり方が半端じゃなかった。そんなにガタガタと嫌がらなくてもいいのに。対する王子も、オデットをつかまえようとジュテで飛びかかっていくような勢い。逃げるオデットの先に廻り込むところで3回も飛ぶのは初めて見た気がしましたが、そんなところに王子の若さがリアルに感じられました。そう、浅田さんは等身大の、本当に明日成人の日を迎える王子という感じでよかったです。あと、ロシアのバレエ団はあまりやらないと思うけれど、オデットが白鳥に変えられてしまったいきさつを細かくマイムで語っていましたね。

オデットはチュチュでしたが、白鳥たちはスカートが長めで、白鳥の羽のようにボワボワっとした衣装で、あれはあれでよかったと思います。長いスカートで「四羽の白鳥」を踊ると、全然違って見えるんだなと思ったりしました。

ロベルタ・マルケスですが、可憐だけれど、王女としての威厳とか、ロシアのバレリーナに見られるようなゆったりとした優雅さというものがなく、演技力はあるようだけれどバタバタとせわしなく見えてしまうようなところが でも、ああいうかわいいオデットもありかな?と思ったりして。前に見たロシアの某バレリーナは、アダージョで一度も王子と目を合わせなかったのにとても違和感を感じたけれど(よほど相手役が嫌いだったのか?)マルケスはアイコンタクトもしっかりあって、王子を好きになったんだなというのがしっかりわかって、その感情も伝わってきました。

湖畔のシーンはオーソドックスでしたが、2幕はかなり工夫が見られました。一方でちょっとあれっ?と思うところも。花嫁候補6名が二組に分かれて踊る理由ってあります?最初の3人がひとしきり踊ると、もう一度ファンファーレが鳴って、次の3人が同じ曲を踊る。あそこで流れが中断された感じでした。それも特徴のある王女たちならわかるんだけれど、衣装がみんなシンデレラのような、色もさえない紫?グレーの切りっぱなしの衣装で、あれが花嫁候補だったら王子が目もくれないのは当然だななんて思ったりして。

王子がこの人たちに興味はないという態度を示すと、一度王子の気分を変えようと民族舞踊が始まる。それも確かナポリとマズルカだけで、チャルダッシュはなかったような?時間がたっているので記憶がさだかでなく、いい加減なことを書いちゃいけませんが、普通はロットバルトとオディールが登場してびっくりさせた後、スペインの踊りが始まりますよね。スペインはロットバルトの手下なのか?はたまたそれに続く民族舞踊の人たちも?‥‥普通「白鳥の湖」を見るとそんな感じですが、ブルメイステル版などでははっきり、ロットバルトが全部の民族舞踊の人たちをひきつれて、大挙して王子一人を騙そうと押し寄せるんですよね。その迫力はすごいのですが、今度は逆に宮廷が人員不足で寂しくなってしまう。そこで、ロットバルトの手下はスペインだけだよということを印象付けようとしてるのかな?

ブルメイステル版のいいとこどりはたくさん見られました。スペインの踊りの中に入ってオディールが見え隠れし、ロットバルトのマントの影からオディールが現れたりするところなどはやはりゾクゾクしました。マルケスのオディールはキュートで、外見は悪そうに見えないけれど、やっぱり一物ありそうな演技ははっきりやっていました。かわいい顔に似合わずちょっとやりすぎ?と思うくらい。演技派の人なのでしょうか。それと、バランスが得意なようで、支えなしで長い間アラベスクでバランスを保ち続けているのが驚異的でした。

黒鳥のアダージョは普通の音楽だったけれど、王子とオディールのヴァリエーションはそれぞれブルメイステル版で踊られる曲。そうそう、この時の浅田くんが笑顔満開でちょっとキュンときました初役でこれだけ観客にアピールできたら十分ですね。空中で手足がよく伸び、つま先まできれいでした。コーダもブルメイステル版で使われているもの。この曲はとても盛り上がって好きです。グランフェッテは珍しい左廻りでした。

あと、ロットバルトの衣装が、普通このときは紳士然としてなきゃいけないと思うのだけれど、あれじゃ誰が見ても怪しい奴でバレバレじゃない?というような面白かったのは、踊り終えて有頂天な王子に、ロットバルトが「娘と結婚したければ誓うんだな」というところで家庭教師が飛んできて、「王子様お待ちください!こいつらめっちゃ怪しいですよ!冷静に、冷静に!お気をつけくださいませあせあせ(飛び散る汗)」と必死で止めるのですよ。言われなくたって見りゃわかりますけどね。確かブルメイステル版では道化が同じように止めていましたが、こんな細かいところが一つ一つ凝っていました。

3幕。ブルメイステル版ではオデットと王子の絶望の踊りの場面に使われる、私の好きな曲が序曲にされちゃっていました。王子は間違いを悟り、オデットを探しに来ますが、オデットは灰色の鳥たちに囲まれてぐったりと‥‥よく黒鳥が混じっている版がありますが、あれはロットバルトの手下なの?よくわからないけれど、ここではグレーと白の2種類がいました。ロットバルトのキャシディさんはへそ出しルックで頑張っていましたね。最後、王子がやられそうになって、どうにも悪魔には勝てないと悟ったオデットが意を決して湖に身を投げてしまいます。それを追って王子も‥‥。あっけにとられるくらいの潔さでした。

中央の岩山が崩れてロットバルトは滅び、夜が明けて、紗幕のむこうには人間の姿に戻った(でもあれはあの世でしょうね‥‥)オデットと王子が光の中で手を取り合うところで幕。ドラマチックでよく出来た構成でした。

この日は珍しくお友達4人で行きました。いつもは一人のことが多いけれど、みんなで見に行くのもまたああでもない、こうでもないと話ができて楽しかったです。また誘ってくださいね~

| | コメント (0)

2010年11月12日 (金)

ボリショイ&マリインスキー合同ガラ(10月24日Bプロ)

Img_0002 オーストラリア・バレエの「くるみ割り人形」を見て、やっぱり全幕っていいなあ~と思ったばかりなのに、ガラもまた楽しかったです。ボリショイとマリインスキーのプリンシパル級の人ばかりが出演するガラはさすがに見ごたえがあり、バレエフェスみたいな感じで楽しめました。まあチケットの値段もバレエフェス並みに高かったのだけれど、得体のしれない演目も入っていたりするバレエフェスよりは、ロシアの二つの名門バレエ団のレパートリー、クラシック満載の充実したプログラムがよかったです。

3年前にもボリショイとマリインスキーの若手スターを並べた公演があり、テレビ放送もされましたが、あのときはこれよりもっと豪華キャストでしたね。華やかで美しかったけれど、その頃の私はバレエの中に深い表現を見たいと思っていた時期だったので、テクニックばかり達者な人を何人並べても、心に訴えるものがないとな~というような感想でした。今回もどうかなと思ったけれど、いやいや、ここのところの疲れが吹っ飛ぶような爽快感。華麗なテクニックはそれだけで人を酔わせるものだと改めて思いました。

参加人数は少なくても、前回は一組1演目ずつだったけれど、今回は基本2演目踊ってくれたので、前回以上に「見た」という気になりました。時間は長かったけれど、少しも長いと感じなくて、むしろあっという間でしたね。前回はいちいち幕を閉めて1演目ずつカーテンコールをやっていましたが、今回は幕を閉めずにサクサクと進んでいたせいもあると思います。

それから始めと終わりのバックに「Boloshoi Theater」とか「Mariinsky Theater」とか、ダンサーの所属を表す映像が入るのでわかりやすいといえばわかりやすい。余計な小道具やセットはなしで、バックもスクリーンに映し出された映像のみというシンプルさ。そういう点もスピード感があって、長く感じなかった理由かもしれませんが、もちろん中身が面白かったからというのが一番大きいですよね。

時間がたって忘れてしまったことも多いけれど、とりあえずの覚書。というより、久々に言いたい放題ですので‥‥先に謝っておきます。ごめんなさい!

≪第1部≫
「フローラの目覚め」よりパ・ド・カトル
エフゲーニヤ・オブラスツォーワ、アリーナ・ソーモワ

ナターリヤ・オーシポワ、スヴェトラーナ・ルンキナ
最初に白いチュチュのソーモワが登場し、ゆったりしたテンポの曲で踊ります。そして後ろの左右で眠っていたオフラスツォーワとオシポワをおこし、やがて中央のルンキナも目覚めます。「目覚め」とはいうけれど、うっとりと夢のような一場面でした。

こうやって両劇場のプリマを並べてみると本当に個性がはっきりしていますね。ソーモワは容姿も美しく、信じられないほど手足が長く恵まれた体型。そしてオブラスツォーワは小柄ですごく可愛らしい。オシポワはといえば、とんでもなく身体能力に優れているのがすぐわかるばねの強さ。あんなに高くジャンプしても足音がしないのはオシポワだけです。(だけど容姿でかなわないのは一目瞭然)逆にオシポワの安定しきったテクニックから見ると、ソーモワは相変わらずバタバタして見えて、オブラスツォーワは危なっかしく見えてしまいます。(事実またこの人がコケるのを見てしまいました一体何回目?)

しかし、そんなことを全く超越したルンキナの清楚な存在感。いずれ劣らぬ名門劇場のプリマたちですが、格の違いも見えてしまったようで面白かったです。

「ライモンダ」よりパ・ド・ドゥ
アンナ・ニクリーナ&ミハイル・ロブーヒン

白いマントをなびかせたロブーヒン‥‥こういうイメージじゃなかったからちょっとびっくり!でもなかなか似合っていました。ニクリーナは初めて見ましたが、ライモンダのパ・ド・ドゥで、あんなに眉を寄せて苦しそうな表情をしているのは初めて見たような。確か3幕のヴァリエーションで、ザハロワはそんな表情をしていたと思いますが、こちらは確か2幕の夢の場面なのに。

「タンゴ」
ヴィクトリア・テリョーシキナ&アレクサンドル・セルゲーエフ

上半身は黒の柄ニットのシースルーで、腰にピラピラが付いているハイレグのレオタードに網タイツというセクシーな衣装で、ピンヒールの靴を履いたテリョーシキナ。長いストレートの黒髪をなびかせて‥‥これはあまりにもはまりすぎでしょう。セルゲーエフは初めて見ましたが、若いんだか若くないんだかわからない人です‥‥若いのにオジサン臭いのか?若づくりのおじさんなのか?前者だとは思うけれど、テリョーシキナといい、セルゲーエフといい、すんごいヴィジュアル‥で、なかなかカッコいい踊りでした。

「Fragments of Biography」より
ガリーナ・ステパネンコ&アンドレイ・メルクーリエフ

最初、タンゴっぽい音楽で白シャツに黒のパンツと黒のベストで登場したメルクリエフを見たときは(思わず「ジュリ~!」?)前の続き?のような感じでしたが、白いロングドレスで現れたステパネンコとその踊りを見ると社交ダンス?みたいで全く別物でしたね。正直あまり面白くなかったです。

「ロミオとジュリエット」よりパ・ド・ドゥ
アリーナ・ソーモワ&ウラジーミル・シクリャローフ

ことし2月にニーナ・アナニアシヴィリが踊ったのと同じラヴロフスキー版の「ロミオとジュリエット」でした。ソーモワは、以前は軸が定まらずブレまくりで何でこんな子踊らせるんだ?という感じだったけれど、すっきりしてきたと思います。またガチガチのクラシックでなくてこういう踊りだからというのもあるでしょうね。とにかく二人ともヴィジュアルがいいのです。どっちかというと
「ロミオとジュリエット」というよりも「グリース」とか(私も古いね~ついこの間テレビで60過ぎたオリビア・ニュートン・ジョンを見たから)そういうヤンキー?な匂いもするけれど 美しい二人が踊るパ・ド・ドゥは、たとえ力任せの「えいやっ」という感じでも、それがリアルな若さに感じられ、その後の物語の展開も浮かんできてちょっとうるっとしてしまいました。この二人の「ロミジュリ」で感動する日がくるとは思いませんでした

ラブロフスキー版の、二人が手をつないで向こうを向いて静かに歩いていくところがいいですね。きょう出会ったばかりでまだ何も知らない二人。あるのはお互いの胸の高鳴りだけ。その前には広大な未来が広がっているはずなのに‥‥表現というよりも、まずそういうシチュエーションに泣かされてしまうのかもしれません。

一方で、夏の「エトワール・ガラ」で見たオブラスツォーワ&ガニオのマクミラン版の「ロミジュリ」は、大好きなバレリーナの踊るジュリエットに、パリオペきってのイケメンのロミオだったのに、なぜかホロリともこなかったんですよ。ちらちら見える胸毛にゲンナリして(爆)現実に引き戻されてしまったからか?‥‥特に「表現力」というものでなくても、容姿とか雰囲気でも、とにかく夢物語の中に引き込む力というのが舞台には必要なんだなと思います。

≪第2部≫
「ゼンツァーノの花祭り」よりパ・ド・ドゥ
エフゲーニヤ・オブラスツォーワ&レオニード・サラファーノフ

オブラスツォーワがかわいい~サラファーノフはブルノンヴィル特有の目にもとまらぬ足さばきが素晴らしかったです。これだけきっちりブレずにこなせる人はなかなかいないのでは。ジャンプも高くかろやかで、助走なしで垂直に飛び上がっていきなり180度開脚、なんていうのも今では普通にみんなやるけれど、そのときの脚が伸びやかですごくきれいです。多分に体操選手的ではあるけれど、素晴らしい身体能力に見惚れてしまいました。

余計なことだけど、サラファーノフが幼く見えるのは顔が小さいからだと、はたと思いました。オブラスツォーワと並んでもさらに顔が小さい。だけど頭は大きいから、顔のパーツが下半分に集まってる感じなんですよ今はいいけど将来が‥‥なんてとんでもなく余計なお世話ですね。

この二人にはとても合っている演目でした。最初の二人のちょっとしたお芝居も初々しく、微笑ましかったです。

「パ・ド・ドゥ」
ナターリヤ・オーシポワ&イワン・ワシーリエフ

かなり変な、見たこともないリフトを多用したアクロバティックなパ・ド・ドゥ。でも大変そうな割に面白くないのは優雅さがないからかな。女性を肩から背中、反対側の肩と移動?して1回転させたり、180度開脚した片足を持って棒のように振り上げたり、やってることはすごいんだけれど、何でそんな妙ちくりんな動きが必要なの?というような‥‥古い時代(60年代)の振付のようなので、多分に実験的な要素もある作品だったのでしょう。それでもこのアスリートなみの身体能力を持つペアなら朝飯前にできてしまって、さらにコミカルな味まで付けてしまうというところがすごいです。

「パピヨン」よりパ・ド・ドゥ
アリーナ・ソーモワ&ウラジーミル・シクリャローフ

超美形カップルの2演目目でしたが、あまり印象に残っていません。ソーモワは最初の遅いテンポの音楽のときはよかったけれど、速い動きになったとたんに機械人形のようにカクカクしてしまうのはなぜ?思うに、ゆっくりなときは長い手足を優雅に使えるけれど、動きが速くなるとその宝を逆に持て余してしまうみたいです。

プログラムによると「ラ・シルフィード」の初演者で、「パ・ド・カトル」にも名前の残るマリー・タリオーニの振付を、70年代にピエール・ラコットがパリ・オペラ座で復活上演したものとのこと。特有の優雅さ、たおやかさがもう少し感じられたらよかったと思うのですが。しかし、今思い出すとシクリャローフ君は顔がかわいかったことしか覚えてないのです

「グラン・パ・クラシック」
スヴェトラーナ・ルンキナ&アレクサンドル・ヴォルチコフ

あれえ~?演目が違うでしょってくらい、意外なとりあわせ。だってこの演目、クラシックバレエの厳格で硬質なライン、高度なテクニック、ゴージャスな雰囲気を見せる踊りでしょう?たおやかで線の細い、いかにも「妖精」という感じのルンキナには合ってないような気がしたのですが。でも、また違った優雅さが感じられてよかったです。
ヴォルチコフは落ち着いたおじさんっぽい外見だけれど、味のある大人のダンサー。踊りはきれいでした。

「ロシアの踊り」
ウリヤーナ・ロパートキナ

民族衣装にブーツ、手にはハンカチを持って「白鳥の湖」のルースカヤの曲で踊る演目。何か、ロパートキナがこういうキャラクターものを踊るのは意外な感じでしたが、もう存在感だけで「はは~っ」と拝みたくなるような威厳があり、長い手足をきれいに使ったしなやかさもあり、そしてどこかしらかわいらしさもあり、複雑な味わいのある一曲になっていました。

「海賊」よりパ・ド・ドゥ
アンナ・ニクリーナ&ミハイル・ロブーヒン

どんなに自分を戒めても、この音楽が聞こえた瞬間にそのうるわしいお姿が浮かんでしまうルジマトフのファンにとって、もうこの演目は封印したほうがいいくらいのものなのですが、よく見る機会がありますよね~なんたって人気演目ですから。近いところでは今夏のイシュクの「ニコニコアリ」でしたが‥‥そのほかここ何年かの間に見たのは、ディアゴ・ソアレス、ホセ・カレーニョ、そしてこのロブーヒンと‥‥マッチョばっかりです。(マッチョ自体は好きですが)

奴隷=マッチョという発想はわかりますが、短絡的だよねえ。奴隷だから粗野でいいわけではなく、そこに「俺様の女」でも「ご主人様」でもない「ご主人様の大切なひと」であるメドーラへのせつない思いや、全幕の物語を彷彿させるロマンがなくてはならないと思うのです。ロブーヒンは、踊りはすごいけれどルジさまのようなしなやかな美しさは望むべくもなく‥‥あれは既に伝説になってしまったんですね。別物と思うしかないようです。金髪の奴隷というのも、胸毛のロミオと同じぐらい何じゃこりゃ?ですが、別物と思えばなかなかよいロブーヒンのアリ。力強いテクニックを堪能しました。

ニクリーナはかわいいけれど、つややかで、どっしりと落ち着いた感じで、若いのに既に大御所感があって‥‥なぜでしょうね?初めて見たけれど、本当に私のカンが当たって大御所になってくれたらすごいなあ(意味不明)

≪第3部≫
「パリの炎」よりパ・ド・ドゥ
ナターリヤ・オーシポワ&イワン・ワシーリエフ

ああもう、スタイルが悪かろうが何だろうがワシーリエフ君がやっぱり好きだ~ハート達(複数ハート)

何か、彼には無条件に人を楽しませてくれるものがありますね。これ見よがしにすごいテクニックを披露するのに、ちっとも頑張ってます!風なところがなく、さらっとやってしまうように見えるところがすごい。フィギュアスケートで、すごいけれど、成功するかわからない危なっかしいジャンプを見るのと違って、余裕で次々に繰り出されるすご技を「どうだ!」と見せつけられるこの上ない爽快感。圧倒的なカッコよさ 大好きです!

オシポワちゃんも、あの美男美女ばかりの中では容姿的に見劣りしてしまうけれど、何といっても、誰が見てもテクニックではピカイチ。ジャンプも高~い!この二人の「パリの炎」は、多分何回か見ているけど、もう笑っちゃうぐらいすごくて、事実笑いも出ていました。すごすぎて笑うしかないのよ。もしかして、ワシーリエフはザンレールで3回転した?氷の上ならともかく、陸では不可能だそうですが、まさか?と疑うくらいスピードも高さも滞空時間もすごかったです。

もうこのクラスになるとこちらの動体視力もついていかないんですよね。本当に3回転してるのかも。オシポワもダブル?トリプル?もう何だかわからないぐらい超スピードで回り続け会場は興奮のるつぼでした。これほど観客を沸かせるダンサーは、彼らと去年見たコレーラ・バレエのペアぐらいですね。も~、楽しかったです。

「ジゼル」よりパ・ド・ドゥ
エフゲーニヤ・オフラスツォーワ&アレクサンドル・セルゲーエフ

さんざん盛り上がったあとにいきなり「ジゼル」とは、気持ちの落差が大きいです。だけどそういう観客を一瞬にして静謐な世界に引き込んでしまうオブラスツォーワのジゼルがよかった。ウイリーになっても愛らしく、優しく包み込むようで、コジョカルのジゼル以上に人間っぽいぬくもりを感じました。

セルゲーエフは、この男性出演者の中では王子様的な雰囲気をもっているほうだと思いますが(だってほかはマッチョにモンチッチに労働者に怪物?だもの)ヴァリエーションを何であんなに元気よく踊らなきゃいけないんでしょう

「プルースト~失われた時を求めて」よりデュエット
スベトラーナ・ルンキナ&アレクサンドル・ヴォルチコフ

プティ振付のこの場面は、夏の「エトワール・ガラ」でもとても印象的だったものの一つです。部屋に監禁状態の恋人‥‥眠っている女はどんな夢を見ているのだろう?その夢の中まで独占したいと思う男。

ルンキナがまるで人形のようでびっくり。アンニュイな感じというか、そういうのも通り越しているような。夏に見たアバニャートは伏目がちにしていてもキュートで、夢見るように微笑んでいたけれど、黒髪で細身のルンキナは、どこか遠い世界に心を置いてきてしまったようで、それはそれでまた違った凄みがありました。どんなに男が支配的でも、心の中までは覗けない。夢で自由になるしかない囚われの女の哀しさと、力で自由にしようとしても、そうならない男のいらだちやせつなさ、屈折した愛の形が伝わり、短いけれど独特な世界をつくっていて秀逸でした。

「ファニー・パ・ド・ドゥ」(ザ・クラン・パ・ド・ドゥ)
ウリヤーナ・ロパートキナ&イーゴリ・コールプ

去年のマリインスキー・ガラでも見たけれど、ロパートキナの無駄遣い‥‥コールプだってもっともっと個性を発揮できる演目があるだろうに。いや、これは演目としてはとても面白いものですが、踊る人を選ぶのです。並のダンサーが踊っても全然しまらない。普段最高に優雅で気品のあるプリマだけが踊ることができるものですが、ロパートキナはこれを踊るにはあまりにも生真面目なのよ。

去年はそう思いましたが、今回は笑えるところもありました。何かがふっきれたロパ様?コールプの突っ込みもトッププリマに対しての遠慮がなくなって冴えわたっていました。それにしても、せっかくの魔人コールプ様はなぜかこの1演目だけ。もっと違う演目で拝みたかったです。。

「ドン・キホーテ」よりパ・ド・ドゥ
ガリーナ・ステパネンコ&アンドレイ・メルクーリエフ

ステパネンコは一体いくつなの?ものすごい体力です。全然ぶれません。身体のキレも柔軟性も、ベテランということを全く意識させません。そしてお茶目で姐御肌な陽性オーラは健在。いつだったか私がまだバレエを見始めの頃、ウヴァーロフと踊った「ドン・キホーテ」をテレビで放送しました。あのときの年下バジルのウヴァーロフはもういいおじちゃんになっているのに、全然変わらないステパネンコ。驚異です。

一方、さわやかなイケメンだったはずのメルクリエフが‥‥今でも一見カッコいいけれど、顔をオペラグラスでよくよく見ると、メイクのせいだとは思うけれど、落ちくぼんだ目の周りが真っ黒で、コールプよりもさらに恐ろしい怪物顔になっていましたげっそり決してオペラグラスで見てはいけません

メルクリエフはボリショイではエスパーダを踊ることが多いのでしょう?そのとおり粋でモテモテ系なバジルになっていました。ワシーリエフやサラファーノフと比べてしまうとちょっともっさりした感じもしないでもないけれど、大人の色気が感じられてよかったです。(ひどいメイクは別として)

「白鳥の湖」より黒鳥のパ・ド・ドゥ
ヴィクトリア・テリョーシキナ&レオニード・サラファーノフ

すっごく似合う!‥‥と思っていたテリョーシキナの黒鳥ですが、何か違うんですよ。意外に面白くなかったのはなぜでしょう?

思うにテリョーシキナという人は、一見濃厚で色っぽく見えるけれど、根はさっぱりとしてクールな人なんじゃないでしょうか?ねっとりじっとりというか、手練手管というか、そういう相手役とのかけひきの演技が拍子抜けするほどあっさりだったので、黒鳥としては何だかね~。前に見たヴィシニョーワのように、いかにも「悪魔の娘」という極端な演技もどうかと思ったけれど。もちろん目力が強くてきりっとしていて、ヴィジュアルは黒鳥にぴったりなのですが。やはり王子役が坊や顔のサラファーノフでは、クールなテリョーシキナとしては誘惑する気にもならなかったのかたらーっ(汗)‥‥なんてことはないか

というわけで久しぶりにめちゃくちゃ書いてしまいましたが、こんなでたらめなたわことが勝手に口を突いて出てくるくらい面白かったのです。とはいえ、バレエとしては一流の人たちが踊るわけですから、当然見応えがありました。ワシーリエフみたいに「笑っちゃう」ほどではないけれど、サラファーノフも、ロブーヒンも、皆さんさすがにテクニックは抜群。胸のすくような踊りというのはこういうことかと思います。

その前に見たオーストラリア・バレエの、全幕物としての物語の素晴らしさや、特におばあちゃんクララの素敵な演技は、物語を通じてさまざまな思いが伝わってきて、心にしみるいい舞台でした。でも一方で、それとは全く逆のこういう美の競演みたいな舞台も楽しいな~。これだから舞台鑑賞はやめられないです。

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

オーストラリア・バレエ「くるみ割り人形」(10月16日)

久々にドラマチックなバレエを堪能しました。普通の「くるみ割り人形」ではなく、ちょっと変わった設定だということは聞いていたけれど、これがすご~く感動的でした。Img_0001

主人公はロシア出身で、バレエリュスの時代を経てオーストラリアに渡っていった一人のバレリーナ。彼女の生涯にはロシア革命、第二次大戦という激動の時代背景が色濃く影を落としています。ロシアに生まれ、バレエリュスで世界中を回り、最後にオーストラリアにたどり着くという運命の変遷を、チャイコフスキーの聞きなれた「くるみ割り人形」の音楽に乗って綴っていく大人のファンタジーといった感じでとっても素敵でした。これが随所で泣かせるんですよ。1幕はもう途中から号泣。2幕は大丈夫と思ったら、最後の最後でまた泣かされてしまいました。私も結構単純な人かしら。久々にバレエで綴る物語の世界に感動しました。やっぱり全幕バレエはいいなあ~。

オーストリラリア・バレエは3年前に来たときに、一風変わったマーフィー版の「白鳥の湖」が評判よかったんですよね。そのときはほかにもいろんな公演が重なってしまって見ることができませんでしたが、いつかまた機会があったら見たいと思っていました。それが割と早くやってきたというのに、またいろいろ忙しい時期で残念‥‥と思っていたら、その「白鳥」」はだめだったけれど、同じマーフィー版の「くるみ」のほうは何とか行くことができてよかったです。

≪第1幕≫
オーストラリアではクリスマスは真夏。子どもたちがいつまでも外で遊んでいるような夏の夕べ。元バレリーナのおばあちゃんが買いもの袋を下げて帰ってきます。抱えて来た小さなクリスマスツリーをテーブルに乗せ、そこに昔のアクセサリーや、バレエ学校のときにもらったメダルなどを飾り、一人ラジオのスイッチを入れると、聞こえてきたのは「くるみ割り人形」のプレリュード。外ではまだ子どもたちの声がしています。

そこへ昔の仲間たちが訪ねてきます。ダンサーをを引退したという感じのおじいちゃん、おばあちゃんたちですが、皆おしゃれでかわいくて、陽気に乾杯したり踊ったり楽しそうでした。プレゼントの包みを開けると、それは何とくるみ割り人形‥‥そう、彼女こそ「クララ」だったのです。

そんな楽しいパーティの最中、突然2階の寝室の窓が開いて、夏なのになぜか粉雪が‥‥私は思わず「お迎えが来た?」なんて思っちゃいました。 (休憩時間に一緒に行った友人と「まさかね~」なんて話していたのですが‥‥実はそのとおりの結末でしたね。)

主治医もやってきます。若いお医者さまの登場に、ほかのおばあちゃんたちがにわかに色めいてくるところが面白い。この主治医は後から出てくるクララの昔の恋人と同じダンサーが演じているのです。だから、私は息子かな?と思ったのだけれど、違うみたいでしたね。でも、とっても親密なところがまるで息子のよう。それに、クリスマスプレゼント?として持ってきたのが、映写機とクララの若い頃のフィルムなんです。すぐにシーツを広げて上映会が始まります。

白黒のダンサーたちの映像‥‥それはまさに彼らが一番輝いていたころ。ひとしきり懐かしそうに見つめる人々。クララは昔を思い出してうれしくて踊り出しますが、はしゃぎすぎて気分が悪くなったのか、主治医は彼女を休ませ、客たちは一人一人名残を惜しんで帰っていく。それが何だか最後の別れみたいで、ちょっとじ~んときてしまいました。

夜中にクララが目を覚ますと‥‥主治医はベッドの脇に座ったまま眠っています。寝付けないまま階下に降りていくと、なぜか巨大マトリューシュカが。中から少女のころのクララが現れます。また窓が開き、そこここから軍隊みたいなコートを着た巨大ネズミが入ってきて幼いクララがさらわれてしまう(?)クララは夢の中に入っていたのでした。

前後関係は定かではないのですが、突然光の中にかつての恋人の将校が立っていました。(いよいよお迎えが?)クララは思わぬ再会に喜びますが、彼もまたすぐに巨大ネズミたちにつかまって撃たれてしまいます!そう、彼女の恋人はロシア革命のときに戦死していたのでした。クララは必死でネズミたちに立ち向かいますが、たまらずに自分のベッドに逃げ込んで‥‥そして、主治医が異変に気が付いて目覚めると、何とクララは昔の、若かった頃の姿に戻っていたのでした。

あの、くるみ割り人形が王子様に変わるときの感動的な音楽とともに、若い日のクララはそばにいた老クララの主治医を見つめます。メガネをとって、服を脱がせる?と‥‥彼は恋人の将校に変わっていたのです。ここでど~っと涙が‥

それまでの熟年の方たちの踊りも楽しかったけれど、もしかして1幕はずっとこんなので終わっちゃうの?と少々不安だったのですが、ちゃんと美しい踊りのシーンも用意されていましたね。王子に変身したくるみ割り人形とクララが踊る曲で、しばし幸せなパ・ド・ドゥが続きます。それから、いつしか二人は雪の世界へ。

雪のシーンは純白の雪の精たちの踊りでしたが、基本クラシックバレエではあるけれど多分に斬新な振りも入っていて‥‥白い綿帽子のようなものをかぶっているのですが、これが官軍の参謀(鏡獅子の短い版?)みたいな感じで、集団で毛振りのウエーブをつくるような振りもあって面白かったです。コールドはそれほど揃ってはいませんでした。でも、それでいいのかな‥‥と思うような難しい振付だったような気がします。

「雪」の途中から、子どもたち‥‥これは先ほど遊んでいた子どもたちではなく、冬のコートを着たロシアの子どもたちが現れて一緒に遊び始めます。ロシアの冬の街頭のような人たちも現れ、それがみんな同じように白っぽく色が抜けたようで、懐かしい幻影か何かのように行き来するのです。そして、その中にいつの間にか幼いクララと、若いクララ、そして老クララが一緒になって無心に雪と戯れていて、何だかそれを見たらまたうるうるしてきちゃいました。だめなんです、こういうの。そんなに泣かせないでくださいよって感じでした。

1幕の最後に、クララの母と思われる婦人が現れ、幼いクララにトウシューズをプレゼントします。そして中央に女神さま?のような人が現れて、これからバレリーナになる(?)クララを祝福するのでした。

≪第2幕≫
2幕はクララの子ども時代から始まります。ロシアの帝室バレエ学校での厳しいレッスン。子どもたちは一生懸命レッスンしていますが、先生は鞭のような長い棒を持っていて、それで床をピシピシとたたいたりする怖~い先生。幼いクララはそこで練習を重ねて成長します。レッスンシーンの途中から、正面の鏡が開いて次々に成長した生徒たちと入れ替わるところなど、転換がうまいなあ~。そして、お稽古場に審査員?達が入ってきて、テストが始まります。そこで見事なフェッテを披露して、クララは星のメダルをもらい、バレエ団の団員に選ばれたのでした。これが1幕の最初にクリスマスツリーに飾ったメダルだったんですね。

そんな厳しい学校生活の中でも、クララには楽しい思い出がありました。紗幕のむこうで演じられるピクニックのシーン。「キャンディボンボン」の曲に乗って将校たちと、クララとその友達のバレリーナの楽しい踊りが繰り広げられます。この後半の「葦笛の踊り」でのパ・ド・ドゥは、昨年のバレエフェスのときに上演されたものでしたね。アクロバティックな振付が続くけれど、そのとおり身も心も飛んでいきそうな解放感あふれるパ・ド・ドゥでした。やがて雷が鳴って、雨が降ってきて、二人はあわてて片付けて去っていきます。あとに残された食べ物を、貧しい農民の親子が走ってきて拾う‥‥という暗い時代背景?も描写されていました。

そんな貧しい人々をよそに、宮廷では豪華な衣装をまとった貴族たちが皇帝、皇后とともに現れ、花のワルツを踊ります。これも回想シーンだから背景は黒バックに花の絵が描かれただけのシンプルなもの。皇帝がクララに目を留め、皇后がそれを牽制するなんて一場面もあったようでした。踊りの後半は貴族たちと入れ替わって、いつしか鮮やかなオレンジのチュチュを着た真っ赤なアフロヘアのダンサーたちが入ってきます。なぜ帝政ロシア時代にアフロヘア??と思ったけれど、これは夢の中のことなので、その後のバレエ・リュスっぽい感じが入っているのでしょうか?

ひとしきりワルツが終わると、今度は皇帝陛下の御前でプリマとしてパ・ド・ドゥ(2幕アダージョ)を披露するクララ。相手のダンサーはプログラムにも「『くるみ割り人形』王子」としか書いていませんが。これも難しいリフトを多用した華やかな踊りでした。まさにこのときが彼女の人生の中で一番華々しい瞬間だったことでしょう。皇帝と反対側のボックスシートでは恋人の将校が見ていて、終わったあとに花束を投げる。夢のようなシーンでした。

終演後の舞台裏。楽屋にはパトロンたちが贈り物を持ってやってきますが、クララはひととおりの笑顔でやりすごします。そのあと、待っていた恋人の将校が現れるのでした。でも、グラン・パのコーダの曲でのパ・ド・ドゥのあと、彼は戦場へ行ってしまいます。「トレパック」の曲で元気に戦うけれど、最後はやはり撃たれてしまう‥‥2度も悲しいシーンを見せられる観客

泣き崩れるクララのもとへ、彼の写真を胸に抱いた老クララがやってきて、彼女を助け起こし、彼の写真を渡します。さあ、立ちあがって。まだまだあなたの人生は続くのよ‥‥紗幕に辛い革命や戦争の記録映像などが写り込んだ後、汽車や汽船の映像が流れ、彼女がバレエ・リュスの一員として新たな旅を始めたことを暗示していました。

次は世界を旅するバレエ団一行の様子なのか、「スペインの踊り」の曲で街角で踊るジプシーたちなど、ディベルティスマンの曲でいろんな世界が現れます。「アラビアの踊り」で、つながれて鞭で打たれている奴隷たちを船の上から眺める団員たち。笑って見下ろしているのが何だか違和感でしたが。そしてスモークの中から黙々と太極拳をする人々の集団が現れたのも不気味でした。「中国の踊り」の曲でクララが人力車でその中を通っていくだけなんですよね‥?オーストラリアの港に着くと、何の曲かわからないけれど陽気な水兵さんの踊り。それから船から降りてくるバレエ団員たちを、取材のカメラマンたちが取り巻く。ここは台詞も入って何だか映画の1シーンのようでした。

これらの旅のシーンの中で、クララを初めバレエ団の女性たちはまるで流行のモードを身にまとうファッションモデルのよう。衣装が短い間にとっかえひっかえで、どれもとても素敵でした。最初のおばあちゃんたちの夏服もお洒落だったし、ピクニックのときの衣装もとてもかわいく、旅の服装もうっとりするほど素敵だったのに、なぜか劇中劇のバレエシーンの衣装はとんでもなくゴテゴテして悪趣味なんですよねこれはバレエ・リュスの斬新な気風をイメージしてのことなのかな?「花のワルツ」もそうだったけれど、皇帝陛下に披露した踊りのときも、すごく豪華な衣装なのだけれど、特に男性の衣装が(ちょっと民族衣装っぽい)黒地に金糸の刺繍のあるショートパンツに、下は黒の柄タイツという‥まあすごいものでした。そして最後のクライマックスの衣装もまた‥‥。

オーストラリアに腰を据えたクララ一行は、オーストラリアで華やかな公演を続けます。「くるみ割り人形」の最後の曲で、華やかな舞台シーンが繰り広げられるのですが、これがなぜか向こう側が客席になっていて、ダンサーたちは後ろ向きでフォーメーションをつくったり、ルベランスをしたりします。華やかな踊りのあと、正面の客席からは花が投げ込まれる。その花を一つ一つ拾うクララ。そして幕が閉まったあと、静かにこちらを向くと、何と老クララが花束を抱えチュチュを着て立っていたのです。

月日は流れ、舞台に生きた彼女も引退の時を迎え、充実したバレリーナとしての人生を振り返って、満足の笑みを浮かべています。そこへ、もとのベッドが現れる。そこでは少女のクララと若いクララが手招きをしている。老クララは静かに歩みよって、そっとその体を横たえると、2人のクララも静かに寄り添うように横たわっていくのでした。傍らで眠っていた主治医が眠りから覚めてクララの手を取ると、すでにクララの脈はなく‥‥彼はそのまま立ち尽くすしかありませんでした。

‥‥という、激動の時代と世界をまたにかけた壮大な物語だったんですね。何か、一つ一つの踊りがどうというよりは、物語そのものに感動してしまいました。それから「くるみ割り人形」の曲がとてもドラマチックに使われているのにも感動。革命があったり、恋人が殺されたり、とても辛い話なのだけれど、最後に自分の人生を振り返って、充実感とともに終われたのが何よりのハッピーエンドだったのでしょうね。マトリューシュカを一つずつ開けていくように、幼いクララ、若いクララ、そして老クララとつながる人生のどのシーンも美しく、そしていとおしい。こんな素敵な物語を見ることができて幸せでした。

老クララを演じたマリリン・ジョーンズが特に素晴らしかった。1幕のおふざけで踊るシーンも、ちょっとした動きがエレガントで、さすが元プリマという雰囲気がありました。つま先がとてもきれいなのです。そしてびっくりしたけれど、最後のチュチュ姿もちっとも違和感なかったほど美しいスタイルを保っていてびっくり。彼女がとてもチャーミングなので、全体の物語が、悲しいところも希望をもって見ることができた気がします。

若いクララ役のレイチェル・ローリンズは、華奢な感じの美人で踊りも端正でした。将校のケヴィン・ジャクソンは、今となってはほとんど印象に残ってない(ごめん)のだけれど‥‥。子役たちは東京バレエ学校の子どもたち。子役まで連れてくるわけにはいかないからこれは仕方ないのかもしれないけれど、やっぱりちょっと違和感がありました。上手な子たちだったし、少女クララを演じた子も、踊りだけでなく演技もとてもうまかったのだけれど、少し見る側には想像力がいりました‥‥一方、お年寄りたちは、若いダンサーが老け役をするのではない、本物の熟年の方たちというのが素晴らしかったです。皆さんとてもエレガントでいい味を出していました。この方たちは宮廷のシーンでも活躍していましたね。

ディベルティスマンはとってつけたようではなく、旅のシーンとして挿入したというのが物語として自然でよかったと思いますが、見るほうはやっぱりちゃんとした踊りを見たかったかな。そんなこんなはありますが、とにかく感動の舞台でした。多分細部まで凝っているので、何度でも見てみたいと思いました。

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

COLD SLEEP

Img_0001_7 ‥‥という一風変わった公演を見てきました。我が愛する()ルジマトフと、ヴァイオリニストの川井郁子さんとのコラボレーション公演です。日頃ルジマトフのファンと公言しながら「‥‥という公演を見てきました」なんて、ずいぶんじゃない?と自分でも思いますが、今、ちょっと疲れ気味なんです。いろんなことがあって忙しくて、実は5日間あったこの公演も、最終日しか見てなかったのです

ファンなら当然、全部見たかったよね~。新しい試みに、新しい曲、そして岩田守弘さんによる新しい振付。その新しいづくしの公演の5日間で、劇的な変化を見せてくれたであろう、その過程こそが「彼」の真骨頂なのに、それを見ずして何のファンかと‥‥。でも正直、もっと見たかったという気持ちはあったけれど、一応見届けたからこれでいいやと思う気持ちも半分ありました。

最終日、カメラが入っていましたね。テレビ?じゃないかもしれないけど、川井さんの公演DVDとしてでも、いずれこの舞台が残るのなら、最終日は記念すべき名演として世に伝えられるのだろうと思います。(ミーハーファンの私にしてはずいぶんさめた言い方?)

だって~!最初からこの公演、怪しかったのよ。それで、私は5日間見られるのはうれしいけれど、待てよと思ったわけです。それでとりあえず最終日のチケットしか買っていなかった。あとで様子を見てまた買い足せばいいやと。でも結果的に忙しい時期と重なってしまって、そうはいきませんでした。3年前に「彼」に陥落して大ファンになったとき、可能な限りすべての公演を見る!なんて誓ったのに、まあ、こんなときもありますね。

出演者はルジマトフと川井さんだけ。ヴァイオリニスト1人とダンサー1人で一体何をやるの?そしてそして、このチラシを見てもわかるけど、「はじまりのおわり、おわりのはじまり、永遠の眠り…」って一体何?「誰も体験したことのない幻想世界!」って??

最初からちょっと不安ではありましたが、この公演HPに「ストーリー」が出た時点でさらに不安になりました。まるで安物のアニメかゲームのような陳腐な(ごめんなさい)設定で、頼みますよ、そんな珍妙な作品に世界のルジマトフを出さないでくださいって思ったくらい。

でもまあ、見てみれば、ルジマトフの奇跡のような美しさに圧倒されっぱなしの公演でした。

≪第1部≫
何もない真っ暗な空間にひし形の階段状の壇があり、白いロングドレスの女が舞台奥から階段を上って現れる。そしてそこに斜めにガラスの煙突のような角柱が降りてきて、壇上に突き刺さるように立つ。女が白く裾を引く長い袖の、その腕に持ったヴァイオリンの弓でまっすぐに天を刺す。そして物語が始まっていく。

川井さんの演奏する曲はほとんどオリジナル曲で、プログラムを見ると、この公演のための新曲も3曲ありました。今流行りのヒーリング・ミュージックのような聴きやすい音楽で、ほとんどがバックにほかの楽器やシンセサイザーの音(録音)が入っています。私は普段あまり演奏会などには行かないし、ヴァイオリンのソロ演奏を生で聴くのはこれが多分初めて?だったと思うけれど、こうやって見るとヴァイオリンってもろにナルシスティックな楽器だったんですね。また川井さんという人も美人で、伏し目がちで、演奏の中に浸りきって反り気味の姿勢になったり、演奏に従って身体を動かすたびウエットな色香を振りまくタイプの女性のようで、演奏家でありながらアイドル的な人気?があるのがよくわかりました。

やがて、壇上に身体を丸めて倒れている男が現れる。男は女の呼びかけによって目覚めるが、まだ自身が何者であるかもわからない。そして女を「発見」し、恋に落ちる。

ルジマトフは白い腰巻き一枚。これが中途半端で、ふんどしじゃないし、ぼろ布のようならまだいいけど変にきっちり四角で何か変‥‥いっそのこと裸(パンツ一丁)のほうがよっぽどいいというのは、彼のファンなら誰しも思うでしょうね。まあ、川井さんの音楽を聴きに来た人にはそれじゃ刺激が強すぎるかもしれませんけど そして、髪は明るい色に染めていました。オールバックの長髪はライオンのよう。そしてまた何てきれいな身体!一体どんなふうに鍛錬したらあんなに美しい筋肉がつくのか、若いダンサーでもここまで見事に均整がとれて美しい身体というのは見たことがありません。

一見十字架から降ろされたキリストのような外見。目覚めたばかりのピュアな存在。そしてちょっと孤独感を帯びて、何となくベジャールの「アダージェット」を彷彿させるような振り付けが美しい。そして、女を「発見」したときから、その柔軟で優美だけれど弱々しかった動きに力がみなぎってくるような‥‥二人の絡みのシーンもあって、リフトしたり抱き上げたり。ダンサーでない人をリフトするのって、大変ではないかしらん?川井さんも器用に、物語の中に浸って、寝そべったり斜めになったりの姿勢のままヴァイオリンを弾いていました。

ところが二人の思いが頂点に達するかと思ったとき(ファンの「やめて~」という悲鳴が聞こえるかというときに?)突然雷鳴がとどろき、男は雷に打たれて倒れてしまうのでした。

女は悲しみに暮れ、そうしてまた「眠り」に入る。

この「眠り」というのが、プログラムによると「地球は一度死滅した。だが“女”は種の保存のためにその直前にコールド・スリープに入り、再び人間がやり直せる時代をひたすら待った。そしてある日、女はコールド・スリープから目覚める」という、そういう壮大な「眠り」なのだそうです。

そのあと、パーカッションの高田みどりさんが鈴のたくさんついた弓を高く掲げて登場し、倒れている川井さんにそれを渡すと、川井さんは鈴のついた弓で演奏を始めます。細かな音に鈴が細かなリズムを刻んで面白い。この高田さん率いるパーカッションの人たちは、ほかに和太鼓の男性が二人いて、演奏しながら少しずつ物語の世界にも関わってくるのが面白かったです。

≪第2部≫
時が過ぎ、再び目覚めのときが来たが、そこでは男が支配者として強大な力を持ち、君臨していた。男は女をも支配ようとする。女はその本能で、自然の摂理をも凌駕しようとする男に対して、今度は鬼神となって対峙することになる。やがて男が天の裁きによって敗れると、斜めに突き立った塔が開き、中から一挺のヴァイオリンが現れる。

和太鼓の力強いリズムとともに現れたルジマトフは、赤い元結で髪を「阿修羅」のときのように高々と結い上げていました。衣装は上半身裸で、確か2年目の「阿修羅」のときのような赤のロングパンツ姿。勢いよく登場して、壇の真ん中に剣を突き立てたときは、思わず「はあっ~」っと見惚れてしまいましたよ!(ミーハーです

同じ岩田さんの振付なので、ここは「阿修羅外伝」のような感じでした。この部分だけ独立してガラなんかで踊っても超カッコいいのではないでしょうか。張り詰めたような緊張感を持って“王者”のオーラを放ちながら、触れれば切れそうな鋭利な刃物のように一寸もぶれないシャープな動き。完璧な身体のラインからほとばしり出るエネルギッシュな踊りは、これぞルジマトフ!というべきもので、圧倒されました。振り付けはクラシックの域から出ていない感じだけれど、もうそれがいい!こんな場面で入れ過ぎ?というような華麗なジャンプや回転技も入っていて、大サービスでしたね。堪能しました。

対する川井さんは真っ赤なロングドレス。それが、ボディのところは黒革っぽくて、スカートは脇のところが開いたシースルー。その下は黒の膝上までのロングブーツに、黒のミニスカートという、う~ん‥ないで立ち。知的で清純派なイメージだと思ったけれど、これ、せいいっぱいの「戦闘」姿かしら。川井さんはヴァイオリンを弾きながら剣を振るう「男」に立ち向かい、たたみかけるような細かなフレーズで音符のマシンガンを浴びせていく‥‥。

パーカッションの男性二人も首から大きな太鼓を下げてこの戦いに参戦しています。立ち廻り?のシーンがちょっとショボくて、すぐやられちゃうのよね。男は、配下の者が動かなくなったのを知るや、敗北を悟りその剣で自害して果てる‥‥!!!

え~っ?な展開でした。しかし、ここで倒れながらも上げた彼の手が描くラインが美しくて、「海賊」の冒頭で、嵐で沈みそうな船からアリが手を振っているのが見える‥‥あのシーンを思い出してしまいました。あのアリの手だけでも美しかったよねえ~ルジマトフという人は。もうアリはやらないだろうな~なんて、こんなところで感無量になっていたのでした。

暗転、そしてエピローグ‥‥というより、これはやはり「COLD SLEEP」という物語からは切り離して考えるべきものだと思うけれど。今年からルジマトフがガラなどで踊っているホセ・リモン振り付けの「シャコンヌ」という作品が最後にありました。プログラムには何も書いてないので、知らずに見る人はこれも同じ作品の一部かと思うかもしれないけれど、それにしては全く異質で、とってつけたようでした。

これはバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」中の1曲で、ことし6月にルジマトフが踊ったものがYou Tubeにも上がっていますが、本当に映像を見てもわかるとおり、上から下まで黒服、黒一色のバックの、あまり見せ場のない地味~~な作品です。途中早い動きもあるけれど、全体的には淡々として抑制を効かせた踊りが続く作品。これはメチャメチャ踊る人を選ぶでしょう。下手なダンサーが踊れば何の面白みもないロボット体操のようになってしまいそう。今どきの、もっと体のきく若いダンサーの誰が踊ったとしても、全然つまらない作品じゃないかしら。そんな作品に命を吹き込み、端正でストイックな中にも、そこにいろいろな人生の喜怒哀楽が押し籠められて、醸し出されて、何かの拍子に、ほんの身体を傾けた瞬間なんかに、芳醇な色香となって迸り出てしまうような、重み、深みのあるものになっていました。

演奏するには相当な難曲のようで、川井さんは終始楽譜首っ引きでした。もう少しアイコンタクトなどもあれば物語としての一体感もあったと思うのだけれど、あれではまったく一奏者になってしまっていて、あそこは全くルジマトフの独壇場でした。素晴らしかったです。今回ヴァイオリニストとの共演ということで、わざわざ「シャコンヌ」を日本に持ってきて披露してくれた、そのことにただただ感謝‥しかありません。

というわけでこの公演も、全体的にはきれいで、ルジマトフのファンとしては踊るルジマトフを堪能できてよかったです。カーテン(ないけど)コールでも、まだ「シャコンヌ」の世界から抜けきれていないルジマトフ。最初は表情が険しかったけれど、だんだん素が戻ってきました。この人のこういうところが大好きなんだよね~。そして、いつものちょっとはにかんだような笑顔がこぼれ、と~っても素敵でした。ルベランスで片手を上げたときの、そのポール・ド・ブラの美しさに思わず歓声がわきあがるようなダンサーを、私は他に知りません‥‥現在47歳。彼の存在自体が奇跡‥‥なんて毎度のことながら思ってしまうのです。

物語としてはかなり突込みどころもあったし、何となく不完全燃焼気味なところもあったのだけれど、ルジマトフの美しさですべて帳消しでしたね。やっぱり1回だけでなく、もっと見たかったけれど、いかんせん最終日。5日連続の公演は盛大な拍手とスタンディング・オベーションで終わったのでした。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

東京バレエ団「ジゼル」(9月8日)

相変わらずすご~く前のことですが、大好きなコジョカルの「ジゼル」を見ました。Img

東京バレエ団の「ジゼル」は、ず~っと以前、マラーホフとジュリー・ケントで見たことがありました。それから、4年前にコジョカルとルグリがゲストで踊った舞台をテレビで見ました。今回はコジョカルとコボー。9月に入って何かと忙しかったけれど、やっぱり好きなダンサーの舞台はぜひとも見なくちゃと思って見てきました。

感想といっても時間がたち過ぎているので、思いついたことだけ雑談風に。

≪第1幕≫
コボーのアルブレヒト。従者の榎本弾さんのほうが背が高くてすらりとしているってどうよ、とまず一緒に行った友人が激しく突っ込んでいましたっけ この従者(ウイルフリード)は主人をたしなめる役だと思うのですが、若そうでそれも何だかねえ。小屋を用意してそこにマントや剣を隠して、このお忍びに加担しているくせに、ジゼルの家の戸をノックしようとすると必死になって止めるというのは辻褄合わないよね、なんて突っ込み始めるときりがないのでやめておきます(笑)

ジゼルが登場すると、その場の空気がもう、かわいらしいコジョカルの雰囲気一色になってしまいました。身体が弱いのに踊りたくてしょうがない。そしてアルブレヒトが好きでしょうがない。最初は思いっきりためらっているけれど、踊るうちにだんだんとアルブレヒトの情熱を受け入れていく‥‥そんな幸せいっぱいな感じが伝わってきます。

私は実はコボー好きなのですが、それを言うとたいていの人は???と思うでしょう。だってルジさまとあまりにタイプが違うんだもの。(笑)あとで友人いわく、踊りはさすがだけれど、顔やスタイルはいまいちで、何でジゼルがアルブレヒトを好きになるのかわからん(!)とか、王子より従者やヒラリオンのほうがいいくらいなのは初めて見たとか、もうボロクソでしたが私はコボーが好きなので、それなりに楽しく見ることができました。しかし、彼は東京バレエ団の中でも違和感なく溶け込んで、村人といっても全然ばれそうにないですよねえ。友人のご贔屓のマラーホフなどは明らかに村人じゃないだろうって感じですが。外見はともあれ、コボーで好きなのは、彼の内面の優しさや誠実さが伝わってくるような自然な演技なんですよ。

マラーホフが、指先一つの風情まで優雅で緻密で、まったり、こってりの上方和事なら、恐らくその対極をいく「自然体」なんですよね。ルジマトフの触れば切れそうな、危険なまでの魔力を含んだ情熱的なアプローチなんて皆無。。。でも、自然体だからこそ生きることがある。

ジゼルの手をとったり、後ろから近づいて耳元でささやいたりするのが舞踊っぽくなくて演劇的な自然さ。ひざまずいて手にキスするとか、村の若者はそんなこと絶対しないでしょう。そういうことを普通にやってしまうこの若者の、村人とはちょっと違ったところにジゼルはドキドキしたり恥じらったりしているのがよくわかるのです。

二人が会っているところを見つけたヒラリオンが二人の間に割って入り、ジゼルに詰め寄るシーンで、大抵アルブレヒトが腰に手を伸ばして剣を探るという動作が入りますが、コボーはまるで本当に「斬る!」って感じで剣を抜こうとするんです。それがウザいヒラリオンに対しての自然な感情の流れのように。

ヒラリオンといえば、後藤さんのヒラリオンは今まで見たことのないような珍しいヒラリオンでした 最初のところは、アルブレヒトとジゼルが楽しそうにしているのを見て逆上?して、ジゼルに「こんな男はやめろ」と詰め寄るシーンかと思っていましたが、後藤ヒラリオンはアルブレヒトの存在なんかそっちのけで、やたらニコニコしながらジゼルを追っかけまわす軽~いノーテンキな奴なんですよ。ヒラリオンといえば、粗野な田舎者だけどジゼルへの誠実な気持ちが伝わってくる、例えばキーロフの映像(メゼンツェワ主演)にあるセリュツキー先生みたいな感じが正統派だと思っていたので、あのにやけた兄ちゃん的なヒラリオンは逆に新鮮な気がしました

だって、子どものころからずっ~と好きだった子がどこの馬の骨ともわからぬ奴に夢中なんですよ。そして、そいつの小屋に忍び込んで発見した剣に、貴族の紋章と同じものがあった‥‥そんな大変なことがわかってしまった直後(一大事でしょう?)なのに、ニコニコ笑って村人たちと一緒になって踊ってるんだから(それは別に演出で、後藤さんのせいじゃないけど

普通なら2幕では、ヒラリオンは別に悪くないのに(ジゼルのためを思ってしたことなのだから)何でウイリー達に殺されなきゃいけないの?かわいそうじゃない?と思いますよね。だけど、ジゼルの尻を追っかけて、ライバルのあら探しをして、皆の前で得意げに暴いちゃう‥‥そんな軽率な奴だから裁かれて当然って気持ちで見れてしまいました(爆)

踊りのことちっとも書いてなかったですね。コジョカルは「ロミジュリ」のときも感じたけれど、確かな技術の上にたった表現力で相変わらず素晴らしい。特にあれだけのバランスで美しいポーズを存分に見せられる人は少ないのではないでしょうか。緩急のメリハリがきいていて、要所要所でピタッと制止したように、ぎりぎりまでその残像を残す‥‥そのとき、見るほうは多分息をするのも忘れているでしょう。愛らしい表情とともに、美しくたおやかなポーズが次々と見る者のまぶたに焼きつけられていくのが、コジョカルの素晴らしいところだと思います。ヴァリエーションでは、脇で見ているアルブレヒトに向ける視線から本当に、踊るのが好き、あなたが好き、幸せ、そんな気持ちが伝わってくるようで、そのあとの悲劇を思って早くもうるうるしてしまうほどでした。

踊りといえば、東京バレエ団のペザントは8人で踊るパ・ド・ユイットになっています。ソリスト級のダンサーが次々に見れて華やかだけれど、かえって印象が薄れちゃうなあ、なんて思って見ていました。ストーリーに関係ないし、長くて退屈な気がしてしまいました。

お芝居では、1幕の見せ場は最後のシーン。狂乱というけれど、コジョカルはそれほど激しい表現はしないんですよね。首飾りを投げ捨てたりしないし、髪はばらけるけれど、狂気に陥るとか悲しみのあまりとかいうよりは、わからなくなっちゃった‥今までの幸せに満たされた気持ち‥‥その持って行き場がなくなって、意識が飛んでしまったという感じ。だからよけいにかわいそうで、かわいそうで

逆にアルブレヒトの演技が激しいんですよ。これはアルブレヒトの狂乱のシーンだった?と思うくらい。バチルドがいようが、クーランド公がいようが構わず駆け寄ってジゼルを抱きしめちゃう。従者が止めても、2度も従者を突き飛ばし、ヒラリオンに向かっていくのもすごい迫力。ジゼルの母に追い払われても、それでもなお取りすがり、最後は従者に無理やり連れていかれるという‥‥でも実際、愛する人が自分のせいで目の前で死んでしまったらそんなふうになるでしょう?人目を気にしてじっと横で何もしないで狂っていくのを見ているだけなんてありえない。真に迫った熱演だったと思います。

≪第2幕≫
ミルタがちょっと迫力不足のようで‥‥ミルタで一番大事なのはやっぱり闇の世界を統率する威厳でしょう。ソロで踊るときも、制止した状態から微動だにせずすうっとアラベスク・パンシェになるところとか、斜めに舞台をジャンプして横切るときの超人的な浮遊感とか、ぞくぞくっとさせるところがないといけないと思うのです。それが、まあ普通の人間じゃあね‥‥音にのれてないところもあったようです。あと、大事なのはパ・ド・プレ。ポワントで立って小刻みに移動するパ・ド・プレが、まるで宙にぽっかり浮かんでいるように見えないといけないのに、歩いてるみたい。なかなか難しいのでしょうが、あとでコジョカルのパ・ド・プレを見たら、その細かさたるや名人級でした。

東京バレエ団のコールドは揃っていることにかけては、それはすごいと思います。背の高さまで一直線で、腕の角度、脚を上げる高さ、呼吸まで揃っていてあれはあれで素晴らしかったです。ただ足音が‥‥一斉にアラベスクで交差するところなどは雷鳴のようで、ちっとも幻想的じゃなくて、幽霊というよりも機械仕掛けの人形のような恐ろしさがありました‥(ごめんなさい)

コジョカルの踊りは、1幕であった命の輝きはうせ、終始うつむき加減で、腕などの動きの柔軟さは空気の中を漂っているよう。それでいてアルブレヒトと踊るときはうっすらと微笑みを浮かべ、1幕のあの幸せにあふれた二人の様子が心をよぎるような。ああ、死んだ後もこの人を好きなんだなあというのがわかる、せつないジゼル。裏切られたのに‥‥いや、ジゼルはアルブレヒトが心では裏切っていないというのを、最初からわかっていたのでしょう。

極めつけは夜明けを告げる鐘が鳴った時の表情でした。普通は、ああこれで愛する人を助けることができたという安堵の表情だと思うのですが、コジョカルはなぜか鐘を聞いたとたんにとても淋しげな顔になったのです。もうこれが永遠の別れ。ウイリー達が去った後、ジゼルは夜明けの光の方向をアルブレヒトに指し示します。さあ、もう一度あなたの人生を生きてください‥‥とでもいうように。そして淋しげに墓の影に消えていくジゼル‥‥けなげ~

アルブレヒトの演技もせつないです 闇の中に見えたと思ったらまた見えなくなる、そんなジゼルをひたすら追って、近づこうとしているのに、夢かうつつか、つかまえることができない。ルジマトフのように、見ていて胸が痛くなるような深い後悔の念はないけれど、一目逢いたいという気持ちが素直に伝わってくるんですよね。ジゼルが想いに沈んだアルブレヒトの上に百合の花をバラバラと落とすシーンは泣けるところですが、それを一つ一つ万感迫る思いで拾い上げるところでまた涙。

最後のシーンの演じ方はいろいろありますが、私はやっぱりルジマトフが好き。。。墓に供えた百合の花束をつかみ、それを後ずさりしながらバラバラと落としていき、また最後に振りかえってグランジュテして墓に突っ伏して嘆くという‥‥救われたにもかかわらず、かなりナルシストっぽいんですけどね。

コボーは百合の花ではなく、最後にジゼルが残していった野の花‥‥それはきっと花占いに使ったあの花でしょう。それをそっと拾い上げて、ジゼルの愛によって赦されたことを静かに受け止め、微笑みさえ浮かべて幕となりました。彼はまたこれから貴族として普通に生きていくでしょう。いや、階級を超えた恋の経験から、領民を思いやる立派な領主となるかもしれません。飾らない、ストレートな演技だったと思います。

(ルジさまのアルブレヒトは‥‥多分よく向こうの小説にあるような、生涯妻をめとらず、世捨て人的な偏屈な領主になってしまいそう 違えば違うものですねえ。)

そうそう、コボーの踊り。以前見たときはちょっと硬さがあって、うまいけれどベテランっぽい踊りだなあと思ったことがありましたが、今回はそんな感じは全くしませんでした。ジャンプも高さがあるし(頑張ってる!風ではありましたが)回転も正確。クライマックスでのアントルシャの連続はその気迫がすごくて、思わず拍手が起こりました。よかったです。

同じ演目でも好きなダンサーで見る幸せって絶対ありますね。ペアの両方が好きならなおさらです。アルブレヒトの容姿がお気に召さなかった?友人より何倍も楽しめて感動できた舞台でした。

| | コメント (0)

2010年8月31日 (火)

東京バレエ団「ドン・キホーテ」(8月22日)

Img 楽しみにしていたシムキン君のバジルを見てきました。東京バレエ団の「ドン・キホーテ」は息子がまだ小学生の頃に一緒に見に行って以来でしたが、子役がたくさん出ていて賑やかで面白かったのを覚えています。そのときは確か斎藤さん&高岸さんでした。 今回はダニール・シムキンと小出領子さん。

シムキン君は、去年のバレエフェスでチャイコフスキー・パ・ド・ドゥを踊っているのを見ました。まるで風のように軽くて、透明感があって、砂糖菓子みたいなスイ~トな少年って感じで、二十歳過ぎているらしいけど、どう見ても16~7にしか見えない!スリムな人の多いバレエダンサーの中でもとりわけ華奢で、そして小柄。 とにかくかわいくて、もうキラキラしていました。あの踊り
に必要なきらめきとか、流れるような感じとか、爽やかさとか、そういうものがすべて備わっていて微笑ましかったです。

その去年のバレエフェスのときのスペシャルで、シムキン君とコチェトコワちゃんの「ドン・キ」全幕を見た友人が「すご~く可愛かったハート達(複数ハート)」と言っていたので、私は見なかったことを後悔しました。というか、私はバレエフェスで見るまで、シムキン君なんて存在すら知らなかったのです。今回はプログラムを買わなかったので彼のプロフィールはよくわからないのですが、何でも権威あるバレエ学校には行っていなくて、両親のもとでバレエを学び、コンクールというコンクールを総なめにしてきたというすごい子だそうです。ことしもう一度東京バレエ団のゲストで「ドン・キ」を踊るというので、楽しみにしていました。

実際見てみると、そりゃもう可愛い~。 だけど‥‥彼って、美形は美形だけれど、顔は少年‥‥というより子供顔なんですよねたらーっ(汗) ガラでパ・ド・ドゥを披露するならいいんだろうけれど、物語性のある全幕物では、何と言うか、ただ踊るだけじゃなくてその「役」にならなくちゃいけないでしょう? 友人の話では、去年はコチェトコワも子供っぽくて二人で「ヘンゼルとグレーテル」みたいだったというのですが、今年はお相手が小出さんということもあり、ちょっとは大人っぽくなった‥そうですけどね。でも、どう見ても街の人気者、粋でいなせな床屋のバジルじゃなくって、やっぱり「小さな恋のメロディ」って感じだったかな~。どう見ても他のダンサーの中では浮いている‥というより、子役のほうに同化してましたたらーっ(汗)

東京バレエ団の「ドン・キ」は、ちょっと変わった演出で面白かったです。幕が開くとプロローグで、バジルがドン・キホーテのひげを剃っています。 そしてキトリもお手伝い。旅で出会ったんじゃなくて最初からのお知り合い?みたいでした。だからキトリをドルシネア姫と思い込んでしまうというお話がちょっと‥‥なんだけれど、ドン・キホーテの取りなしで結婚の承諾をさせるところはちゃんと納得できました。

それから、闘牛士のエスパーダですが、普通の演出では1幕では街の踊り子と浮名を流し、酒場のシーンではメルセデスというジプシー?みたいな色っぽい女性といい仲というプレイボーイぶりですが、東京バレエ団ヴァージョンでは街の踊り子=メルセデスで、キトリとバジル、メルセデスとエスパーダという、この二組のカップルがダブル駆け落ちするような設定になっているんですよね。といっても、まるで保護者付きの駆け落ちか、百戦錬磨のお兄ちゃんお姉ちゃんに駆け落ちの手ほどきをしてもらっている?みたいな感じでしたけど

シムキン君は身体能力に優れているのはもちろんのこと、体が柔らかくて優雅な感じで、はじけていても手先やつま先までしっかり美しいクラシック。若いころのマラーホフにバジルを踊らせたらあんな感じになったのかな?とも思いました。(バジルは踊らなかったそうですが)もっとこれ見よがしにジャンプや回転を披露するのかと思ったら、かなりおとなしめな感じもしました。後から聞いたら、 私は見なかったけれど、前日にテレビのニュース番組でシムキン君を取り上げた放送があり、そこで怪我をしている?という話もあったそうです。そのせいなのか、ちょっとパワーは感じられなかったけれど、それでもピルエットは常に7~8回は回っていたし、ジャンプもふわっと浮かび上がるように軽くて、さすがでした。そして、グラン・パ・ド・ドゥの
コーダでは連続斜め背面空中回転?でマネージュをして、最後1回転半でフィニッシュする540とかいう技を入れ、大いに盛り上がりました。

だけど‥‥私は美しいものが好きだし、かわいい子大好きなんだけど、何だかシムキン君は対象外という感じで、萌えなかったんですよねえ。(別にバレエダンサーに萌えなくてもいいと思うけど)コドモ?草食系?人畜無害?‥何というか、私にはもはやカッコいいとか素敵ハート達(複数ハート)とかいう範疇じゃないんです。信じられないくらい華奢で、顔がちっちゃくて、くるくるよく動いて、表情も豊か。 どっちかというと、お子ちゃまというよりも「ペット」みたいな、いや、お持ち帰りして飾っておきたい‥‥そう、リカちゃん人形のボーイフレンド(昔は「ワタル君」、今は「レン君」とかいったっけ?)あんな感じでした~

2年前のボリショイ来日公演で見たイワン・ワシーリエフのバジルも超かわいかったんですよね。(今は“
かわいい”という感じじゃなくなっちゃったけれど)ワシーリエフ君も同じように身体能力に優れていて、小柄ではあるけれど、彼はもっとずっと男っぽいというか、若いのに色気があったんです。踊りもダイナミックでパワフルで、これ見よがしに難易度の高い技をバシバシ入れて、見ていてドキドキしちゃうような高揚感がありました。シムキン君に比べるとスタイルは悪いけど、私は断然ワシーリエフ派だわ。

そんなわけで、シムキン君は私の萌え対象にはなりませんでした失恋 「ドン・キホーテ」の舞台としてはとても楽しかったけれど、ミーハー心が刺激されない舞台というのは本当にあっさりと見れてしまうものなんですね シムキン君はこれからどんなダンサーになっていくんでしょうか。今がとてもかわいくて、それだけで完成しちゃっているような感じなのがちょっと気になります。この先、ワシーリエフ君のように急に大人びておっさんになってしまうのか、いや、そんなことはないでしょう。むしろ童顔なだけに、サラファーノフのようなとっちゃん坊やになってしまいそうで怖い‥‥早くも保護者目線でそんな余計な心配をしてしまいました。このままいい具合に大人の素敵なダンサーになっていってほしいと思います。

ミーハー的に見なかった分、落ち着いて見ることができたようですが、それでもシムキン君ばかり見ていて、すみません他のダンサーはあまり印象がありませんでした。小出さんは小柄で可愛らしい感じで、シムキン君ともよく合っていました。メルセデス(踊り子)の井脇さんは色っぽくて、かわいめのキトリとの対比でなかなかよかったです。森の女王の奈良さん、キューピッドの河合さんの踊りもきれいでした。エスパーダの後藤さんも渋かっこよかった。でも、「ドン・キ」で一番大事なはずのキャラクターがいただけませんでした。キャラクターこそ、もっと表情豊かに演じてほしいのに、特にドン・キホーテが一番ひどくて‥‥地の顔がわからないくらいの化粧にくわれてしまったのか、無表情で何考えてるのかわからん。サンチョは少し頑張っていたようだけれど、ガマーシュ、キトリの父などの気の入ってないドタバタ劇にはちょっとがっかりで、研究の余地大でした。

それから、舞台美術がこんなにひどかったっけ‥‥昔見たときはそんなこと思わなかったけれど、最後の結婚式の場面なんて「ドン・キ」なのにバックが水色で、白の透かし彫りのようなリゾート風?の装飾ってちょっと違うんじゃない?と思っていたら、「ボレロ」の闘牛士たちがこれまた目の覚めるようなターコイズブルーの衣装なんですよ。女性は白レースのドレス、まあこれはいいんだけれど、それでいてほかの闘牛士たちが今まで通り赤茶系の衣装を着ているのが、何か色の暴力みたいな感じで目に痛かったわ‥‥でも、一緒に見た友人はそんなこと言ってなかったので、趣味悪いとか思ったのは私だけだったかしら

全幕の「ドン・キホーテ」を見るのは久々でした。今年初めて?いや去年も見ていないかも。もしかして本当にボリショイ以来だったかもしれません。「ドン・キ」はお芝居と踊りの洪水、周りの人もみんなお芝居をしていて、どこを見ていいかわからない忙しさ。音楽も楽しくていいですよね。来年早々、生では一度も見たことがなかったルジマトフのバジルが見られます。お相手は私も大好きなオブラスツォーワというからびっくり!合う合わないは別として今からとても楽しみです。

| | コメント (0)

2010年8月 2日 (月)

エトワール・ガラBプロ(30日)

Img 大阪で見た歌舞伎の余韻もまだあるのに、あわただしく今度はバレエです 暑くて、バテバテで、ほとんど外に出たくない状態なのですが、Bプロだけはもう前からチケット買っていたので行きました。ネット検索などはしていないのですが、Aプロは面白かったのでしょうか?

今回の「エトワール・ガラ」は、バレエ公演にしては前宣伝がすごくて、マチュー・ガニオが「徹子の部屋」に出たり、いろんなチラシに出たり。彼はイケメンだから目立つでしょう。それにしては一般的なプログラムではなく、かなりマニアックな‥と言ったらいいのか、上級者向けというか何というか。私も今回はBプロのみでしたが、7月にどっぷり見た「バレエの神髄」やキエフ・バレエに比べたら、かなり洗練されたヨーロッパ的な雰囲気がありました。私にはクラシック中心の初心者向けのほうが楽しめるけど、たまにはこういうのもよかったです。

「コッペリア」第2幕より
ドロテ・ジルベール&ジョシュア・オファルト

最初はおなじみのクラシックの演目です。2幕の最後にスワニルダとフランツが踊るグラン・パ・ド・ドゥ。といってもギヨーム・バール振付のこれは日本では初演なのだとか。それでもちゃんとクラッシックで、しかもとてもエレガントで素敵でした。

もう~しょっぱなから何てきれいなの!?同じクラシックでも「洗練」という言葉がぴったりというか。全身白の二人ですが、ドロテは白のレースが2段になったスカートで、回転すると裾が少しすぼまって丸く膨らんでかわいい~。また、二人の踊りもまぶしいほど美しい。一番感心したのは、ガラでありながら全幕の物語の一部だということを感じさせるものだったこと。二人のアイコンタクトはもちろん、一人がヴァリエーションを踊るときも、二人の間でやりとりがあって、それがいかにも生き生きとした若い恋人同士という感じでかわいかったし、特にドロテは時折客席に向ける目線が魅力的でした。(あの「神髄」での、一切目線を交わさない、ただ踊ればいいというような古色蒼然?のローズアダージョに比べたら雲泥の差!)

この二人は、お話では町娘と町の青年なのですが、お姫さまほどとりすましてはいないものの、すごくエレガント。同じクラシックバレエでもこれがヨーロピアン・スタイルなのかなと、まるで田舎者のように感心してしまいました。オファルトの踊りは、ヴァリエーションの最初の空中でアラスゴンドで回転するところでまず、え~っ!という感じ。まるでコマのように同じ高さで一つの「面」をつくって回転する美しさ。脚がとにかくきれいだし、スタイルはいいし。申し分なくノーブルな踊りでした。

そしてドロテも、エレガントな中にも芝居っ気たっぷりで本当にチャーミング。振付がかなり難しいのだけれど、笑顔でこともなげにこなしていました。時折長いバランスを見せるし、彼女はジャンプもきれいですね。しょっぱなからちょっと打ちのめされました。

「ロミオとジュリエット」よりバルコニーのシーン
エフゲーニャ・オフラスツォーワ&マチュー・ガニオ

これが、実は一番期待していたのです。どうせならマクミラン版でないほうがよかったけれど。(ヌレエフ版は嫌ですが‥)オブラスツォーワはマリインスキーで一番好きなバレリーナだし、マチュー・ガニオのロミオもすごく合っているかなと思って。でも、ロミジュリのこの場面は、いつもラストの悲劇より泣けてしまうのに‥‥全然泣けなかったのはどういうわけか。

マチューは、白いルーズな衣装の胸がはだけて、胸毛があらわに‥いや、胸毛自体は別にいいんですが、私にはロミオに胸毛というのが絶対受け付けない代物だったんですよね‥‥それが、少年のようなきれいな顔をしていながらかなり立派な胸毛ですよもうそれだけで拒否反応というか‥‥‥ごめん、オペラグラスなんかで見なければよかったですね。オブラスツォーワもマリインスキーきっての「女優」バレリーナということでしたが、最初の場面こそとてもかわいらしいのだけれど、もう最初から身を任せきっている雰囲気が好きじゃなかった。

踊り自体は美しかったですよ。でも先月のロイヤルバレエ公演で胸が締め付けられるほど愛くるしいコジョカルを見てしまったし、「マラーホフの贈り物」でアイシュヴァルトが踊ったクランコ版のジュリエットも息をするのを忘れるほど素晴らしかった。どこがどう、というわけではないのです。違いはただ泣けるか泣けないか。つまり、その世界に引き込むパワーがあるかないか‥‥胸毛が邪魔をしてしまったかしら(爆!) 何か、さっき出会って恋に落ちたばかりというこの物語も、これから先に待つ悲劇も、今この時花開いた二人の命の輝きも、何だかよくわからないまま終わってしまいました。残念。

「フラジル・ヴェッセル」
シルヴィア・アッツォーニ&アレクサンドル・リアブコ、イリ・ブベニチェク

まるでヒーリング・ミュージックのような、どこか懐かしいラフマニノフのピアノ協奏曲の旋律にのって、白いユニタード姿の女性と、上半身裸で白いスパッツ姿の男性二人が踊るネオ・クラシカル(プログラムより)な作品。

体型も顔もオジサンなプベニチェクと、それに比べればちょっとはスリムで若そうなリアブコ、小柄で華奢なアッツォーニという組み合わせ。最初は3人が手をつないだままゆっくりと絡み合ったりする場面が続いていたと思ったら、だんだんと3人の関係があらわになってきます。アッツォーニはリアブコと下手後方で静かに踊り、ブベニチェクはひたすら激しく攻撃的なソロを踊る。そして、リアブコの腕から女を奪ったとたん、女は苦しげな表情になるのです。どちらも愛しているけれど、やっぱり横暴なこの人とはダメ‥‥という感じ?よくわからないけれど、何もないシンプルすぎる舞台なのに、音楽の美しさがまた何かの物語を連想させるようで面白かったです。

「プルースト~失われた時を求めて」より囚われの女
エレオノラ・アバニャート&バンジャマン・ペッシュ

プルーストの同名小説をもとにローラン・プティが振り付けた全2幕の作品の一部。舞台中央に天井から吊り下げた白い布が縦に長くかかっていて、その前で一人の女が眠っています。男は女に近づき、じっと見て、そして手を触れ抱き起こす。女は踊り始めるけれど、これは眠っている状態の夢の中という感じでしょうか。

白にストライプの入ったパンツに白シャツ、ネクタイをしたペッシュ。白いキャミソールに膝丈ぐらいのスカートの付いた衣装のアバニャート。前にも見たことがあったけれど、アバニャートってこんなにチャーミングだったかしら。夢の中にいる女は決して男と目を合わすことはないけれど、何を思っているのか、幸せそうな表情だったり、官能的な表情だったり。男はそれが自分に向けられたものでないことを疑い、次第に苛立って乱暴になってくる‥?逃れようとする女。でも逃れられない。眠っているときも自分のことを思っていてほしい男の独占欲?

満たされないまま男は諦めて、彼女を元の場所に横たえ、去っていく。(だったよね?)最後に、彼女の後ろにかかっていた白い布がさわさわと落ちてくる‥‥幕。

「ディーヴァ」
マリ=アニエス・ジロ

プログラムではマリア・カラスの歌声‥‥と書いてあったけれど、何か張り詰めた、ほとんど叫びのようなソプラノをバックに舞台中央から黒づくめの女が現れる。女はまず帽子をとり、それから長いベストを脱ぎ、最後にひきつったような動作で神経質に、黒い長手袋を脱ぎ捨てます。

ジロは、今年3月のパリ・オペラ座の「シンデレラ」で見たけれど、あんなにたくましい大女とは知りませんでした。いろんなものを脱ぎ捨てて、首にひもが掛かっただけの、肩の出た、サイドに深くスリットの入ったタイトな黒のロングドレス姿は、スタイリッシュではあるけれど、めちゃめちゃ強そうで筋肉ムキムキで、それでもって首が太くて、黒い服なのに膨張して見えるのはジロぐらいじゃないかと思うくらい立派な体格なんですよね‥ 思わず6月に見たトロカデロの身長2メートルのバレリーナを思い出してしまったくらい。顔はとても美しいのですが、髪をひっつめると顔がさらに小さくなって首が異様に太いのが目立ちます‥‥何だか、ほとんどそのすごい存在感の彼女を見ているだけで、どんな踊りだったのか、全くすっ飛んでしまいました

「薔薇の精」
エフゲーニャ・オフラスツォーワ&マチアス・エイマン

オブラスツォーワは相変わらずかわいかったけれど、ここではやっぱりマチアス・エイマンですね。ジャンプも高く、踊りは素晴らしかったです。でも、このバラの精はすこぶる健康的で、ちっとも妖しいところがないの。

私の頭に残っているのはまずコールプの‥‥あのタコのようなワカメのような(と、私の友達が言って大笑いしてた)クネクネした腕の動きに、何を考えているかわからない超怪しい目つきの、あの毒花のようなバラの精と、それから20年ほど前の「アナニアシヴィリと世界のスターたち1」というDVDに残っている、あの信じられないくらい野性的な色気にあふれたルジマトフのバラの精

初めての舞踏会でちょっとドキドキな体験をした少女が、舞踏会の名残の一輪のバラを手に眠ってしまうと、そのバラの精が少女の夢に現れる‥‥というのだから、まあ健康的でも別にいいわけなんですが、あんまりにもそのままですよね。

バレエ・リュスの時代は、ヨーロッパの文化が爛熟して、退廃的な雰囲気もあったと思うので、やっぱりここは多少淫靡な雰囲気もあっていいのだと思うのです。たとえそれが「少女」の夢であっても。コールプのバラの精までいくとやりすぎかもしれませんが(面白いけど)初演のニジンスキーも多分、かなり妖しかった?のだと思いますよ。反対に、前に一度何かで見たマリインスキーのコルサコフだったっけ?あのキューピーちゃんのようなベイビー・キュートなバラの精にはまたびっくりしてしまいましたね。いろんなバラの精があるものです。このエイマンのバラの精は、ピンクのカツラがよく似合って(あんなもの、似合う奴がいたとは)若々しくてフレッシュなバラの精でした。

「瀕死の白鳥」
マリ=アニエス・ジロ
幕が開き、誰もいない舞台にぽつんと一本足のテーブルがあり、シャンパングラスと、クリスタルの灰皿に吸いかけの煙草が一本。真っ暗な会場でしたが、ふと客席中央通路の右側のドアが開いて、一人の女が入ってきます。手にはグラスと煙草。中央通路に差し掛かった時、ライトに照らし出されたのは、大きく背中のあいた白いロングドレス姿のジロでした。舞台に上がると、酒場のようなざわめきの音が始まります。また‥‥恐るべき大女‥‥という感じですが(ごめん‥)ドレスは前半の「ディーヴァ」のときような、やはり横に深くスリットが入っているもので、「ディーヴァ」ではほとんど裸足(足の前半分だけのサンダルのようなものを履いていた)だったけれど、今度は10センチ以上ありそうなピンヒールの靴を履いているし。これでどうやって踊るの?

女がテーブルの上にグラスを置くと、いつのまにかざわめきが消えて、あのサンサーンスの音楽が流れてきます。不意に、何かにとり憑かれたように、いや、体の中に潜む別の何かがうごめき始めたように、女は変な格好を始めます。ひきつったような、体の片側だけ白鳥のように腕をくねらせたり、その動きを動かないようにもう一方の手で抑えたり。祟り神の血を浴びて何かが憑いてしまった(「もののけ姫」にそんなのあったよね?)という感じで‥‥。ジロの立派な外見といい、ちょっと怖かったです。

音楽が終わると、グラスのシャンパンを飲み干し、何事もなかったように去っていくジロ‥‥でした。

「牧神の午後」よりプレリュード
エレオノラ・アバニャート&バンジャマン・ペッシュ

迷彩柄のような、キャミソールと長めのスパッツが一体になったユニタード姿のアバニャートは、どうやらアバニャートのほうが「牧神」みたいです。黒っぽい水泳パンツのようなものを履いた上に、薄グリーンのメッシュ?のTシャツを着たペッシュが「ニンフ」?

音楽はドビュッシーの同じ音楽ですが、踊りはリフトがたくさんあるパ・ド・ドゥという感じで、同じようなのが続いて、アバニャートが小悪魔的でかわいかったということぐらいしか覚えてないかも なぜアバニャートのほうが「牧神」かというと、最後にペッシュが脱ぎ捨てたシャツを、アバニャートは大事そうに拾い上げて頬ずりをするのです。汗で濡れてるんじゃ‥‥というのは余計なお世話ですかね。

「幻想~“白鳥の湖”のように」第1幕より
シルヴィア・アッツォーニ&アレクサンドル・リアブコ

リアブコは蝶ネクタイに、つけヒゲに、そして変な髪型で、まるでサリーちゃんのパパみたいな感じ。アッツォーニは水色に細い縦縞が入ったドレスで、ウエストに同色のサテンのリボンがついた可愛らしい衣装。ノイマイヤーの表題作品は有名だけれど、かなり前に一度テレビで見たことがあったような、なかったような。プログラムには、この踊りは1幕で王の友人とその恋人が踊るものと書いてあり、普通の「白鳥の湖」で言えばパ・ド・トロワのように、ストーリーとは直接関係ないものなのかな?‥‥と思って見ていたけれど、どうも違うみたいです。

音楽はチャイコフスキーとあるけれど、これは「白鳥の湖」の中では聞いたことがないような音楽でした。最初にリアブコが現れ、地面に跪き、砂のようなものを手ですくい上げ、愛しそうにその匂いを嗅ぐ?ような動作をします。何かの思い出に浸るようなソロのあと、女が後ろから近づいてきます。短く挨拶を交わすけれど、すぐに男は背を向けて、舞台の右と左に別れてしまう。一緒に踊っても、時折女は後ろ向きに細かいパ・ド・プレで下がっていったり、楽しそうな表情をしてもどこか哀愁漂っているような感じがしたり。

狂王ルードヴィヒⅡ世がだんだんと現実を離れ、幻想の世界に入ってしまうというストーリーのようですが、このサリーちゃんのパパこそ、ルードヴィヒⅡ世だったのではないかしら?全幕が見てみたいです。

「プルースト~失われた時を求めて」よりモレルとサンルー
マチュー・ガニオ&ジョシュア・オファルト

ああ、これはルグリガラで見たあれですね。今回は最初にサンルー?(ガニオ)の長いソロがありました。そのあとモレル(ジョシュア・オファルト)が現れ、男性二人のパ・ド・ドゥとなります。これも‥‥前に見たイメージが邪魔をしてしまいます あのときのデヴィッド・ホールバーグの悪魔的な美しさ、妖しさは全然なくて、やっぱり何か健康的なのよね。こういうものを健康的にやっちゃうのもどうかと思うけれど‥‥少なくとも今回は某少女漫画の世界は連想されませんでした。また胸毛が邪魔してしまったかなマチュー・ガニオのアンバランスさはダメです‥私。。そこへいくとオファルトの整ったプロポーションの美しさは抜群!そこだけ見惚れてしまいました

「アパルトマン」よりグラン・パ・ド・ドゥ
マリ=アニエス・ジロ&イリ・ブベニチェク

マッツ・エック振付。中央に1枚のドアがあるだけのセット。ジロは、前2回はスタイリッシュなロングドレスだったけれど、今度はいかにも野暮ったいグレーのダボダボしたワンピース?姿。それが、木靴?を脱ぎ捨てて、乱暴にドンドンとドアをたたくと、後ろから男の手が‥‥。

う~ん、何かこの人を食ったようなおかしな動きが苦手なのですが‥。女はこの狭い部屋から抜け出したいと思っているのか、男はここに女を閉じ込めておきたいと思っているのか、ちょっと乱暴で暴力的なところもあったりしたよね?いや、ちょうど眠気も襲って来たのです。最後は反対にジロが男をリフトしていたような?いや、寝ていたからよくわかりませんでした。

「スターズ・アンド・ストライプス」
ドロテ・ジルベール&マチアス・エイマン

バックには大きな星条旗が映し出され、元気のよいマーチに乗ってお人形の兵隊さんのような二人が登場します。バランシン振付。クラシック・バレエなのだけれど、ステップが複雑で、それをメリハリつけて歯切れよく踊ると、まるで人形が動いているようなコミカルな感じがします。女性は青、男性は赤、ともに金ボタンと金モールのついた軍服風の衣装がかわいい。そしてヴァリエーション、コーダとも華やかなテクニック満載で、今までで一番会場が沸きました。ドロテはやっぱり目線がとても魅力的。そしてマチアスは何て軽やかに飛ぶんでしょう。物語なんて関係なく、ショーアップされた中でテクニックだけを次々と見せつける。あ~これもまたバレエの醍醐味の一つだなあ~と思いました。楽しかったです。

ルベランスの後、幕は閉まらず、もう一度同じ曲が流れて、今までの出演者が次々と出てきました。ロシアバレエとは少し違う、洗練された技術と表現を持った若きエトワールたちのバレエを堪能しました。

| | コメント (0)

2010年7月19日 (月)

キエフバレエ「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト」(17日)

Img_11 「バレエの神髄」の感動も抜けきらないのに、私ったら何でこんな直後のチケット買ってしまったんでしょう‥‥まあご近所だし、チケット安いし、見に行かなくちゃかな?と思ったわけです。ことしのお正月に「白鳥の湖」で爆睡した罪で、もう二度と連れていかない!と引導を渡したうちの娘ですが、お稽古友達も見に行くというので今回は連れて行きました。娘がバレエをやっていたおかげで、学校を超えたお母さんたちの知り合いができ、今回も会場で結構いろんな人に会いました。私のようにバレエ観賞ばかりに夢中になる人は少ないけれど、近くに来れば見に行くという人もたくさんいたのですね。一応東京都だけど地方といってもいいような立川より西の人々にとっては、数少ない外国のバレエ団による公演だったと思います

そんなわけで見に行きましたが、行ってよかった、とても楽しかったです。おなじみの演目が盛りだくさんで、本当にバレエの華やかな「ハイライト」の部分を見せてくれました。「ローズアダージョ」とか、「ライモンダ」「海賊」など、「バレエの神髄」とかぶるところもあったけれど、それが全く同じではなく、少しずつ趣向を変えていたのが面白かったです。

何より、地方といえども全く手を抜かない姿勢が素晴らしかったです。以前のレニ国の夏公演なんかでは、何だかわけわからない若手新人が出てきたりして、ありゃりゃ?のソロを披露したりしたものですが(またそこがよかったりするのだけれど)このキエフバレエの公演では全くそんなことはありませんでした。ソリストはソリスト、コールドはコールドというのが厳格に守られているのです。だから少ないソリストが一人でたくさんの演目を踊らなくてはいけないから大変!それでも、本当に一つ一つの演目のレベルが高くて、安心して見ていられました。いや、これが5,500円なんて満足度からいけば恐ろしく安い!これからまだ8月8日まで全国を回るこの公演は絶対お勧めです。

少ないソリストですが、レベルの高い人が踊りまくりで、ハニュコワが4演目、ドムラチョワも4演目、シドルスキーが2演目(4人の王子を入れると3演目)イシュクが3演目(4人の王子で4演目)と大活躍。まだまだ公演が長いので、ちょっと心配になってしまいますが、きっとあちこちでバレエの素晴らしさを伝えてくれることでしょうね。

≪第1部≫
「眠りの森の美女」よりワルツ、ローズ・アダージョ
カテリーナ・ハニュコワ

何と、ワルツ付きで「バレエの神髄」より豪華!そうですよね、いきなりローズ・アダージョは見るほうもちょっときついもの。白に水色系の衣装の男女8組が踊ります。誰だかわからないけど見たような顔もちらほら。特に面白い振付ではないけれど、地方用にはこれが華やかでいいですよね。スタイルがよくて美しい(男のイケメンはいないですが‥)ダンサーたちをいきなり見て、スムーズにその世界に入っていけたと思います。「バレエの神髄」のときの安っぽいバックもなくてよかったです。(そういえばあれは、最終日にもありませんでした。)

オーロラ役のハニュコワは「バレエの神髄」には名前があったにもかかわらず出ていませんでした。まだ21歳になったばっかり。こんな若手に「バレエの神髄」のトップを飾るのは荷が重いから替わったのだろうと思っていましたが、さにあらず。若いのにしっかりとした踊りで驚きました。そしてすご~くかわいいの それでいて演技もきっちりできる人なのです。4人の王子とのやりとりも全幕を彷彿させるようなものがありました。何よ、ドムラチョワとえらい違いじゃない。バランスもまずまず、ドムラチョワほどの余裕はないものの、ぐらぐらなんてしていませんでした。サポート付きの回転はちょっとぐらついたけれど、後のほうではよくなっていました。

お姫様としての気品はもちろん、やさしさ、明るさ、おっとりした可愛さも十分。しょっぱなからすご~く幸せな気分になりました。これからがまだまだ楽しみな素晴らしい若手バレリーナの発見です。

「白鳥の湖」第1幕2場より
ナタリヤ・ドムラチョワ&チムール・アスケーロフ

何とこれもコールド付き。なかなか豪華ですね。といっても、12人ほどのいてもいなくてもいいようなコールドでしたが王子役のアスケーロフは、「神髄」の「ライモンダ」で4人の男性がそろって踊るところで、多分一番左にいた人です。スタイルもよく、なかなか見栄えのする人でした。

ドムラチョワは、白鳥合ってないような気もしますが‥でも、王子とのアイコンタクトはできていました。「ローズ」では目を合わせなくても、「白鳥」で知らん顔というわけにはいかないですからね‥‥もしかしたらこの人、没我タイプの人かもしれません。抒情的なアダージョでした。そのあと4羽の白鳥、そしてコーダでした。

「人形の精」よりパ・ド・トロワ
カテリーナ・ハニュコワ&ルスラン・ベンツィアノフ、イェヴゲン・クリメンコ

もう、もう、ハニュコワが超かわいいです演技力も必要な演目ですが、とっても自然でお茶目な演技に釘付けでした。男性二人はピエロなのだけれど、前に他のバレエ団で見た同じ演目では顔を白塗りのピエロメイクにしていたので、ピエロのおかしさや哀歓が伝わってきたけれど、この二人は普通の顔だったので、何だかただの若い男の子とチョイオジサンとが女の子を取り合っている構図になってしまっていました。

オジサンのほうのベンツィアノフは、何と「シェヘラザード」にも名前が出ていましたね。順番からいうとあの最後ウッシッシと笑っていた不気味な王弟役?‥‥(王や宦官は2番目に名前が載るってことはないよね?)と思われますが、まさか。あのときの王や王弟、宦官はみなもっと背が高かったような気もしますが。まああの変なメイクでは誰が誰だかわかりませんでしたね。この演目では彼がすごく芸達者で、会場の手拍子を誘ったりして盛りたてていました。

若いほうのピエロのクリメンコは、プログラムに写真が載っていなかったけど結構かわいかったです。だけど白い三角帽子がねえ‥‥ピエロというより「文革」を連想してしまうのは私だけでしょうか?でも、ピエロ2人のドタバタなやりとりと、ハニュコワのかわいらしい演技で十分楽しめる演目でした。ハニュコワはソロもよかった。すご~く好きなタイプのバレリーナです

「ドン・キホーテ」よりグラン・パ・ド・ドゥ
ナタリヤ・ドムラチョワ&ヴィクトル・イシュク

ドムラチョワは意外やキトリが合っていたんですね。きれいなバランスを見せるのが得意なようです。彼女、キトリならしっかり目を開けているんですよね。(ごめん)グラン・パというけれど、男女一人ずつのヴァリエーションはなし。アダージョの後はすぐにコーダでした。グランフェッテは地方ならではの手拍子で盛り上がりました~ ダブルも入れて、場所もほとんど移動せず、お見事でした。2部でもドムラチョワは「海賊」で再び見事なグランフェッテを回って拍手喝采でした。

イシュクのバジルもはまり役。何だか若いころのルジマトフのバジルを彷彿させるような雰囲気もありました。見栄も決まっていてなかなかの伊達男だったんですよ。アリよりもかっこよかったです。どうせならヴァリエーションも見たかったなあ。こちらもコールド付きでゴールドの衣装3~4人とピンクの衣装が2人出てきましたが、何を踊ったのか全く印象なしでした。

≪第2部≫
「くるみ割り人形」第2幕より 花のワルツ、アダージョ

カテリーナ・ハニュコワ&ヴィクトル・イシュク
花のワルツは、いつだったか全幕で見て唖然としたピンクや紫のひどい衣装ではなかったのでホッとしました。いましたよ!例の「シェヘラザード」のときの関取奴隷が!パッツンパッツンの衣装に白タイツで踊っているので笑ってしまいました。ダンサーなら少し頑張れば関取状態脱却は容易だと思うのに、あれは彼の個性でしょうかねえ?もしあの体型でなかったら全然目立ちませんから、やっぱり個性なんでしょう。

アダージョはリフトが多い、多分見たことがない振付(コフトゥン振付)でした。ここでもハニュコワがかわいいんですよね。小柄だと思うけれど、キラキラ感、華があるのです。そして若いのに踊りも危なっかしいところは少しもない。ヴィジュアル的にイシュクとの並びもきれいでした。イシュクも「バレエの神髄」では「海賊」のアリしか踊らなかったけれど、この公演では「ドン・キ」「くるみ」「海賊」を踊り、「眠り」の4人の王子(カツラと帽子でほとんどわからないけど)までやるのです。「バレエの神髄」でイシュクがカッコいいっ!と思った方は、ぜひこの「クラシック・ハイライト」をごらんになって下さいませ ただし、ヴァリエーションを踊るのはやはり「海賊」だけなんです。この「くるみ」もアダージョだけでした。

「ゴパック」
ルスラン・ベンツィアノフ

ウクライナの民族舞踊。ベンツィアノフはプログラムを見るとキエフバレエ学校の卒業なので、多分生粋のウクライナのダンサーです。短いけれどジャンプを多用したダイナミックな踊りで、見ごたえがありました。いつもこれがプログラムに入っていると、一番多く拍手をもらうのはこの演目ですね。またベンツィアノフは芝居っ気があって、観客へのアピールも堂に入ったものでした。

「ライモンダ」よりグラン・パ・ド・ドゥ
ナタリヤ・ドムラチョワ&セルギイ・シドルスキー

こちらは「バレエの神髄」で都さんが踊ったものとほとんど同じバージョンでした。ただ、プログラムに出ていた「ライモンダの友人」2名は、「バレエの神髄」では踊ったけれど、今回は踊りませんでしたよね?確か。4人の男性の踊りはそのままありましたけど。シドルスキーの衣装は「神髄」では都さんの衣装に合わせたもので、今回はドムラチョワの衣装と対になった白地に銀モール(紐状のスパンコール?)の装飾がついたものでした。

見慣れた8組の男女のコールドは「神髄」のときより少しいいみたいでした。やはりシドルスキーのジャンは申し分なくカッコいいです。ドムラチョワはどちらかというと隣のお姉ちゃん的なバレリーナなので、この「ライモンダ」のミステリアスな雰囲気にはちょっと欠けるのですが、踊りは丁寧でよかったです。

「海賊」よりハイライト
カテリーナ・ハニュコワ&ルスラン・ベンツィアノフ(奴隷のパ・ド・ドゥ)

ナタリヤ・ドムラチョワ&セルギイ・シドルスキー、ヴィクトル・イシュク(パ・ド・トロワ)
「神髄」よりもさらにグレードアップ・バージョン。も~う、これが楽しかったです。いきなりバックに洞窟と海の絵。これは明らかに「海賊」2幕のバックなのに、なぜか顔をベールで覆った、青のハーレムパンツ姿のギュリナーラ(ハニュコワ)と、赤いベストを着たランケデム(ベンツィアノフ)の、1幕のパ・ド・ドゥになります。

それが終わって、なぜかランケデムがおどけて仲間を呼ぶと、ビルバントを初め海賊の仲間たちがやってきます。‥‥これっておかしいよね??「お前、仲間じゃないだろっ!?」とうちの娘でさえ突っ込んでいましたが、まあ「ハイライト」なのでこれでもいいのでしょう。どう見ても海賊の仲間じゃない、かどわかしてきた村娘(のような衣装なのです)たちもビルバントと一緒に踊り、華やかな「海賊」のワンシーンとなりました。

その海賊たちが踊り終えると3人が登場し、今まで踊っていた人々が周りに座ってのパ・ド・トロワとなります。メドーラ(ドムラチョワ)の衣装は白地に紫のチュチュでした。ヴァリエーションがちょっと違っていて、フィリピエワがアラスゴンドで回転するところを、ドムラチョワはイタリアン・フェッテしていました。本当にテクニック的には強い人です。

アリはコンラッドの奴隷だから、やっぱり服従、忠節は必要だけど、同時に野生、孤高、内に秘めた情熱っていう、もろもろのものが必要なんですよね~あのお方のファンとしては。でも、そんなゴタクは並べてもしょうがないくらい、イシュクはただただ笑顔なんですよ。ま、こんな奴隷もたまにはアリかな。。。彼の華奢な上半身もさすがに4回見て見慣れました

でも今回、うちの娘の友達(つまり女子高生たち)に一番受けたのはこのイシュクです。「かわいい~」んだってさ。そしてお母様方には息子のようなイシュクより、シドルスキーが評判でした。あの方の実年齢を知っているのかしら?私も知らないけれど、多分思っているのよりず~っと若いと思いますが。。でもカッコいいですよね。

今回はドムラチョワが大活躍でしたが、今回初お目見えのハニュコワも本当にかわいかった。キエフ・バレエは去年の秋来たけれど、そのときはハニュコワはいなかったと思います。次に来るのはいつでしょうか?断然応援したいバレリーナになりました。

地元だし、時間も早かったので、出待ちなるものをしてみました。3年前の羽村のレニ国のときは会場の職員の人がノリノリで、バスが待っているのにその前に椅子を並べちゃって、ダンサーの人たちと職員一同が記念撮影をするという珍しい一場面もありましたが、昭島ではそんなこともなく、ただダンサーの人たちが出てきてバスに乗り込むだけの状況でした。

大体待っているのも娘と娘の友達、顔見知りのお母さんぐらいで、あ~ミーハーだなあ~。でも、皆さんとてもフレンドリーにサインをしてくれました。中でも特に「ゴパック」を踊ったベンツィアノフが、片言の日本語を話したりしてサービス精神満点でした。それから、やっぱりハニュコワがかわいかったです。うちの娘は身長155センチぐらいしかないのですが、並んでもたいして変わらないくらいだったので、157~8?バレリーナとしては小柄なほうではないでしょうか。また来てね~と、手を振って出ていくバスを見送っちゃいましたよ これから8月8日の鎌倉まで、強行軍ツアーを元気に乗りきってね!あ~楽しかった!

| | コメント (2)

2010年7月18日 (日)

ルジさま賛歌(恥ずかしいファンでごめんなさい!)

「バレエの神髄」が終わってしまいましたが、私はまだ呆けています。AプロもBプロもない全く同じ公演を3回見たわけですが、その3回がことルジマトフに関して言えばどれもみな違っていて、その豊かな表現のはざまにある微妙なところを垣間見たというか、1回や2回ではとても堪能し尽くせないものがあって、それだからこそ何回でも見たくなってしまうのだなと思いました。6回全部見た人も結構いたと思いますが、その気持ちわかる!(主婦にはとても無理)

でも、何より自分でうれしかったのは、素直に感動できたこと。ここのところ私はいろいろあって、せっかく公演を見ても以前のようには楽しめていなかったのです。いろんなものを見て目が肥えた‥‥わけはないと思うけれど、マンネリというか何というか、素晴らしい舞台のはずなのに、どこか冷めている自分がいるのがちょっと悲しかった。それが、ですよ!今回はもう手放しでキャーキャー言って楽しんでしまいました。自分にもまだそんな感性が、情熱が残っていたんだ!再び昔のようなドキドキ感が戻ってきて、それがすごくうれしかったです。

それは何といっても、やはりいちダンサーとしてみごとに返り咲いたルジマトフがいたからでしょうね。彼ならずしてこんな気持ちにしてくれることはありません。同時代の素晴らしいダンサーといわれるマラーホフやルグリを見ても、こんな気持ちにはならないでしょう。本当に、本当に彼のファンでよかった~

最後のクラシック全幕‥‥と誰もが思っていた1月の「バヤデルカ」。あれはあれでとても素晴らしかったし、2年のブランクを経ながらよく再び全幕を踊る決意をしてくれたと、もう感謝の気持ちでいっぱいでした。けれど、あの全身全霊をかけての、命を削るような、胸が痛くなるような魂の舞は、すべての人にお勧めできるものではなかったというか、今思うとあれが見られたことは、今までファンであったことへのご褒美みたいなものだったような気がします。あれを見て感動した人がいたと同時に、ヴァリエーションを省略してまで、まだ踊ってるのか、痛々しくて見ていられない、という人がいたのも事実です。

ところが、今回の「阿修羅」と「シェヘラザード」は、今まで彼の踊りを見たことがなかったという人をも感動させ、私の知人ではないけれど、若い人にも「めっちゃかっこいい~!」と言わしめ、47歳にしてたくさんの新しいファンを獲得したのです。こんなことって、ルジマトフ以外にはありえませんよね!大体、男性のバレエダンサーがあの年齢まで踊っているということ自体奇跡なんですから。(日本には‥‥若干いますが‥)

歌舞伎をはじめ芸能の世界では、年齢が上がるほど箔が付き、大御所などと言われたりしますが、バレエの世界では反対です。身体能力は若い人のほうがいいに決まっています。多少の経験や表現力で過去の栄光にふんぞり返っていられるような世界ではありません。ベテランになったからといって優遇されるわけでも何でもなく、むしろ若い人と同じだけ、いやそれ以上に厳しい鍛錬を自分に課していかないと、技術も体力も維持できません。それは想像を絶するほど大変なことだと思うのです。有名なダンサーでも大抵の人は40前後で引退するのですから。

彼をここまで駆り立ててきたのは一体何だったんでしょうね。一つにはウイリーのようにしつこい日本の観客??そんなこともないと思うけど それでも、日本限定で「海賊」や「白鳥の湖」を踊ってくれていたんですものね。(嫌だったかもしれない?)あと、彼は確か昔のインタビューでは35過ぎたら引退してバレエ教師になるなんて言っていたと思います。それが、35過ぎてもう10年以上たちました。引退するきっかけは何度かあったと思います。芸術監督就任、膝の手術(って、ホントにしたのかしら?)もうクラシックは踊らない宣言までして、私たちファンを落胆のどん底に陥れたときもあったのに、今回のこの舞台ですよ。もう、うれしい!幸せ!としか言いようがありません。そして今年の年末から来年のお正月にかけて、3演目7公演を踊るという!え~っ!どうしちゃったの?!「バヤデルカ」が全幕最後だと思っていたから、もう狂喜乱舞です。多分、ルジマトフというダンサーの中で何かが起こったのです。

最終日の「シェヘラザード」は今まで見たことがないような「金の奴隷」でした。多分最終日ということで、リラックスしていたこともあったと思います。他の出演者の人たちもそんな感じがありました。岩田さんなどは、思わずドムラチョワの手にキスしちゃうし!今までそんなことありませんでしたよね?大阪、福岡公演を終えて東京に戻ってきて、これで全公演踊り終えるという安堵感もあったのでしょう。都さんも満面の笑みでした。

それが、ルジマトフは最終日の「阿修羅」のあと、相変わらずルベランスだけでも天然記念物的に美しいのだけれど、2度目に出てきたとき、何とうっすらと微笑んでいたのですよ!今までこんなことってありました?それから、何と「シェヘラザード」では、踊っている途中で何度も微笑みを浮かべていたのです。知っている限り(って、私はファンになって日が浅いので大したことないと思うけど)「シェヘラザード」で金の奴隷が微笑んでいたなんて、一度もありませんでしたよ。もうびっくりです。

素敵でした。うれしかった。「シェヘラザード」の物語そのものは、最初から涙でうるうるしちゃってた11日のほうがすごかったと思うけれど、最終日はもう大感謝祭というか、ルジマトフ自身が、もう踊るのが楽しくて仕方がないというふうに見えました。多分、今までは踊るのは「苦行」であったはずです。それが、抑えても内面からあふれ出てしまうような笑顔、何かがふっきれたような笑顔‥‥ただただあの笑顔に感動してしまいました。彼にとっても、あの日は特別な日だったのでしょうか。

もちろん、金の奴隷は日を追うごとに凄みを増していきました。初日はひたすらゾベイダにかしずく奴隷で、純愛路線?フェロモン50%オフかな?と思ったけど、3日目はひと時の命の炎を燃やしつくすようなせつない物語に、ああ、この人の真骨頂はこれだったよなって思いました。それが最終日は何だか物語よりも何よりもノリノリで、フェロモン全開のめちゃくちゃ濃い奴隷様で、昔のマハリナとの鼻血出そうな「シェヘラザード」を思い出しましたよ。もう、何も言えない。今回の公演では存分におやりになったようで、素晴らしいの一言です。観客も満足です~。

また、フィリピエワがよかったですね。初日赤パンツをはいていたときは、かわいらしくて、王の孫娘みたいでしたが、次にはゴールド?のパンツになって、ぐんと熟女?ヴァージョンになりました。彼女は演技力、特に目力がすごくて、最初に王弟が来たときの目つきったら!明らかに彼女は王弟を憎んでいるのです。バカ王を陥れて権力を我がものにしようとしているのを見抜いているのか。それくらい王がバカっぽいの。それが「アイーン」(バレエでは「殺せ」のマイム)とやった時には爆笑しそうになりました。それとも、ゾベイダが最後に王弟に斬りかかっていったところを見ると、やはり私の妄想みたいにゾベイダの一族が彼に滅ぼされて、彼女は王の後宮に入らざるをえなかったといういきさつがあるのか‥‥。

びっくりしたのは、最終日に金の奴隷が王弟に斬られたあと、さらにつかみかかっていったんですよね。まるで仇でもあるかのように‥‥いや、あれはやっぱり仇なんだわ!って、たかが妄想でも、舞台で繰り広げられるものが見るものに大きな想像の翼をはばたかせるようなものでなければ起こり得ないことです。こんなふうに、もう初日から最終日まで飽きることなく、わくわくドキドキしっぱなしでした。

ルジマトフのキャリアからすればもうこれは3度目、4度目の花ですよね。その第3、第4の花を今回見事に開花させて見せてくれた。それは、常人ではありえない境地の、多分彼にとってもこれからのバレエ人生は「苦行」ではなく、思う存分やれる新しい段階に入って行ったのだと‥‥思います。素晴らしいですね。これからもその新しい花の行く末をどこまでも見届けていきたいです。

とってもまとまりません。意味不明でも勘弁してください。本当にありがとう!って何度でも言いたい今回の公演でした。

| | コメント (0)